ただいまの掲載件数は タイトル64541件 口コミ 1173325件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 > ニュース > 母と子の“自然な距離感”を描く。大森立嗣監督と安田顕が新作を振り返る

母と子の“自然な距離感”を描く。大森立嗣監督と安田顕が新作を振り返る

(2019/02/27更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大森立嗣監督が安田顕、倍賞美津子らをキャストに迎えた新作映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が公開されている。宮川サトシの同名コミックが原作で、母と息子の日々と別れを描いた作品だが、過剰な盛り上げや、“泣かせ”の演出を排し、俳優陣の絶妙な距離感と演技をじっくりと堪能できる作品になった。


大森立嗣監督、安田顕

フォトギャラリー

母と子の“自然な距離感”を描く。大森立嗣監督と安田顕が新作を振り返る
母と子の“自然な距離感”を描く。大森立嗣監督と安田顕が新作を振り返る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作の主人公サトシは、多くの子どもたちと同じように優しくて、時に厳しく、時に強い母に育てられた。やがて、サトシが30代の後半に差し掛かった頃、母はガンを宣告される。これまで幾度となく母に救われてきたサトシは、母を救おうと奔走する。

大森監督は『ぼっちゃん』や『さよなら渓谷』などの作品で人間の感情の変化を巧みに描き出してきたが、原作漫画を読んで「剛速球の“直球”で描かれている作品なので、自分に映画化できるのかな? と思った」と振り返る。「でも、宮川さんの他の漫画を読んでみると、この作品もそうですけど、ちゃんと題材と距離感をもって描かれていることがわかりましたし、僕にとってもチャレンジだけどやってみようかな、と」

監督が語る通り、本作は息子と母の別れ=死別が描かれるが、ユーモアや客観的な視点を交えて物語が綴られているのが特徴だ。安田は「すべては原作と脚本に書かれていました」という。「原作を拝見した時に感じたサトシと母の絶妙な感じ、脚本を拝見して感じた“重く”ならずに日常におけるユーモアを描いている感じ……最愛の人とお別れすることは“重く”なりがちですけど、そこをいかに描くか? すべては原作と脚本に書かれていましたので、それに沿って演じさせていただきました。それに倍賞さんだったり、石橋(蓮司。サトシの父を演じた)さんだったり、素晴らしい俳優さんの中でやらせていただいて、大森組がつくる雰囲気に溶け込んで演じることができたのが大きかったと思います」

愛する母との別れが悲しくないわけがない。しかし、そこにいたるまで多くの親子は楽しかったり、腹立たしかったり、相手をうとましく思ったり……山あり谷ありの日々を経てきている。本作は、そんな誰もが経験してきたであろう感情を俳優陣の演技で軽やかに描き出している。「僕は計算高くできるタイプではないので」と笑う大森監督は「撮影現場で倍賞さんと安田さんが向き合った時に自然とできる距離感みたいなものを大事にした」という。「人間というのは普段はそんなにもベタベタとしていなかったりもするので、タイトルだったり、原作のイメージだけで作らないで、セットだったり、ロケの場所だったり、ひとつひとつのシーンを具体的に明確にしていくことで、俳優さんの距離感が自然にできると思ったんです。それに原作の漫画も読むと面白い部分はあったりするので(笑)、一生懸命だからこそ、どこか滑稽に見えてしまう部分だったり、どこかで“一歩引いた”部分から描いていきたいとも思っていました」

そんな大森監督を安田は「とても信頼できる監督」と断言する。「監督はいつもカメラの横にいらっしゃって、“俺は俳優の芝居しか見てないから”とおっしゃる。いつも芝居に寄り添ってくださる方で、何かを“言う”でも“言わない”でもなく言わない“風”なんです。小道具もすべて用意はされているんですけど、俳優はそれを使っても使わなくてもいい。とても信頼できる監督です。だから大森監督には早く次の作品で呼んでほしいんですよ……通行人の役でもいいですから(笑)」

素晴らしい俳優と、美しいロケーションで描かれる本作は、俳優の細かなやりとりや表情の変化、自然にわきあがる感情を丁寧に描き出している。

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
公開中

【関連リンク】
『 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』作品情報

【注目のニュース】
『シュガー・ラッシュ:オンライン』で友情を歌い上げた青山テルマが語る AIとのキズナ
ブリー・ラーソン「4DXは、存分に真価を発揮してくれる」 『アベンジャーズ/エンドゲーム』特別映像公開
朝焼けに照らされた王とシンバの荘厳な姿 『ライオン・キング』日本版ポスター公開
ロバート・パティンソン出演の衝撃作『ハイ・ライフ』が公開中
ジェニファー・ロペスとオーウェン・ウィルソンが新作で共演
ファンならば見逃せないシリーズ! 『スター・ウォーズ 反乱者たち』最新シーズンのブルーレイ、4月24日発売
フランスから世界的名優へ。ロマン・デュリス、新作でシングルファーザー役を熱演
“エンドゲーム”とは何を意味するのか? 『アベンジャーズ』監督が語る
『響け!ユーフォニアム』がシリーズ最高の満足度を記録!
『名探偵コナン』動員ランキングV2!『キングダム』は初登場2位!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • クリス・トフォルー
  • yoshimi964
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
ぴあフィルムフェスティバル×078film〜最新コンペティション受賞作品・招待作品上映&トーク〜
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】