ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106594件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 愛のむきだし > ニュース > 「命をかけてやった」 4時間の大作『愛のむきだし』公開!

「命をかけてやった」 4時間の大作『愛のむきだし』公開!

(2009/02/02更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


記事提供: シネマぴあ


『自殺サークル』『紀子の食卓』などの作品で知られる鬼才・園子温監督の最新作『愛のむきだし』が1月31日に初日を迎え、主演の西島隆弘満島ひかりをはじめ、渡部篤郎渡辺真起子安藤サクラ監督が登壇する舞台あいさつが都内で行われた。

『愛のむきだし』は神父である父に愛されるために進んで罪を作ろうと励む主人公・ユウと、彼が出会った運命の女性・ヨーコの物語を軸に、盗撮や宗教、洗脳など、さまざまな要素が盛りこまれた237分の大作。監督は「最初はもっと短いラブストーリーだったんですけど、次々にキャラクターを登場させたら面白くなりまして、結果的に4時間になってしまいました」とコメント。劇中で盗撮や女装など過激な行為に挑んだ主人公・ユウ役の西島は「いろんな愛のカタチが表現されるのも人間なんじゃないかと作品を通してわかったので、観ていただいて何か感じていただけるとうれしい」と語り、女装については「個人的にはメイクまでしたかった」とこだわりを見せながらも「出来栄えはお客さんに判断していただければ」と笑顔を見せた。

一方、満島はマイクを手にして話し始めるなり「あの私、感極まっちゃって泣きそうなんですけど」と感涙。目を赤くはらしながら「本当に命かけてやりました。毎日ギリギリの状態ですごいツラかったんですけど、生まれて初めて心から生きてる実感がする現場でした」と撮影時を振り返った。

そんな中、ユウの父親である神父役を演じた渡部は「素晴らしい神父をやりました渡部篤郎です。私が唯一この映画のちゃんとした出演者です」とあいさつし、観客から笑いを誘ったかと思えば、撮影当時のエピソードを聞かれた際も「忘れてしまいましたね。撮影がずいぶんと前だったんで」と回答するなど終始、マイペースな受け答えで観客だけでなく、登壇者たちからも笑いを引き出していた。

『愛のむきだし』
公開中

【関連記事】
シネマぴあ:『愛のむきだし』フォトギャラリー
シネマぴあ:『愛のむきだし』 園子温監督 インタビュー
【関連公演・イベント】
愛のむきだし/全国券

「命をかけてやった」 4時間の大作『愛のむきだし』公開!

【注目のニュース】
『LOGAN/ローガン』来日記者会見
『打ち上げ花火…』公開アフレコ
ダグ・リーマンが監督降板
『ターミネーター2 3D』予告編
『モアナ…』ダンス映像
『スパイダーマン…』新予告
『GoT』“夜の王”公開
『散り椿』映画化決定
“ダーク・ユニバース”始動
ロジャー・ムーアが死去

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
愛のむきだし

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • nottishun
  • ポイポン  E-10
  • 函丸
  • ふうてん
  • soramameko
  • STB139
  • クリス・トフォルー
  • たわわ
  • KKHMM
  • peterparkers
  • enozxe
  • ユルユル
  • J
  • Alefmemyudd
  • HALU

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

愛のむきだし [DVD]

  • 定価:5616円(税込)
  • 価格:4344円(税込)
  • OFF:1272円(22%)

愛のむきだし [Blu-ray]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4845円(税込)
  • OFF:1419円(22%)

 


ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝