ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162292件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > くるみ割り人形と秘密の王国 > ニュース > 女優・小芝風花が語るディズニー最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』の魅力

女優・小芝風花が語るディズニー最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』の魅力

(2018/11/27更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


30日(金)から公開になる映画『くるみ割り人形と秘密の王国』の日本語版で、女優の小芝風花が主人公クララの声を演じている。オーディションで選出されてクララの声を演じることになった小芝は「日本語版と英語版を両方観てくださった方が同じイメージを持ってもらえることが大きな目標」だと語る。


小芝風花

フォトギャラリー

女優・小芝風花が語るディズニー最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』の魅力
女優・小芝風花が語るディズニー最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』の魅力
女優・小芝風花が語るディズニー最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』の魅力

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

ディズニー映画にはこれまでにも多くの女性が登場してきた。中でも“ディズニープリンセス”と呼ばれるキャラクターは人気が高く、小芝は「私の中では、誰にでも優しくて、キレイで、歌が上手なイメージです」と笑顔を見せる。しかし、クララは小芝によると「プリンセスっぽくない子」のようだ。「頭が良くて、機械いじりが大好きなんですけど、女の子特有のオシャレも得意じゃないし、人づきあいも苦手な女の子なんです。私は機械オンチなのでクララをカッコいいなと思います。得意な分野があったり、人と違う面を持っている人に魅力を感じます」

ところが映画の冒頭のクララは少しふさぎこんでいる。「お母さんをなくして、心を閉ざしている部分があって、お父さんとも心がすれ違っているんです。クララはまだ14歳だから、お母さんがいなくなったことに対して、まだ心の整理がうまくついてないんですね」

そんなクララはクリスマス・イヴの夜にパーティに出向き、そこで導かれるままに秘密の王国に誘われる。そこでクララはなぜかプリンセスと呼ばれ、予想もしなかった冒険と戦いに巻き込まれていく。「クララは人づきあいが苦手なんですけど、相手だったり状況を受け入れるスピードがすごく速いんですよ。不思議の国に行って、最初はビックリするけど、すぐに順応して、不思議の国を楽しもうともしている。すごく度胸のある女の子なんですね。だから、元から視野の広い子なのかもしれないですけど、お母さんのこともあってふさぎこんでいたのかもしれません。でも、不思議の国で冒険をして、仲間もできる中で、“自分の気持ち”だけじゃなくて“まわりの人の気持ち”も考えられるように成長していきます。日常生活でも、ちょっとしたことで落ち込んじゃったり自信をなくすと、自分を守ろうとして自分のことしか考えられなくなることってあると思うんですけど、クララの場合はお母さんが遺した“あなたに必要なものはすべてこの中にある”って言葉をきっかけに前を向いていく。だから、この映画も同じように悩んでいる人の背中を少し押してくれる作品になっていると思います」

そこで小芝が吹替えする際に目指したのは、オリジナル版と吹替え版の観賞後のイメージが同じになることだった。「自分が演じるのであれば、自分と役のすり合わせをしたりしますけど、この作品では(クララを演じた)マッケンジー(・フォイ)さんがお芝居をされているので、自分の気持ちで演じるのではなくて、どれだけマッケンジーさんのお芝居に近づけられるかがポイントだと思いました。マッケンジーさんが役に向き合って生まれたクララを、日本語版の演出の方と細かく分析して分解して再現していく。クララとマッケンジーさんと私の3人のすり合わせだったので、いつもより複雑なんです(笑)。でも、マッケンジーさんの演技は私の中では“絶対”なんですよ。だから、私のことを知ってくださっている方も“私の声”として聞いていただくのではなくて、クララの声として聞いてほしいですし、日本語版と英語版を両方観てくださった方が同じイメージを持ってもらえることが大きな目標としてありました」

ちなみに演じる上で小芝はクララと彼女を演じたマッケンジーの想いを大切にしたが、演じながらクララに共感する部分が多くあったようだ。「クララは共感できる部分が多くて、同年代の子が感じる悩みだったり、誰もが一度は経験したであろう感情を持っている子なんです。決して完璧な子ではないんですけど、そこが身近に感じられて、観ている人が“私もクララと同じだけど、映画を観ていて勇気づけられた”と思ってもらえると思います。映画自体も観ていてとにかく楽しいし、音楽も耳なじみのある曲でワクワクするし、ストーリーがどうなっていくか予測できないんですよ。だから、観ている方にもクララと一緒に冒険しているような気持ちになってもらえると思います!」

『くるみ割り人形と秘密の王国』
11月30日(金)全国ロードショー

【関連リンク】
小芝風花、坂本真綾、小野賢章、ディズニー『くるみ割り人形と秘密の王国』日本語吹替声優に
チャイコフスキーの名曲に彩られた美しすぎる映像 『くるみ割り人形と秘密の王国』本予告公開

【注目のニュース】
『映画ドラえもん』最新作予告編公開
2018年北米興行成績、史上最高になる見込み
『サムライマラソン』予告編
『春待つ僕ら』男子キャストが語る
湯浅政明が制作中の最新作を語る
『アントマン&ワスプ』特別映像
新海誠監督最新作『天気の子』公開決定
『サスペリア』本予告
『アラジン』特報
映画俳優組合賞(SAG)、ノミネーションが発表に

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

吉祥寺  立川  渋谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  池袋  錦糸町  新宿三丁目  日本橋  新宿  二子玉川  お台場  調布  上野  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”