ただいまの掲載件数は タイトル61080件 口コミ 1165400件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ティンカー・ベルと輝く羽の秘密 > ニュース > ティンカー・ベルは双子だった!? 新作『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』で明らかに

ティンカー・ベルは双子だった!? 新作『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』で明らかに

(2013/01/24更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


小さな妖精ティンカー・ベルを主人公にした人気シリーズ最新作『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』のブルーレイ&DVDが発売されているが、この中で、ティンカー・ベルが実は双子の妖精だったことが明かされている。


双子の妖精、ティンカー・ベルとペリウィンクル

フォトギャラリー

ティンカー・ベルは双子だった!? 新作『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』で明らかに
ティンカー・ベルは双子だった!? 新作『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』で明らかに

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作は、『ピーター・パン』に登場する妖精ティンカー・ベル(愛称:ティンク)が、ネバーランドにある妖精たちの谷“ピクシー・ホロウ”で暮らす仲間たちと大冒険を繰り広げる姿を描いた人気シリーズ第4弾。禁じられた“冬の森”を舞台に、ティンクが境界線を越えて冬の森に入ってしまったことで招いた重大な危機に立ち向かう姿を描く。

この冬の森でティンクが出会う冬の妖精ペリウィンクル(愛称:ペリ)が双子の姉妹だ。本作では、これまで明かされなかった“ティンカー・ベル”の誕生秘話や切ないラブストーリーも描かれる。さらに、作品資料によると元気で明るいティンクと同じく、ペリも活発で何事にも頑張って挑戦するタイプで、素晴らしい才能の持ち主。唯一ふたりの意見がわかれるのは、ティンクがホット・カモミールティー派で、ペリはアイス・カモミールティー派だという事らしい。

今回、新たに登場する“ペリウィンクル”のヘア・スタイルは、レディー・ガガやヴィクトリア・ベッカムなどのハリウッドセレブ御用達のスタイリストであるケン・ペイヴ氏の協力を得てデザインされたもの。凍った花やつららなど“冬”をイメージしたデザインのウィッグを何種類も作り、実際に人間のモデルとのフィッティングを実施した上で、どの角度から見ても美しく作り上げたスタイルも見どころとなっている。

『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』
発売中
ブルーレイ+DVDセット:3990円(税込)
ブルーレイ(3D):4935円(税込)
DVD:3360円(税込)
オンデマンド同日配信開始

【関連リンク】
『ティンカー・ベル』新作にジェームズ・ボンド!? コメントが到着!
『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』公式サイト
『ティンカー・ベルと輝く羽の秘密』作品情報
『ティンカー・ベルと妖精の家』作品情報
『ティンカー・ベルと月の石』作品情報
『ティンカー・ベル』作品情報

【注目のニュース】
満足度第1位は『映画刀剣乱舞』
『マスカレード・ホテル』動員第1位!
PGAに『グリーンブック』
SSFF&ASIA inハリウッド レポート
『COLD WAR あの歌、2つの心』日本公開
『マスカレード・ホテル』興収30億円超狙えるスタート!
『愛唄』メイキング&コメント映像
三上博史、14年ぶり主演映画を語る
『めんたいぴりり』、地元・福岡で大ヒット!
『映画刀剣乱舞』がついに“出陣”!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2013 Disney

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”