ただいまの掲載件数は タイトル60303件 口コミ 1159844件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > プーと大人になった僕 > ニュース > “くまのプーさん”が実写化! ユアン・マクレガーが語る『プーと大人になった僕』

“くまのプーさん”が実写化! ユアン・マクレガーが語る『プーと大人になった僕』

(2018/09/11更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世代を超えて愛され続ける人気キャラクター“くまのプーさん”を実写化した映画『プーと大人になった僕』が9月14日(金)から公開になる。人気俳優ユアン・マクレガーが大人になったプーの親友、クリストファー・ロビンを演じた本作は、かつて絵本やアニメーションを通してプーや仲間たちと共に過ごし、クリストファーと同じように大人になった観客の心に響く作品になった。マクレガーは大人になったクリストファーが家族との関係に悩み、改善しようと努力する姿に惹かれたという。


ユアン・マクレガー

フォトギャラリー

“くまのプーさん”が実写化! ユアン・マクレガーが語る『プーと大人になった僕』
“くまのプーさん”が実写化! ユアン・マクレガーが語る『プーと大人になった僕』
“くまのプーさん”が実写化! ユアン・マクレガーが語る『プーと大人になった僕』
“くまのプーさん”が実写化! ユアン・マクレガーが語る『プーと大人になった僕』
“くまのプーさん”が実写化! ユアン・マクレガーが語る『プーと大人になった僕』

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

かつて、少年だったクリストファー・ロビンは“100エーカーの森”と呼ばれる場所で、ハチミツが大好きなくまのプーや仲間たちと大冒険を繰り広げたが、時が経ち、現在のクリストファーはロンドンで妻と娘と暮らしている。仕事に追われている彼は家族と過ごす時間が少なく、勤めている会社の部署もピンチに。仕事でも家庭でも問題を抱えた彼の前に、突然、プーが現れる。

本作は、英国人作家A.A.ミルンの執筆した『くまのプーさん』シリーズの“その後”を描いた作品だ。子どもの頃にはミルンの本を読んでもらって育ち、「僕の子どもたちにも読んであげていた」というマクレガーは「ミルンが執筆したクリストファー像を見つめるところから本作の作業が始まった」と振り返る。ミルンの書籍は、彼の息子のために書かれたもので、親が子に読み聞かせている体裁をとっている。「だけど僕が演じたのはあくまでも“かつて森の仲間たちと一緒にいたクリストファー・ロビン”なんだ。プーは想像の生き物でもないし、イマジナリーフレンド(空想上の友だち)でもない。プーは目の前に本当に存在する仲間だと思って演技をしているから、みなさんも映画を観るときはプーや仲間たちを“本当に存在しているもの”として楽しんでほしいな」

プーとクリストファーは遠く離れて暮らしていたが、本作でついに再会する。古い友人との再会は、ただ懐かしいだけでなく、かつての“自分の一部”に会ったような気分にさせてくれるものだ。「そうだね。その通りだと思う。さらにふたりの間には“無条件の愛”が存在しているんだよ。それに僕がミルンの本を読んでいて面白いなと思ったのは、クリストファーは少年なのに、プーや森の仲間たちの“父親的”な存在になっていること。物語の中で何か問題が起こると、プーたちは“クリストファーにいえば解決してもらえるよ”っていうんだ。でも、よく考えてみると、この本は父親であるミルンが息子に読み聞かせている物語なのに、物語の中で息子はプーたちの“父親”になっているんだ(笑)。そこが面白い部分だよね」

ミルンの書籍の中で少年クリストファーは、プーたちの“父親的”存在だったが、この映画に登場するクリストファーは年齢を重ねて本当の父親になっている。学校を出た彼は、愛する女性に出会って結婚し、子どもが生まれることを知る。しかし、彼は第2次世界大戦に行くことになり、生まれた娘が3歳になるまで戦地にいたため、クリストファーと娘の間には“距離”がある。「彼は戦争を経験し、人間の生死を目撃し、終戦後は何とかして日常に戻らなければならないのに、家族との間に距離ができてしまっているんだ。もうひとつ僕がずっと頭の片隅においていたのは、当時の父親像だった。1940年代と現在では“お父さんのイメージ”はきっと違うと思うんだ。ちなみに僕の父は1941年の生まれだから、演じながら自分の父のことをよく考えていたよ。僕の予想では、当時は現在ほどは父親というものが、子どもと密接に関わりあわなくてもいい時代だったはず……そんなことを考えながら演じたよ」

時が経ち、大人になったクリストファー・ロビンは仕事でプレッシャーを感じ、プーや森の仲間たちの“父親的”存在だった頃のことも忘れ、愛する娘の“父親”としても問題を抱えている。ところが彼はプーとの再会を機に再び“100エーカーの森”を訪れ、大人になって忘れかけていた心を取り戻し、幼少期のマインドに戻るのではなく、大人として、父親として前へ進むために奔走する。「僕がこの物語に魅了されたのは、クリストファーが娘との間に距離ができて、ちゃんとつながれていないことを自覚して、娘と仲良くなりたいと努力する部分なんだ。それはもしかしたら、先ほど話した1940年代の典型的な父親像からは離れてしまうかもしれない。でも僕はそんなクリストファーがいいと思ったんだよ」

プーと再会したクリストファーは何を取り戻し、何を新たに見つけるのだろうか? 本作はどんな年齢・状況の人であっても、それぞれが自身の“大切なもの”を取り戻し、新たに見つけられる映画になっている。

『プーと大人になった僕』
9月14日(金)より全国公開

【関連リンク】
『プーと大人になった僕』映画ファンは“ここ”に注目!
初来日したユアン・マクレガー、主演作『プーと大人になった僕』で学んだことは?
ハチミツ好きの親友が語る“人生哲学”とは? 『プーと大人になった僕』特別映像
ふわもこなプーと仲間たちの微笑みに胸キュン!『プーと大人になった僕』キャラポスター5種公開
堺雅人がクリストファー・ロビンに 『プーと大人になった僕』吹替版キャスト決定

【注目のニュース】
『トイ・ストーリー4』特報公開
橘ケンチ(EXILE)主宰の読書会
話題のオムニバス映画の舞台裏
『春待つ僕ら』特別映像が公開
登坂×中条『雪の華』本予告&ポスター
満足度第1位は『ボヘミアン・ラプソディ』
『ファースト・マン』本予告&ポスタービジュアル公開
『ボヘミアン・ラプソディ』が初登場1位!
『この道』完成披露試写会レポ
ドルフ・ラングレンインタビュー

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
プーと大人になった僕

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

東武練馬  木場  大泉  平和島  多摩センター  豊洲  武蔵村山  日の出町  池袋  新宿三丁目  日本橋  お台場  調布  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • 佳辰
  • マリナハート
  • やぶちゅん
  • Rey1115
  • 高城剣
  • プーのすけ
  • のんべののん太
  • ラッキーココア
  • Yousuke  Takuma
  • にぎぎ
  • ぶんず
  • y♡

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”