ただいまの掲載件数は タイトル61033件 口コミ 1165161件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 > ニュース > 女優クローディア・キムが分析。『ファンタビ』を読み解く“キーワード”とは?

女優クローディア・キムが分析。『ファンタビ』を読み解く“キーワード”とは?

(2018/12/07更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


“ハリー・ポッター”シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手がけている映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が日本でも大ヒットを記録している。本シリーズは“ハリー…”と同じ世界観を共有しており、新作には後にハリーの宿敵ヴォルデモートと行動を共にする巨大な蛇“ナギニ”が人間の姿で登場する。ナギニを演じたクローディア・キムは決して“メイン”ではないこの役を丁寧に演じることで、ローリングや監督の想いを見事に体現し、ハリポタとファンタビを深く読み解く重要なキーワード“アウトキャスト(のけ者・追放された者)にたどり着いたようだ。


クローディア・キム

フォトギャラリー

女優クローディア・キムが分析。『ファンタビ』を読み解く“キーワード”とは?
女優クローディア・キムが分析。『ファンタビ』を読み解く“キーワード”とは?
女優クローディア・キムが分析。『ファンタビ』を読み解く“キーワード”とは?
女優クローディア・キムが分析。『ファンタビ』を読み解く“キーワード”とは?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本シリーズは、ハリポタよりも前の時代が舞台で、魔法動物学者のニュート・スキャマンダーたちと、人間界と魔法界の両方を牛耳ろうと企む“黒い魔法使い”グリンデルバルドたちの争いが物語の主軸に据えられている。本作に登場するナギニはまだ人間の女性の姿をしており、グリンデルバルドの信奉者クリーデンスと行動を共にする。

クローディアは近年『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や『ダーク・タワー』など大作への出演が続いているが、ファンの間でよく知られているナギニを演じることになり「本当に私にこの役が務まるのだろうか? と疑問を抱くこともあった」と振り返る。「でも、いただいた脚本を読むと本当に素晴らしい役なんです。J・K・ローリングが創作した役だというだけで特別なものですし、ナギニは恐ろしい蛇ではあるのですが『ハリー・ポッター』シリーズの中では重要な役ですよね? ですから、ナギニを演じられる、まだナギニの物語がこれからも続いていくと思うだけで楽しみになりました」

しかし、ナギニはニュートやグリンデルバルドのように物語の中心にいるキャラクターではない。「役を演じる上で、私に与えられた情報は限られたものでしたが、想像力をかきたて、デイヴィッド・イェーツ監督と何度も話し合いをして演じていきました。おそらくですが、ナギニはインドネシアのジャングルにいたところをさらわれ、サーカスに囚われている状態で、その場から逃げるだけの力はあるけれども、逃げようとしない女性として登場します」

クローディアの話を聞くとナギニは深い哀しみと孤独を抱えていることがわかる。「しかし、彼女はクリーデンスに出会って希望を見出すわけです。クリーデンスも弱くて、はかない部分があります。しかし、ふたりはお互いを必要とするようになり、ナギニは初めて“自由”を感じます。ナギニが人間の姿でいられる時間には限りがあり、いつ完全に蛇の姿になってしまうのかはわかりません。でも、彼女はクリーデンスに希望を託し、ふたりは心の深い部分でつながっているのだと思います」

傷つきやすく、自身の中に潜む魔力を抑え切れないまま孤独に生きるクリーデンスと、哀しい運命を背負ったナギニの関係は“恋愛”とも“連帯”とも違う独自のものだ。「そうですね。おそらくロマンスを超越した関係なのでしょう。というよりも、ふたりとも愛がどういうものなのかわかっていないので、相手をどのように愛していいのかわからないのです。ナギニはクリーデンスに対して、自分を信頼してほしいと願っていますけど、それは強制できるものではないですし、心から彼を大切にし、必要だと思うのであれば、いつかは彼を手放さなければならないかもしれない……考えれば考えるほど複雑な関係ですね(笑)」

イェーツ監督もクリーデンスとナギニにドラマに魅力を感じているようで、完成版ではカットされたが、クリーデンスとナギニのシーンは数多く撮影されたという。「ふたりが盗んだパンを一緒に食べるシーンや、ナギニの身体の一部が蛇に変化する瞬間をクリーデンスが目撃して彼が変化した部分を手にとってキスする場面、サーカスから逃げ出したふたりが屋根裏部屋で共に朝を迎える場面も撮影しました。監督は『結果的にカットしてしまったけど、僕はとても大好きなシーンだ』と言っていましたから、ブルーレイの特典で復活するといいですね!」

華麗な魔法を使うわけでも、手に汗握るアクションを披露するわけでもないが、過酷な運命を背負ったクリーデンスとナギニが寄り添って行動する場面は、観客に忘れられない強い印象を残す。クローディアは「J・K・ローリングはいつも、物語の脇で“受け入れられない人たち”を描いている」と分析する。「ハリー・ポッターもファンタスティック・ビーストもそうですが、彼女はメインの役どころでない位置に“アウトキャスト(のけ者・追放された者)”を配置し、彼らがどこかに受け入れられたり、自身の存在を求められたり、自身の進むべき道に迷うドラマを描いてきました。そして、本シリーズでもそうですが、物語の中心にいるニュートたちとアウトキャストが交わってストーリーが進んでいくところがユニークだと思います。この物語に登場するキャラクターはみな困難を抱えていて、それを乗り越えて自己を探求しようとしています。そして、まだ自分の居場所を見つけられていない人物も誰かと深い関係性を築いて、お互いに寄り添って一緒に居場所を探していくのです……それは本当に美しいと思います」

ナギニは単に『ハリー・ポッター』シリーズとの“つながり”を示すために登場したのではなく、本シリーズの深い部分に置かれた重厚な人間ドラマを描くために新たに登場したようだ。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
公開中

【関連リンク】
登場人物すべてが“成長中”。K・ウォーターストンが語るファンタビの魅力
時間をかけて描かれる進化と成長。『ファンタスティック・ビースト』監督が語る
エディ・レッドメイン「この瞬間を待っていた!」日本のファンに『ファンタビ』熱烈PR
“新しい物語”に挑む! 監督が語る『ファンタスティック・ビースト』
ハリポタ&ファンタビ製作者が語るJ・K・ローリングの“進化”
エディ・レッドメイン、ジュード・ロウのコメントも 『ファンタビ』最新作、特別映像公開
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』初映像公開 ダンブルドアはジュード・ロウ
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン特別映像の上映が決定
『ファンタスティック・ビースト』最新作、来年冬に日本公開へ! ファーストルックが一斉公開

DVD情報


ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [Blu-ray]

定価:2571 円(税込)
価格:2200 円(税込)
OFF:371円(14%)
監督デイビッド・イェーツ
出演エディ・レッドメイン,キャサリン・ウォーターストン,アリソン・スドル,ダン・フォグラー,コリン・ファレル
発売日2017年10月18日

 


【注目のニュース】
『マスカレード・ホテル』興収30億円超狙えるスタート!
三上博史、14年ぶり主演映画を語る
『めんたいぴりり』、地元・福岡で大ヒット!
『映画刀剣乱舞』がついに“出陣”!
ケヴィン・ハート次回出演作は?
西銘駿、桜田通のアドリブに苦戦
『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』予告
実写『ノートルダムの鐘』企画に進展
『凜-りん-』応援団に、“よしもと住みます芸人”
『マイル22』主演インタビュー動画

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  有楽町  新宿三丁目  渋谷  錦糸町  立川  日本橋  新宿  二子玉川  お台場  調布  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • マリナハート
  • kobakobakoba
  • sio.co
  • Yousuke  Takuma
  • かいむ
  • 猫ぴょん
  • きゃらぷり
  • is0120si
  • ニナ426
  • Chibi
  • れかちん
  • Stella
  • cocoshi
  • マキノ
  • おおこし

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”