ただいまの掲載件数は タイトル60556件 口コミ 1161956件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > パンク侍、斬られて候 > ニュース > 綾野剛が斬り、北川景子が踊り、浅野忠信が叫ぶ! 『パンク侍、斬られて候』初映像公開

綾野剛が斬り、北川景子が踊り、浅野忠信が叫ぶ! 『パンク侍、斬られて候』初映像公開

(2018/04/18更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


町田康原作の傑作小説を、主演:綾野剛×脚本:宮藤官九郎×監督:石井岳龍で実写映画化した『パンク侍、斬られて候』。北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、村上淳、 若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司と超豪華キャストが集結したことでも話題となっている本作。この度、初映像となる特報が公開された。


『パンク侍、斬られて候』

フォトギャラリー

綾野剛が斬り、北川景子が踊り、浅野忠信が叫ぶ! 『パンク侍、斬られて候』初映像公開
綾野剛が斬り、北川景子が踊り、浅野忠信が叫ぶ! 『パンク侍、斬られて候』初映像公開

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

はじまりはひとつのハッタリ。発令される隠密ミッション。男たちによる腹の探り合いと、ひとりの女をめぐる恋の行方。猿が語り出す驚きの秘密。そして最後に斬られるのは……。豪華すぎるキャストと、クドカン脚本に石井監督と、もう二度と集まれないかもしれないプレミアムなメンバーで、爆裂ワールドを描き出す。

公開された特報は、まさにパンクな仕上がりを予感させるもの。冒頭から、暗闇の中で猿の大群が忍者のように屋根をつたっていく姿が映し出され、何やら不穏な雰囲気。そして、鮮やかな殺陣を披露する綾野ら10人の男と、北川演じる謎のダンスを踊るひとりの女、そして武将の格好をした猿という、個性豊かな12人のキャラクターが次々と登場する。なかでも、浅野が演じる顔と腹に渦巻き模様のある長髪の男が、両手を広げて叫ぶ姿はインパクト大だ。また、猿のキャストはまだ明かされておらず、空中に浮かぶ豆、一斉に挙手をする猿たち……と、まだまだ謎が多い。

石井監督は、自身のTwitterで「『パンク侍、斬られて候』仕上げ作業は絶賛佳境中。宇宙が砕けてきました」とツイート。さらにキャスト陣も「宣伝不可能な映画が生まれようとしています」(綾野)、「きっと、観たこともない映画になっていると思います」(東出)、「世界が跳ね上がる日がたまらなく楽しみです」(染谷)と意味深なコメントを寄せており、続報が待ち望まれる。



『パンク侍、斬られて候』
6月30日(土)より全国公開

【関連リンク】
『パンク侍、斬られて候』作品情報
パンク俳優達のコメントも 『パンク侍、斬られて候』第2弾キャスト発表
綾野剛主演×宮藤官九郎脚本『パンク侍、斬られて候』製作決定「もう後戻りできません
綾野剛 人物情報
石井岳龍 人物情報

【注目のニュース】
横浜流星、今年の漢字は“縁”
インド映画『パッドマン』が出口調査で高評価
『ファンタビ』動員ランキングV3!
『BYAKUYA』新写真公開
L.A. 映画批評家協会賞発表
大泉洋が声優を引き受ける理由とは?
『攻殻機動隊 SAC_2045』配信決定
ゴールデン・グローブ、ノミネーションが発表に
『シュガー・ラッシュ』菜々緒初歌唱
『スパイダーバース』日本語吹替版キャスト決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
パンク侍、斬られて候

(C)エイベックス通信放送

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • フクロウ1964
  • ペペロンチーノ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”