ただいまの掲載件数は タイトル62917件 口コミ 1167739件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ファースト・マン > ニュース > 映画『ファースト・マン』が描く“前人未踏の場所”とは? 監督とR・ゴズリングが語る

映画『ファースト・マン』が描く“前人未踏の場所”とは? 監督とR・ゴズリングが語る

(2019/02/05更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ映画『ファースト・マン』が、2月8日(金)から公開になる。本作は実話を基に、人類初の月面着陸に挑んだ者たちのドラマを描いた作品だが、チャゼル監督は「この映画において、月は一種の“メタファー(隠喩)”です」と語る。だとすれば、ゴズリングが演じた主人公はどこを目指すのだろうか? ふたりへのインタビューを通じて浮かび上がってきたのは、もうひとつの“前人未踏の場所”だった。


(写真左から)デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング

フォトギャラリー

映画『ファースト・マン』が描く“前人未踏の場所”とは? 監督とR・ゴズリングが語る
映画『ファースト・マン』が描く“前人未踏の場所”とは? 監督とR・ゴズリングが語る
映画『ファースト・マン』が描く“前人未踏の場所”とは? 監督とR・ゴズリングが語る
映画『ファースト・マン』が描く“前人未踏の場所”とは? 監督とR・ゴズリングが語る
映画『ファースト・マン』が描く“前人未踏の場所”とは? 監督とR・ゴズリングが語る
映画『ファースト・マン』が描く“前人未踏の場所”とは? 監督とR・ゴズリングが語る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

第2次世界大戦後、アメリカとソビエト連邦をそれぞれの代表とする東西陣営は“冷戦”と呼ばれる状況に突入し、直接的には衝突しないが各地で代理戦争を繰り広げ、さまざまな分野で争ってきた。そのひとつが“宇宙開発競争”だ。ソ連はアメリカに先んじて人工衛星の打ち上げ、有人宇宙飛行に成功。遅れをとったアメリカは巨額の資金を投じて、当時は無謀と思われた“月に人間を送り、無事に地球に帰還させる”計画を立ち上げる。

「あの計画がいかに危険な挑戦だったのか、私たちは忘れてしまっている」とチャゼル監督は言う。「あのプロジェクトは成功が保証されたものではまったくなくて、“人間を月に送り出す”というファンタジーを現実にしようとする計画でした。結果として彼らは大変な努力と苦労を重ねて月面着陸を成功させたわけですが、そこには大きなリスクや多大な犠牲、喪失、悲劇がありました」

ゴズリング演じるニール・アームストロングは当初、NASA(アメリカ航空宇宙局)のメンバーではなく、空軍のテストパイロットだったが、彼は幼い娘カレンを病で失い、その悲しみから逃れるようにNASAの宇宙飛行士に応募し訓練を開始する。「実際のところはニールさんご本人にしか分からないと思いますが」と前置きした上で、ゴズリングは穏やかに話し出した。「愛する娘を失ったことは、ニール・アームストロングの人生をある意味で決定づける出来事だったと私は考えています。この出来事が直接的に彼を宇宙へと駆り立てたかどうかは分かりません。しかし、私は演じる上でこう考えました。ニールは娘を失う最大の悲劇を経験して、娘がいるであろう“天”をただ見上げるだけではなく、実際にそこに行こうと思ったのではないか? 天に手を伸ばすだけではなく、天に“触れる”ことができるようになりたいと思ったのではないか?と」

映画はジェミニ計画、そしてアポロ計画に参加したニールと仲間たちの試行錯誤の日々が緊迫感のある語りで綴られる。ハードな訓練や実験の過程で幾度となく事故が発生し、ニールはこれまで苦労を共にしてきた仲間たちの死に直面する。彼らもまた、ゴズリングの言葉を借りるならば“天”へと旅立ったのだ。「この作品はニール・アームストロングの視点から物語を描いていますから、彼の人生にあった多くの死が、物語上のコンパスになると思いました」(チャゼル監督)

訓練や開発は難航し、アームストロングの仲間たちは命を落としていく。いや、アームストロングもまた、いつ命を落としてもおかしくない状況にいた。つまり、本作にはふたつの“前人未踏の場所”が描かれる。ひとつは、空を見上げれば浮かんでいる“月”。もうひとつは誰もがいつかは行くのに、生きている間は決してたどり着けない“死の世界”だ。「その話は撮影中にライアンと話しました。この映画において、月は一種の“メタファー(隠喩)”です。月はそもそも死んでいる惑星だから“死後の世界”だとも言えますし、喪失や死そのものとも言えます。同時に荒涼としていながら美しく、詩的で、死者や悲劇を悼むような感覚を呼び起こさせる場所でもあります。この映画は、ニール・アームストロングが数々の“死”に背中を押されて、限りある命を生きる者たちが暮らす地球から最も遠い場所へ行こうとする物語だと考えることもできると思います」(チャゼル監督)

しかし、この映画で描かれるアームストロングは、自ら死のうと思っているような男ではない。彼は人生の中で多くの悲しみや愛する人の死に出会うが、ゴズリングは「彼はそういった人たちの死を無駄にしたくないという想いがあったのではないか?」と語る。「これもまた私が演じる上で考えたことだと前置きして話すのですが、ジェミニ計画、アポロ計画で多くの同僚が亡くなって、ニールは仲間たちが叶えられなかった分、自分が任務を成功させたいと思ったのではないでしょうか? そもそも彼は宇宙飛行士である以前に愛国主義者で、自分よりも大きな存在や目的に自分の身を捧げたいと思っていた部分もあったと思います。そして、先ほども言いましたが、愛する我が子のことです。この世界に自分の子どもを失って“そこには何かしらの意味があった”と納得できる親はいないと思うのです。もし、私がそうなったら喪失から戻ってこられないと思います。しかし、ニールは自分で何とかしてそのことを自分の中で意味づけたい、何かしらの意義を見つけられるのではないかと思って宇宙に飛び立ったのではないでしょうか?」

『ファースト・マン』は人類史に残る偉業を徹底的に再現し、壮大なプロジェクトを追体験させてくれる映画だ。しかし、それだけではない。人生を変えてしまうほどの喪失を、抱えきれないほどの悲しみを抱えた男が“天=死の世界”に行ってまで愛する我が子の、共に歩んだ仲間たちへの想いを遂げようとする姿を描く人間ドラマだ。映画館のスクリーンに月面が映し出される時、ニール・アームストロングはどんな想いで“最初の一歩”を踏み出すのか? 誰もが知っている出来事の、誰も知らなかったドラマがついに明かされる。

『ファースト・マン』
2月8日(金)より全国公開

【関連リンク】
ライアン・ゴズリング&デイミアン・チャゼル『ファースト・マン』を語る特別映像公開
命懸けの壮絶な宇宙体験が垣間見える 『ファースト・マン』本予告&ポスタービジュアル公開
デイミアン・チャゼル新作『ファースト・マン』、トロント映画祭でも評判上々
『ラ・ラ・ランド』監督&主演が贈る“未知なるミッション”! 『ファースト・マン』日本版特報公開

【注目のニュース】
有村架純、DAI語を駆使して神木隆之介を絶賛
リブート『パイレーツ』の脚本家が降板
稲垣吾郎、『半世界』に感謝
クリス・プラットが『Ghost Draft』に主演
名優クリストフ・ヴァルツの新作映像
伊藤健太郎、新人俳優賞を受賞
イランの巨匠監督が新作を語る
『妖怪!百鬼夜高等学校』舞台版がいよいよ間近に!
『アリータ』吹替声優発表
ロバート・ゼメキスが『The Witches』を監督

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
ファースト・マン

Photo:Kazuhiko Okuno

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

吉祥寺  立川  渋谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  池袋  錦糸町  新宿三丁目  新宿  二子玉川  お台場  調布  上野  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • ルルちゃん
  • クリス・トフォルー
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】