ただいまの掲載件数は タイトル59711件 口コミ 1154540件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > インクレディブル・ファミリー > ニュース > 『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化

『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化

(2018/08/10更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ついに全世界興収で10億ドルを突破したピクサースタジオのアニメーション『インクレディブル・ファミリー』。日本でも先日公開され、興収52億円をあげた14年前の前作『Mr.インクレディブル』を上回る勢いを見せ、まさに“インクレディブル・アニメーション”になっている。なぜ、そんなに世界中の人々を魅了しているのか? そのひとつの理由となるのはキャラクターの親しみやすさとかわいらしさだろう。


取材に答えてくれたスーパーバイジング・アニメーター、トム・フチーリ

フォトギャラリー

『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化
『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化
『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化
『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化
『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化
『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化
『インクレディブル・ファミリー』が人々を魅了する理由、ブレないキャラクターデザインとその進化

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

14年前に誕生した5人からなるスーパーヒーロー・ファミリーは当時、ピクサースタジオでは初となる人間キャラクターの主人公だった。それまではオモチャ(『トイ・ストーリー』)やモンスター(『モンスターズ・インク』)などのデジタルで表現しやすいキャラクターが中心で、人間が登場してもあくまで脇役扱い。もし人間キャラクターが作品を支えるとなると、観客は彼らのテクスチャーや表現にまだ違和感を覚えるくらいの時期である。つまりこの5人を主人公に据えるのは、かなりチャレンジングだったのだ。

「リアルだったり、ディテールを描き込んだりした人間キャラクターをデジタルで作る場合、当時はかなり難しかったんです。そんなときにブラッド(・バード監督)が、“リアリスティックじゃない人間キャラクターを試してみよう”と言い出した。それが『Mr.インクレディブル』です。僕たちは大興奮しましたよ(笑)」

そう当時を振り返るのは、1作目と本作でメインのキャラクターデザインを担当したスーパーバイジング・アニメーター、トム・フチーリ。演出はリアルだが、キャラクターのデザインはカートゥーンっぽくカリカチュア。これがバードのこだわりだった。

「ブラッドの打ち出した世界観は“ミッドセンチュリー”でした。家や家具、車も衣装もそれに基づいてデザインされていましたから、キャラクターもそれに準じる必要がありました。そこで僕たちは、実際の1940年、50年、60年代のイラストやアニメーションからインスピレーションをもらったんです。たとえばアニメだと『101匹わんちゃん大行進』とかチャック・ジョーンズ(“ルーニー・テューンズ”などの監督)作品、マンガは『わんぱくデニス』、イラストなら風刺画家のアル・ハーシェフェルドです。とりわけハーシェフェルドのイラストからは大きなインスピレーションをもらいました。なぜなら、彼はキャラクターを最もシンプルな形に要約していたからです。僕たちもそれを心がけました」
そういってフチーリが見せてくれたのはおなじみの図形。アーチ、ハート、円形、四角、そして楕円形。ところが、これらの形に目や鼻,髪を描き足すだけでアーチ型→ボブ、ハート型→ヘレン、円形→ヴァイオレット、四角→ダッシュ、そして楕円→ジャックジャックの顔ができ上がる! シンプルで、しかもとてもかわいい!

「その顔にたとえどんな要素をプラスしても、常にここに戻ってくるんです。それが僕たちにはとても重要なこと。そうすることでキャラクターがブレないんです」

1作目から14年の歳月が流れているにもかかわらず、本作は前作のラストシーンの直後、バードの言葉を借りるなら「30秒後(笑)」くらいから始まるという大胆さだが、そこにもまったく違和感がないのは、このブレないデザインがあるからかもしれない。

「デザインは同じなので、あまり気づかないかもしれませんが、実はキャラクターの顔の筋肉の動きや目の動き、それに伴う表情はかなり違うんです。ニュアンスを付け加え、前作をより進化させた表現を今回はやっている。やっと、ブラッドや僕たちが切望していた表現や演出ができたんですよ(笑)」

これこそが、ずっとみんなが求めてきた会心の作品だということ。つまり、今回の大ヒットを支えているのは、彼らの情熱とアイデアだったのだ。

『インクレディブル・ファミリー』
公開中

取材・文:渡辺麻紀

【関連リンク】
『インクレディブル・ファミリー』作品情報
『インクレディブル・ファミリー』に込めた思い、ブラッド・バード監督が熱く語る
ブラッド・バード監督が語る、『インクレディブル・ファミリー』メガヒットの秘密
三浦友和×黒木瞳 『インクレディブル・ファミリー』は「壮大なホームドラマ」
『インクレディブル・ファミリー』、14年前の前作はどこがスゴかったのか?
最強赤ちゃんのスーパーパワーを紹介! 『インクレディブル・ファミリー』新映像公開

【注目のニュース】
第40回PFFグランプリは工藤梨穂
『コールドケース2』 大阪特別試写会
M・ジョーダン主演作の続編
岡田准一、『散り椿』で撮影を担当!
『アクアマン』日本版予告
『チャーリーズ・エンジェル』続報
満足度第1位は『プーと大人になった僕』
『クワイエット・プレイス』監督特別映像
製作者が語る『プーと大人になった僕』
『プーと大人になった僕』動員ランキング1位!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

吉祥寺  池袋  立川  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  錦糸町  新宿三丁目  二子玉川  お台場  調布 

他の地域

 

この映画のファン

  • ラッキーココア
  • 吐露曼湖
  • こむらがえり
  • 黒蜜わらびもち
  • リュウ、
  • Miran
  • とっぽ
  • Yousuke  Takuma
  • manapipi
  • マリナハート
  • のりりの

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
木村拓哉と二宮和也の2大スターが豪華共演! 『検察側の罪人』をはじめ、J・ステイサム VS メガロドンの『MEG…』、旬の女優、土屋太鳳&芳根京子の熱演光る『累-かさね-』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!