ただいまの掲載件数は タイトル59928件 口コミ 1156697件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アリータ:バトル・エンジェル > ニュース > 「映画表現がうらやましい!」原作者・木城ゆきと絶賛『アリータ:バトル・エンジェル』最新アリータ画像

「映画表現がうらやましい!」原作者・木城ゆきと絶賛『アリータ:バトル・エンジェル』最新アリータ画像

(2018/08/10更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界15の国と地域で翻訳された、木原ゆきと原作漫画『銃夢』が、巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で『アリータ:バトル・エンジェル』としてついに映画化。主人公・アリータの新着画像と、木城そしてキャメロンからのコメントが到着した。


『アリータ:バトル・エンジェル』

フォトギャラリー

「映画表現がうらやましい!」原作者・木城ゆきと絶賛『アリータ:バトル・エンジェル』最新アリータ画像
「映画表現がうらやましい!」原作者・木城ゆきと絶賛『アリータ:バトル・エンジェル』最新アリータ画像

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

舞台は、支配する者と支配される者の二重世界で構成された未来。サイバー医師のイドは、瓦礫の中から人形の頭部を見つける。そこには生身のままの脳があり、イドは新しい機械の体を与えて蘇らせることに。アリータと名付けられたサイボーグの少女は、イドや友達に見守れながら成長。しかし、ふとしたきっかけで自分が300年前に失われた技術で造られた、最強の兵器だということに気づいて……。

「原作の漫画は斬新で想像力に富み、最先端をいっている」と惚れ込み、25年も映画化を切望してきたキャメロン。「アリータの目は巨大で、顔はハート型、ボディも漫画通りで、非の打ちどころがない(キャラクター)」と語る。到着した画像からも見て取れるように、イラストの特徴が再現されており、原作へのリスペクトが感じられる。

最新の予告編を見た木城も「最初は目が大きいのでびっくりしましたが、見ているとすぐに気にならなくなり、沈む宇宙船を探索するシーンでの水に濡れたアリータは“かわいい!”と思うまでになりました」とコメント。

さらに「サイボーグボディの半透明描写や綿密なメカ、アイアン・シティのすさまじい情報量のロングショットなど、僕が漫画原作やイラストで表現したくてもできなかったことを高度に書き出しているのを見て、僕が思ったことは“ありがとう! これが僕が30年前に見たかった映像だ”というのと、“映画表現がうらやましい!”ということです」と、原作者ならではの視点で絶賛した。

本作のメガホンを握ったロバート・ロドリゲス監督は、「脚本を読んでアリータやキャラクター達への親近感を覚え、全員に感情移入できた。絶対に忘れちゃいけないのは、人間性だ」と、圧倒的な映像美の中でも、キャラクターの心の動きに重きを置いたことを明かした。「アリータはジェームズが生んだサラ・コナー(『ターミネーター』)や、リプリー(『エイリアン』)に似ているが、ふたりが戦士として目覚めていくのに対して、アリータは最初から戦士で、逆に心を見つけ出す。ジェームズはそこに興味を持ったし、僕も同じだ」と続けた。

キャメロンがこれまで描いてきたヒーロー・ヒロインとは異なる魅力を放つアリータ。彼女が世界を変える壮大な旅に、期待が高まる。

『アリータ:バトル・エンジェル』
12月21日(金)より全国公開

【関連リンク】
『アリータ:バトル・エンジェル』作品情報
ジェームズ・キャメロン製作・脚本『アリタ:バトル・エンジェル』公開決定 原作は木城ゆきと『銃夢』
ジェームズ・キャメロン 人物情報
ロバート・ロドリゲス 人物情報

【注目のニュース】
阿部サダヲが新作映画を語る
松大航也がポール・ラッドにインタビュー
『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』完成披露上映会レポート
ブラックパンサー続編、監督は続投
脚本家、L・カスダンの監督作
刺激的なサスペンス映画が明日公開
森美術館『カタストロフと美術のちから展』開催中
『ルイスと不思議の時計』特別映像
吉田羊が語る日本版『コールドケース』
『走れ!T校』ヒット祈願イベント

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation (C)Yukito Kishiro/Kodansha

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集