ただいまの掲載件数は タイトル61119件 口コミ 1165411件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > きみと、波にのれたら > ニュース > 新作『きみと、波にのれたら』を制作中。湯浅政明はなぜ“ラブストーリー”を描くのか?

新作『きみと、波にのれたら』を制作中。湯浅政明はなぜ“ラブストーリー”を描くのか?

(2018/12/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』の湯浅政明監督の新作『きみと、波にのれたら』が来年6月に公開になる。先ごろ開催された東京国際映画祭で湯浅監督自らファンに新作製作を発表したが、その内容は“シンプルなラブストーリー”になるという。唯一無二の映像表現で観客を圧倒してきた湯浅監督が手がける“シンプルなラブストーリー”は一体、どんな内容になるのか? 現段階で話せる範囲で新作のこと、自身のキャリアを貫く想いについて話を聞いた。


『きみと、波にのれたら』

フォトギャラリー

新作『きみと、波にのれたら』を制作中。湯浅政明はなぜ“ラブストーリー”を描くのか?
新作『きみと、波にのれたら』を制作中。湯浅政明はなぜ“ラブストーリー”を描くのか?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

湯浅監督は、1987年にアニメーションの世界に入り、『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』などの作品で活躍した後、劇場版『クレヨンしんちゃん』シリーズでは設定デザインなどを担当。2004年に『マインド・ゲーム』で監督デビューを果たし、『ケモノヅメ』『四畳半神話大系』『DEVILMAN crybaby』など話題作を次々に発表し続けている。

東京国際映画祭では湯浅監督の特集企画が組まれ、これまでのキャリアを俯瞰できる上映が行なわれたが、湯浅監督は「映画祭もそうですし、少し前に本(『だれもしらないフシギな世界 湯浅政明スケッチワークス』ワニブックス刊)をつくってもらって、自分がこれまでにやってきたことを反芻する機会があったんですけど、自分はその都度、違うことを考えて作品をつくってきたつもりだったんですけど、意外と同じことをやってきているんだなぁと思いましたね」と笑顔を見せる。

湯浅作品は作品ごとにジャンルも異なっており、小説や漫画を原作にしたものもあれば、オリジナル作品も存在するが、多くの作品で“理解”をめぐるドラマが描かれている。「そうですね。そもそも人間はみんな違って、でも人間はそのことに気がついていない、という前提があるんです。人は勝手に理解したつもりになっているけど、意外と相手のことを理解できていない。ずっと一緒に暮らしている家族でも“この人、こんなところがあったんだ”って思う(笑)。でもそれは悪いことではなくて、面白いなぁと思うんです。知らない人が来たら最初は“悪いヤツなのかな?”と思うけど、話をしていくうちに違うことがわかってきたりして。最初に何かを“決めつけている”ことで、わからなくなってしまっていることがたくさんあるんだろうな、と。簡単ではないですけど、そういうことを作品で伝えたいですし、みんながそういうことに気づいてもらえるような作品をつくりたいと思っています」

知らない相手と出会い、勝手な印象を抱き、その壁を乗り越えながら、相手のことを少しずつ理解したり、反発したり、お互いが歩み寄ったり、変化したりする。このテーマを最もシンプルに表現できるのはおそらく“ラブストーリー”ではないだろうか?「だからこれまでも男女間のラブストーリーをずっとやってきましたし、『夜明け告げるルーのうた』も家族愛だったり、異種間の友情だったり一種の“ラブストーリー”で、そこには理解と誤解があって、それが障害になったり、最初は一生この人とやっていけると思ったのに暮らしてみると“意外とそうでもないかも”と思ったりとか(笑)。それは多くの人が経験することで、お互いが理解しあうところが家族や恋愛のいいところだと思うんですよ」

初恋の相手のために死の世界から生還する主人公を描いた『マインド・ゲーム』、食人鬼の女性と人間の男性の恋の逃避行を描く『ケモノヅメ』、恋する黒髪の乙女に近づくために空回りする男が主人公の『夜は短し歩けよ乙女』など、湯浅監督はこれまでにも多くの作品でラブストーリーを描いてきた。そのため、新作『きみと、波にのれたら』も監督曰く“自然な流れ”で企画がまとまったという。「今までに伝えたかったことを、これまで以上にシンプルでわかりやすく伝えるにはこの形がいいのかな、ってところでやっています」

新作の主人公は、海辺の街に引っ越してきた大学生・ひな子と、街の消防士の港。ふたりは火事騒動をきっかけに出会い、一緒にサーフィンに行くうちに、お互いに特別な感情を抱くようになっていく。

読めば読むほど“直球”のラブストーリーだが、アニメーション表現は「これまでの延長線上にあるものですし、素直なラブストーリーのラインには沿ってるんですけど……やっぱり最後はスペクタクルになるんですかね(笑)。だから、これまで通りではあるんですけど、ウチの店の看板メニューになるような料理をつくって、これまで以上に幅広いお客さんに食べてもらいたいという気持ちです」

なぜ、湯浅監督はここまで“理解”をめぐるドラマにこだわるのだろうか? 湯浅監督は「自分があまり周囲から理解されやすい人間ではないので、カッコ悪いんですけど“理解されたい”と思ってるんですよ」と照れ笑いを浮かべる。「でも、そのことを自分自身は楽しみながら生きていきたいと思うんです。だからまず自分から相手のことを理解したいと思いますし、いろんなことを知りながら、理解しながら生きていきたい。作品をつくる時も同じで、人と楽しくやりとりしたいし、人のアイデアをすくいあげながら楽しく仕事がしたいと思っています」

来年公開の最新作は、湯浅監督が長年に渡って描き続けてきたモチーフが最もシンプルに、最も力強く打ち出される作品になりそうだ。

『きみと、波にのれたら』
2019年6月21日(金)、全国ロードショー
監督:湯浅政明、脚本:吉田玲子、音楽:大島ミチル
(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

【関連リンク】
“天才”と呼ばれる男が抱え続けた想い。湯浅政明が語る新作『夜明け告げるルーのうた』

DVD情報


「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 通常版

定価:6264 円(税込)
価格:4656 円(税込)
OFF:1608円(25%)
監督湯浅政明
出演星野源,花澤香菜,神谷浩史,秋山竜次(ロバート)
発売日2017年10月18日

 


「夜明け告げるルーのうた」 Blu-ray 初回生産限定版

定価:6264 円(税込)
価格:4656 円(税込)
OFF:1608円(25%)
監督湯浅政明
出演谷花音,下田翔大,篠原信一,柄本明,斉藤壮馬
発売日2017年10月18日

 


DEVILMAN crybaby COMPLETE BOX(完全生産限定版) [Blu-ray]

定価:30240 円(税込)
価格:22474 円(税込)
OFF:7766円(25%)
監督湯浅政明
出演内山昂輝,村瀬歩,潘めぐみ,小清水亜美,田中敦子
発売日2018年05月30日

 


【注目のニュース】
満足度第1位は『映画刀剣乱舞』
『マスカレード・ホテル』動員第1位!
PGAに『グリーンブック』
SSFF&ASIA inハリウッド レポート
『COLD WAR あの歌、2つの心』日本公開
『マスカレード・ホテル』興収30億円超狙えるスタート!
『愛唄』メイキング&コメント映像
三上博史、14年ぶり主演映画を語る
『めんたいぴりり』、地元・福岡で大ヒット!
『映画刀剣乱舞』がついに“出陣”!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
きみと、波にのれたら

(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”