ただいまの掲載件数は タイトル60333件 口コミ 1160106件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > インクレディブル・ファミリー > ニュース > ピクサースタッフが語る、『インクレディブル・ファミリー』に込めた衣装のこだわり

ピクサースタッフが語る、『インクレディブル・ファミリー』に込めた衣装のこだわり

(2018/08/16更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


なんと歴代9位! 世界中で快進撃を続けるピクサーアニメーションの『インクレディブル・ファミリー』。今週ついに、全米での興行が5億9000万ドルまであと少しというところまで伸び、オールタイムであの『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に続く驚愕の9位ニ。その人気は留まるところを知らない。


取材に答えてくれたディアナ・マルシアゼ

フォトギャラリー

ピクサースタッフが語る、『インクレディブル・ファミリー』に込めた衣装のこだわり
ピクサースタッフが語る、『インクレディブル・ファミリー』に込めた衣装のこだわり
ピクサースタッフが語る、『インクレディブル・ファミリー』に込めた衣装のこだわり
ピクサースタッフが語る、『インクレディブル・ファミリー』に込めた衣装のこだわり
ピクサースタッフが語る、『インクレディブル・ファミリー』に込めた衣装のこだわり

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『インクレディブル・ファミリー』が子供はもちろん大人にもアピールしている理由のひとつには、その世界観がある。監督のブラッド・バードは基本となる世界観のコンセプトを“ミッドセンチュリー(1950年前後の時代)”に定め、建造物やファッション、音楽、TVでオンエアされている番組にいたるまで、その時代を踏襲している。このこだわりは、本作にはキャラクターたちがまとう洋服をクリエイトしたデザイナーがいることからも伝わってくる。その真髄を語ってくれるのは本作でキャラクターアーティストを務めるディアナ・マルシアゼだ。

「私たちが参考にしたのはミッドセンチュリーに活躍したファッションデザイナーのスキャパレリです。彼女はとても先進的なデザイナーで、洋服にシュールリアルな要素を入れてみたり、誰も予測しなかったことをやってのける人でした。いかにものミッドセンチュリー風ファッションに、彼女のような斬新な要素を入れたのが、今回の私たちのデザインなんです」

本作には第1作目から続いて、“インクレディブル・ファミリー”のスーパーヒーロー・コスチュームをデザインしてくれるデザイナーのエドナ・モードが登場する。監督のブラッド・バードが彼女の声を担当し、バード曰く「1番好きなキャラクター」と言わしめるほどのユニークなキャラクター。本作ではその出自が、ドイツ人と日本人のハーフであったことも判明する。言われてみれば、そのルックスはちょっとコムデギャルソンのデザイナー、川久保玲っぽい?

「私たちも彼女に日本人の血が流れていると聞いて驚きました(笑)。それで今回は日本のデザイナー、川久保玲、石岡瑛子(『ドラキュラ』でアカデミー賞を獲得したコスチュームデザイナー。故人)、そして阿部千登勢(sacaiのデザイナー)をリサーチしたのですが、面白いことに気づいたんです。彼女たちの作る服は、デザインに特化しているせいか、着心地はよさそうではないのですが、当人たちはとてもラクチンな服を着ているんですよ(笑)」

そこでエドナに着せたのは着物。彼女はミッドセンチュリー風デザインの要塞のような豪邸に住み、その家では「ラクチン」な着物を羽織って暮らしているのだ。

「あと、ブラッドが私たちに参考にするように言ったのはパティ・スミス(米国のミュージシャン)、ローリー・アンダーソン(米国のパフォーマンスアーティスト)、アニー・レノックス(英国のミュージシャン)たちでした。私は彼女たちに加えて60年代の英国版『ヴォーグ』でモデルを務めていたジーン・シュリンプトンにも着目しました。彼女が着こなしていたドレスからは、当時のファッションの変遷が分かるからです。パティ・スミスたちは男性的シャツやパンツを愛用していましたが、その素材をよーく見るとガーゼだったりフェミニンなんです。男性っぽさと女性っぽさの融合がとても面白いんですよ」

こういうこだわりをメインのキャラクターは当然として、脇キャラからその他大勢のキャラクターにまで発揮するというのだから凄い。キャラクターのデザインそのものはカートゥーンっぽく、その演技はリアルというのがこのシリーズの特徴だが、もうひとつのスペシャルな点は、キャラクターを取り巻く世界も極めてリアルということ。彼女たちのこだわりを聞いていると、アニメーションのコスチュームの話であることを忘れてしまうくらいだ。

「もしかして、コスチュームデザインは実写のほうが大変で、アニメーションのほうが簡単と思っていませんか? そんなことはないと断言しますよ、少なくともこのピクサースタジオにおいては!(笑)」

取材・文:渡辺麻紀

『インクレディブル・ファミリー』
公開中

【関連リンク】
『インクレディブル・ファミリー』作品情報
『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化
『インクレディブル・ファミリー』に込めた思い、ブラッド・バード監督が熱く語る
ブラッド・バード監督が語る、『インクレディブル・ファミリー』メガヒットの秘密
三浦友和×黒木瞳 『インクレディブル・ファミリー』は「壮大なホームドラマ」
『インクレディブル・ファミリー』、14年前の前作はどこがスゴかったのか?
最強赤ちゃんのスーパーパワーを紹介! 『インクレディブル・ファミリー』新映像公開

【注目のニュース】
アップリンク吉祥寺、オープニング企画
武正晴監督と村上虹郎が語る『銃』
『渋谷ミニシアター手帖』無料配布
エヴァ・ロンゴリアが監督デビュー
『プーと大人になった僕』特別映像
『アリー/ スター誕生』本予告
舞台『少年たち』初映画化決定
オードリー・ヘプバーンを特集
『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』メイキング
P・サースガード、L・シュライバーが共演

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(c)Kaori Suzuki

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • 吐露曼湖
  • 黒蜜わらびもち
  • 桃龍
  • ラッキーココア
  • リュウ、
  • のりりの
  • Miran
  • manapipi
  • こむらがえり
  • マリナハート
  • Yousuke  Takuma
  • とっぽ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”