ただいまの掲載件数は タイトル59937件 口コミ 1156828件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 未来のミライ > ニュース > 細田守監督最新作『未来のミライ』来夏公開決定 「独特な魅力を持った作品になる」

細田守監督最新作『未来のミライ』来夏公開決定 「独特な魅力を持った作品になる」

(2017/12/13更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日、12月13日に『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』といった代表作を持つ細田守監督の最新作『未来のミライ』が、来年7月20日に公開されることが発表された。


『未来のミライ』

フォトギャラリー

細田守監督最新作『未来のミライ』来夏公開決定 「独特な魅力を持った作品になる」
細田守監督最新作『未来のミライ』来夏公開決定 「独特な魅力を持った作品になる」
細田守監督最新作『未来のミライ』来夏公開決定 「独特な魅力を持った作品になる」
細田守監督最新作『未来のミライ』来夏公開決定 「独特な魅力を持った作品になる」
細田守監督最新作『未来のミライ』来夏公開決定 「独特な魅力を持った作品になる」

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

制作発表記者会見には、細田に加え、“スタジオ地図”プロデューサー・代表取締役の齋藤優一郎が出席。『未来のミライ』は、甘えん坊の“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”による、ちょっと不思議な“きょうだい”の物語。『バケモノの子』から数えて3年ぶりの新作となる。

まずは、細田が『未来のミライ』について、「4歳の男の子に妹ができまして、その妹に両親の愛を奪われ、愛を求めてさすらい、旅立つお話」と説明。続けて、作品を制作するきっかけについて「小さな子供の目線から、新しくこの世に生まれた妹を見た時に、世界が広がるというか。新鮮な感動を得るんじゃないか。4歳の男の子の目線を通じて、僕らが今生きている世の中をもう一度見直したい。そこに新しい発見があるんじゃないか」と語り、細田自身も5歳の男の子と、2歳を目前にした女の子の親であり、彼らのリアクションが制作のきっかけになっていることも明かした。「子供映画でありながら、子供の視点を通して、面白い世界をダイナミックに見せていきたい」と意欲も見せている。

また、7月20日(金)という公開日に関しては、齋藤が夏休みの初日であることを説明し、「これからどういう楽しいことをするか、(世間の親子の)気分が高まっている時なんじゃないかと思います。そんな時に、子供から大人までが楽しめるアニメーション映画を一番いい形で出していくのがいいと思いました」と公開日にかける思いを話した。また、細田の作品は数多くの国でロードショーされている実績がある。『未来のミライ』は、まだ映画が完成していないにも関わらず、すでに南米やロシア、中東など、合わせて57カ国からオファーを受けているようだ。前作『バケモノの子』は、日本国内で458スクリーンで上映されたが、今作は同等、もしくはそれ以上の規模で公開を予定しているという。

記者からの「主人公は“くんちゃん”だが、タイトルにはなぜ“ミライ”が入っているのか」という質問には、細田が「どうしてくんちゃんという名前かと言いますと、(ちゃんなのかくんなのか)アイデンティティ的に揺れ動いている存在の象徴として、くんちゃんという名前を付けさせていただきました。妹がミライという名前なのは、そのアイデンティティが揺れ動いている人が、未来というものをどう考えるか、未来にたどり着くかという話の流れで考えております」と子供を取り巻く環境を始め、結婚や性別に対する世の中の多様な価値観が変化している時代風景、さらに『未来のミライ』というタイトルは様々な意味合いに取れるということにも触れた。

また、現在は作画を進めながら、声優のオーディションも並行して進行しているという。最後に細田は「独特な魅力を持った作品になるんじゃないかなという予感をしております。4歳の男の子を主人公にすることによって、表現にはいろんなチャレンジが必要でして、スタッフみんなで乗り越えていこうとやっております。現場が面白がってるのがいいなと思っていて、それを含めていい映画になるだろうという予感を持ちながら作っているところです」と会見を締めた。

取材・文:渡辺彰浩

『未来のミライ』
来年7月20日(金)全国東宝系にて

【関連リンク】
細田守作品が愛される理由とは? 『バケモノの子』プロデューサーが語る
『未来のミライ』作品情報

【注目のニュース】
ヴィゴ・モーテンセンが監督デビュー
満足度第1位は『日日是好日』
『宇宙の法』が動員ランキング初登場1位!
『コールドケース2』特別映像公開
阿部サダヲが新作映画を語る
松大航也がポール・ラッドにインタビュー
『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』完成披露上映会レポート
ブラックパンサー続編、監督は続投
脚本家、L・カスダンの監督作
刺激的なサスペンス映画が明日公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
未来のミライ

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

新宿三丁目 

他の地域

 

この映画のファン

  • ぜんこー
  • Yousuke  Takuma
  • ラッキーココア
  • のりりの
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集