ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162197件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > インサイド > ニュース > スペインホラーの新鋭監督が語るホラー映画愛! 『インサイド』インタビュー公開

スペインホラーの新鋭監督が語るホラー映画愛! 『インサイド』インタビュー公開

(2018/07/10更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最高の緊迫感と恐怖を約束するエクストリーム・シチュエーションスリラー『インサイド』。この度、スペインホラー界の新鋭監督であるミゲル・アンヘル・ビバスがホラー映画愛を語るインタビューが公開された。


『インサイド』

フォトギャラリー

スペインホラーの新鋭監督が語るホラー映画愛! 『インサイド』インタビュー公開
スペインホラーの新鋭監督が語るホラー映画愛! 『インサイド』インタビュー公開
スペインホラーの新鋭監督が語るホラー映画愛! 『インサイド』インタビュー公開
スペインホラーの新鋭監督が語るホラー映画愛! 『インサイド』インタビュー公開
スペインホラーの新鋭監督が語るホラー映画愛! 『インサイド』インタビュー公開
スペインホラーの新鋭監督が語るホラー映画愛! 『インサイド』インタビュー公開

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

幸せ絶頂の夫婦を襲った不運な車の衝突事故。夫は帰らぬ人となり、妻のサラは補聴器なしでは耳が聞こえない障害が残った。一緒に生き残ったお腹の子の誕生だけを心の支えに暮らしているサラだったが、ある大雨の晩、見知らぬ女が家に侵入し、彼女を殺そうと襲いかかってくる。補聴器が壊れ、音のない世界で、正体も目的も不明の女が襲い来る緊張感と恐怖。果たして、サラはお腹の子供を守り、脱出することができるのだろうか。

ホラーファンの間で伝説的作品となっている『屋敷女』のリメイクである本作の監督を務めたのは、『スペイン一家監禁事件』で一躍ホラー監督として注目されたビバス監督。『屋敷女』というカルト的人気の高い作品のリメイク作品で、メガホンを取ることについて監督は、「『屋敷女』とは別の新しい作品、ホラーではなくスリラー映画にしようと努力したよ。『屋敷女』は欲望と嫉妬を通して人間の苦悩を描いている。欲望や嫉妬が胎児に向けられている。だから、胎児の見るに耐えない映像を差し込み、謎の女の壊れてしまった心を際立せているんだ。製作のエイドリアン・ゲラから『屋敷女』をより大衆向けにリメイクしたシナリオがあると言われ、オリジナルへのリスペクトがあるならば面白いと思った。同じことをするわけにはいかないので作品のテーマを変え、女性が母親に変わり始める過程や落とし穴についての寓話にすることにしたんだ。作品全体が、出産直前のシングルマザーの恐れや悪夢であると示す。そして、それらを乗り越えたときに初めて“母親”になるんだ」と、オリジナルをリスペクトしつつ、新たな作品を作り上げた経緯を明かした。

また本作は『REC/レック』シリーズを生み出したスペインホラーを牽引するジャウマ・バラゲロが脚本を担当。バラゲロとの脚本執筆については、「彼と仕事ができることはとても光栄だったよ。これも監督を引き受けた理由のひとつなんだ」と実力派ホラー脚本家とタッグを組めたことに、素直に喜びを表した監督。そして「私は、ホラーこそが映画のなかで最も純粋なジャンルだと思っています。映画のジャンル分けの定義はさまざまです。西部劇のように特定の場所や時間が描かれたり、戦争映画のように特定の問題を取り上げたりすることで分類されるものもあります。その中でも観客の感情によって定義されるジャンルは、コメディとホラーのふたつだけ。しかし、コメディ映画では、観客と作品の登場人物は切り離された存在です。もし、コメディ映画の主人公が階段から転げ落ちたら、観客は笑いますが、主人公は笑わない。一方、ホラー映画では、観客と主人公の感情は常に共有されます。主人公が恐怖を感じれば、観客も恐怖を感じます。主人公が冷静さを取り戻せば、観客も同じように冷静になります。だから『インサイド』では、サラの感情が極限まで引き出せるような脚本を書きました」と、ホラー映画というジャンルへの強い想いと、本作へのこだわりを熱く語っている。

主人公のサラと“正体不明の女”という、ほぼ全編がこのふたりの攻防となる本作。それらを演じたレイチェル・ニコルズとローラ・ハリングについて監督は、「レイチェルとローラなしの『インサイド』は想像できない。レイチェルの表情には無垢さと強さが共存しているし、ローラは演技をほんの少し変えるだけで邪悪さと思いやりを表現することができる。この作品を寓話として示すにはもってこいのふたりだった」と、“襲われる者”と“襲う者”という単純な構図だけではない“女の闘い”を演じきったふたりの女優を大絶賛した。

オリジナル作品に大胆な脚色を加え、新たなテーマを打ち出した本作に大きな注目が集まる。

『インサイド』
7月13日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開

【関連リンク】
『インサイド』作品情報
ミゲル・アンヘル・ビバス人物情報
レイチェル・ニコルズ人物情報
ローラ・ハリング人物情報

【注目のニュース】
新海誠監督最新作『天気の子』公開決定
映画俳優組合賞(SAG)、ノミネーションが発表に
『雪の華』登坂×中条コメント映像
『プーと大人になった僕』メイキング公開
『メリー・ポピンズ リターンズ』吹替版声優決定!
『40万分の1』は、異色の就活青春エンタメ
AAFCA、作品賞は『ブラックパンサー』
『ONE PIECE』最新作特報
『シュガー・ラッシュ:オンライン』特別映像
『The Guilty』がハリウッドリメイク

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
インサイド

(c)2016 NOSTROMO PICTURES SL / INSIDE PRODUCCIÓN AIE / GRAND PIANO LLC

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”