ただいまの掲載件数は タイトル59063件 口コミ 1146936件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 15時17分、パリ行き > ニュース > 運命と共に生きる。C・イーストウッド監督が語る新作『15時17分、パリ行き』

運命と共に生きる。C・イーストウッド監督が語る新作『15時17分、パリ行き』

(2018/02/27更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


クリント・イーストウッド監督の新作映画『15時17分、パリ行き』が3月1日(木)から公開になる。本作は、2015年にアムステルダム発パリ行きの列車で、テロリストに遭遇した3人の若者の人生を、モデルになった“本人”をキャスティングして描いた作品で、その根底にはイーストウッド作品が長年に渡って描き続けてきた視点や思想が息づいている。


クリント・イーストウッド監督

フォトギャラリー

運命と共に生きる。C・イーストウッド監督が語る新作『15時17分、パリ行き』
運命と共に生きる。C・イーストウッド監督が語る新作『15時17分、パリ行き』
運命と共に生きる。C・イーストウッド監督が語る新作『15時17分、パリ行き』

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

アムステルダムからパリに行く高速列車に武装した過激派の男が乗り込み、自動小銃を発砲したが、そこに居合わせた幼なじみの米国人スペンサー、アレク、アンソニーが立ち向かい、犯人は拘束された。本作の基になった事件を極めてシンプルに要約するとこれだけで終わってしまう。しかし、この列車が“出る前”にはどんな物語とドラマがあったのか? そして列車が“出た後”にどんな状況が繰り広げられたのか? 本作は、実話を基に3人の幼なじみが“15時17分、パリ行き”に乗り込むまでのドラマと、乗り込んでからのドラマを交互に描いていく。

脚本の基になったのは、3人とジェフリー・E・スターンが共同で執筆したノンフィクション(邦訳はハヤカワ文庫刊)で、イーストウッド監督は映画化を決めた後に、3人の“ボーイズ(と監督は彼らを呼ぶ)”をテクニカル・アドバイザーとして迎え入れた。「ある時、テクニカルな面について話し合いをしている時、僕は彼らに『自分たち自身を演じることについて、あなたたちはどう思う?』と言った。私はもっと小さい状況で、役者じゃない人を使ったことがある。多分、見た目がとてもよかったんだ。それから何かうまくいくものがあってね。そこで彼らの顔を見た。彼らはとても好感のもてる人たちで、僕はこれはとても面白いものになると思った。うまくやり遂げられたらね。同時に、正しくやらなかったら、ひどいものにもなりえると感じたよ(笑)。そこから僕らはスタートしたんだ」

その後、監督とスタッフは撮影準備の過程で、事件に居合わせた人たちに連絡を取るようになり、彼らの多くが“キャスト”として参加することになった。「彼らはみんな(そこに)戻リたがった。みんながやったことは基本的に(事件の)レプリカなんだ。僕は言ったよ。『あなたがしたことをやってくれ。あなたは何をしたの?』とね」

本作は、列車の中で起こった出来事を描く一方で、子供だったスペンサー、アレク、アンソニーが出会い、友達になり、成長と共に暮らす場所が変化しても、変わらぬ友情を築いて、自然な流れでアムステルダムで再会し、列車に乗り込むまでが描かれる。そこにあるのは、苦境におかれても前に進もうとする母と子のドラマであり、どこに行っても上手くいかない男たちのドラマであり、何げなく続く日常が何かしらの“目的地”に向かっているのではないかと感じている若者のドラマだ。そして、これらのドラマが“列車で起こった事件”と直接的に関連しているのか、それとも関連していないのか、映画ではハッキリとは描かれない。「自分たちに何が起きるか知っていて、どこかに向かう人はいない。何が起こるか、わからずにその場所に行くんだ。私たちは歩道に車が乗り上げてきて、あなたを殺そうとするような世界に住んでいる。私たちはあらゆる奇妙なことに向き合っている。そして時々“もし僕が道を歩いていて、突然車がやってきたらどうするだろう?”と考えて、自分に何も出来ないことに気づくんだ。なぜなら、運命がその一部を担っている。そういったことがこのボーイズたちに起きたんだ」

イーストウッド作品は、それがフィクションであれ、実話を基にした作品であれ、登場人物が“どうすることもできない”出来事が繰り返し描かれてきた。ファンの女性から執拗なまでに追われてしまう、愛する息子が突然消えてしまう、操縦している飛行機がトラブルに見舞われる、幼い頃に友達が何者かに誘拐されたのを機に人生が大きく変わってしまう、歌手として成功しようと必死で生きてきたのになぜか幸福が掴めない……人生は自分には“どうすることもできない”ものなのか? それとも、いや、それでも人生で起こったすべては正しいものなのか? 「その質問を、僕は自分自身にしたよ。誰もがある時点で“なぜこうなんだ。ああなんだ?”と考える。僕の母は昔“あなたの肩の上には、小さな守護天使か何かが座っているに違いないわ”とよく言っていた。僕は笑い飛ばしたし、起こったことを合理的に説明することはできる。でも、その“理由”を思いつくことはできない。なぜなら、すべては可能性の外側で、予想がつくことの外側にあるからだよ」

それでもイーストウッド監督は「僕らはこの世界の出来事や、自分たちの運命と共に生きないといけない」と語る。「あの日、列車には300人から400人が乗っていて、そこに武器を持った人がやってきた。数百人を相手にできるだけの弾薬を持ってね。それはひどいことになりえた。歴史において最悪の日になりえた。でも、誰も死ななかった。そのことは自分の人生について考えさせることになる。『その立場に自分がいたらどう反応するだろう?』とね。それは誰にもわからない。そこには答えはない。実際に自分でそれをやるまでね。そして、彼らはそれを実際にやったんだ」

映画を観ながら、あなたは“3人の青年の人生の道のりと事件には何らかの関係があるのか?”と考えるかもしれない。ふたつの間には何の関連もないと思うかもしれない。しかし、あの日、あの列車に3人のアメリカ人と乗客がいて、武装した男が乗り込んできたことは事実だ。そして彼らは助かった。「多分、運命が人生においてある方向に導くのかもしれない。僕の人生のある時を振り返ると、僕は助けられたのかもしれないと思える出来事が何度かあった。振り返って、それを考え直してみるとね。子供の頃にも、ひどいことになりえたいろんなことがあった。そういうものなんだ」

『15時17分、パリ行き』
3月1日(木)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

【関連リンク】
クリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』メイキング映像
クリント・イーストウッド監督作『15時17分、パリ行き』、“タリス銃乱射事件”現場で撮影された予告編公開
クリント・イーストウッドが究極のリアリティでテロの真実を描く『15時17分、パリ行き』日本公開決定!
『15時17分、パリ行き』作品情報

【注目のニュース】
『アントマン&ワスプ』本予告
浦沢直樹個展、埼玉県立近代美術館にて開催
『告白小説、その結末』インタビュー公開
J・クルーニーがSFスリラー監督
『インクレディブル・ファミリー』パ・リーグコラボ
西野カナ『3D彼女…』主題歌書き下ろし
町山智浩に聞く、映画の解き明かし方
『アメリカン・アサシン』特別映像
『ミッション:インポッシブル』最新作本予告
K・スペイシー新作の公開決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
15時17分、パリ行き

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋 

 

この映画のファン

  • 佳辰
  • FOXHEADS
  • みかずき
  • PAPAS
  • ペペロンチーノ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

15時17分、パリ行き ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3122円(税込)
  • OFF:1187円(27%)

 


「“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト」始動!一般選考員を大募集!!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ