ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157295件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > パンク侍、斬られて候 > ニュース > 綾野剛、北川景子のパンクな一面に「北川景子という人間がより好きになりました」

綾野剛、北川景子のパンクな一面に「北川景子という人間がより好きになりました」

(2018/06/30更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


芥川賞作家・町田康の異色小説を、鬼才・石井岳龍監督が映画化した『パンク侍、斬られて候』。江戸時代を舞台に、浪人の戯言から大きな騒動に発展する“狂った世界”を劇的に生き抜いた掛十之進役の綾野剛と、ろん役の北川景子が“パンクな撮影”と“パンクないきざま”について語った。


綾野剛、北川景子

フォトギャラリー

綾野剛、北川景子のパンクな一面に「北川景子という人間がより好きになりました」
綾野剛、北川景子のパンクな一面に「北川景子という人間がより好きになりました」
綾野剛、北川景子のパンクな一面に「北川景子という人間がより好きになりました」

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

綾野と北川以外にも、浅野忠信、染谷将太、永瀬正敏、村上淳ら、石井組常連のメンバーが集った本作。予告編のエキセントリックさや、先に行われた完成披露イベントで、出演者が口を揃えて「理解不能な映画」と発言していることを鑑みても、一筋縄ではいかない映画であることは容易に想像できる。

そんな問題作に、綾野は「確かに宣伝不可能な映画ですよね」と苦笑いを浮かべると「物語だけ言いますと」と作品の解説をする。

一方、北川は「どういう絵になるのかなと、考えながら脚本を読んでいったのですが、全体の話はうまくつかめなかった」と正直に語ると「なにかわからないけれど、面白い作品になるんだろうなという予感はありました。いままで私が経験したことがないような世界観の映画だと思ったので、思い切りパンクにやれたらという思いで作品に臨みました」と撮影前の心境を振り返った。

皆が手探りの状態で挑んだ本作。綾野と北川はCMでの共演はあるものの、芝居で対峙するのは初めてだ。

綾野は「立っているだけで説得力を出すことはとても難しいことなのですが、北川さんにはそれがあります」と特別な存在であることを明かすと「ろんという、一見するとまともに見えますが、背後にパンクな感情を感じさせなくてはいけないという難しい役に、説得力を持たせていた。これまで連続ドラマなので主演を張り、歓声と罵声を浴びながらも、ここまで戦い続けてきた人だからこそ出来る眼差しだなと、改めて実感しました」と賛辞を贈る。

北川も「とにかく綾野さんは、先頭にたち現場を盛り上げ、仕切ってくれるんです。申し訳ないなと思いながらも、全部任せていました。安心できる器の大きな方です」と絶大なる信頼感があることを挙げると「現場で雨雲レーダーまでチェックして、エキストラさんにも声がけされているなど、俳優部以外の仕事にも目が行き届いているんです」と視野の広さに脱帽していた。

石井組初参加となった北川は「お声がけいただいたときは驚きました」と素直な胸の内を明かすと「役のふり幅を大きくいろいろな作品に挑戦したいと思っていたので、本当に嬉しかった。保守的な部分と、新しい柔軟な部分の両方をお持ちになっている、とても刺激的な現場でした」と笑顔を見せる。

綾野にとっては『シャニダールの花』、『ソレダケ that's it』に続き3度目の石井組参加となったが「言い方が難しいのですが、過去の2作は“共倒れしてもいい”と思っていたのですが、今回は必ず全スタッフ・キャスト一緒に完走しようという気持ちでした。それぞれキャラクターへのアプローチは違うけれど、一緒のゴールへたどり着きたいという思いは強かった」と座長として、強い覚悟を持って臨んだ現場だったという。

「人と協調していく部分と、反抗的な心が共存しているのがこの仕事だと思う」と語った北川。普段は「とにかく穏やか」と石井監督の感想を語っていたが、作品を通じて「反抗心」を描き切る潔さに衝撃を受けという。北川自身も「こういう仕事をしていると、求められる正解にたどり着くために歩いている部分がある」とパブリックイメージを意識しながら生活していることを明かしつつも「当然適度な反抗心や“ぶっ壊してしまいたい”という気持ちもあります。そんな普段出せないような思いを、映画で昇華できる喜びはあります」とパンクな一面を明かす。

そんな北川の発言に「より北川景子という人間が好きになりました。北川さん自体がパンクですよね」と笑顔を見せた綾野は、キャスト、スタッフが一丸となって「むちゃくちゃした映画」の公開に「目に見えることだけがすべてじゃない、新しい景色を広げられる、何十年に一本のオンリーワン映画ができました」と自信を深めていた。

『パンク侍、斬られて候』
公開中

取材・文・撮影:磯部正和

【関連リンク】
『パンク侍、斬られて候』作品情報
「この原作は私以外は誰も撮れない」石井岳龍監督が語る『パンク侍、斬られて候』
豪華キャストが大集結! 綾野剛主演『パンク侍、斬られて候』本予告&本ポスター
『パンク侍、斬られて候』猿将軍の正体は永瀬正敏! 主題歌は邦画初セックス・ピストルズに決定
綾野剛が斬り、北川景子が踊り、浅野忠信が叫ぶ! 『パンク侍、斬られて候』初映像公開
パンク俳優達のコメントも 『パンク侍、斬られて候』第2弾キャスト発表

【注目のニュース】
モダン・アートの名品が勢ぞろいする『フィリップス・コレクション展』
『オボの声』監督&出演者が語る
『春待つ僕ら』本予告公開
『A GHOST STORY』本予告公開
『マスカレード・ホテル』予告公開
マイケル・B・ジョーダン主演作
小野塚勇人、大杉漣との共演で得たもの
国内過去最大規模のルーベンス展が開幕!
アンジュルム・和田彩花のアート連載がスタート!
I・エルバが『キャッツ』出演か

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
パンク侍、斬られて候

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ペペロンチーノ
  • フクロウ1964

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集