ただいまの掲載件数は タイトル60565件 口コミ 1161971件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 > ニュース > 時間をかけて描かれる進化と成長。『ファンタスティック・ビースト』監督が語る

時間をかけて描かれる進化と成長。『ファンタスティック・ビースト』監督が語る

(2018/11/22更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


“ハリー・ポッター”シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がける新作映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が明日から公開になる。監督を務めるのは“ハリポタ”シリーズからメガホンをとり続けているデイヴィッド・イェーツで、彼は常に「同じことを繰り返すのではなく新しいものに挑戦したい」と語る。同じ世界、同じキャラクターが登場するシリーズに“新しさ”をもたらし続ける秘訣はどこにあるのだろうか? イェーツ監督に話を聞いた。


撮影中のデイヴィッド・イェーツ監督(写真左)

フォトギャラリー

時間をかけて描かれる進化と成長。『ファンタスティック・ビースト』監督が語る
時間をかけて描かれる進化と成長。『ファンタスティック・ビースト』監督が語る
時間をかけて描かれる進化と成長。『ファンタスティック・ビースト』監督が語る
時間をかけて描かれる進化と成長。『ファンタスティック・ビースト』監督が語る
時間をかけて描かれる進化と成長。『ファンタスティック・ビースト』監督が語る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本シリーズは“ハリポタ”と同じ世界観を共有しており、魔法動物を研究しているニュート・スキャマンダーが主人公。最新作では、タイトルにもなっている“黒い魔法使い”ことグリンデルバルドが脱獄し、ニュートはホグワーツ魔法魔術学校を率いるダンブルドアから黒い魔法使いの追跡を託される。

シリーズ1作目『…魔法使いの旅』では1920年代のアメリカが舞台だったが、新作では英国とフランスが主な舞台になり、作品のトーンも大きく変化している。「1作目は遊び心が満載で、とてもやさしくて軽やかな感じがしたのですが、今回はどちらかというとスリリングな展開になっています。キャラクターのバックストーリーを膨らませて、より掘り下げていった結果、より奥深い仕上がりになりました。JKはかなり壮大なストーリーを練っているようで、少なくとも彼女の中では5作品分のストーリーがあるようです」

つまり、本作は5つある物語の2作目で、まだ見ぬ3作品が控えている。こう書くと“続きもの”のようだが、イェーツ監督は本作から観ても楽しめるよう映画を設計し、待機している作品への期待が大きく膨らむよう演出している。「みんなで話し合って1作ずつバランスを取りながら取り組んでいます。本作から新登場するキャラクターの何人かはおそらく引き続きシリーズに登場するでしょうから、彼らのストーリーラインを膨らませなければならない。と同時に、最後まで説明せずに“どうなるんだろう?”と観客に思わせて、次の『ファンタスティック・ビースト』の世界に戻りたくなるようなものにしなければならない。そのバランスはなかなか難しいものがありました。しかし、スタジオのみなさんやJK、プロデューサー、脚本家が綿密に話し合ってくれますから、最良のバランスを見つけ出し、壮大な物語を紐解きながらも1作ごとに楽しめる作品に仕上げていきました」

1作ごとに物語の舞台やカラーは異なるものの、真の意味で観客を魅了し、新鮮さを感じさせているのは、エディ・レッドメインらメインキャストが表現する“成長のドラマ”だ。ハリポタの場合はシリーズ開始時にキャストが幼かったので、新作が登場するごとに彼らが“目に見えて変化”していることが伺えたが、ファンタビの場合はキャストの“内面の進化と成長”が大きなカギになっている。

「先日、ニュート役のエディ・レッドメインに会ったのですが、彼は『1作目を撮り終えてから役がなかなか抜けなくて自分の皮膚の下に入り込んできたような、自分の体の中に息づいているような感覚があった』と言っていました。2作目の撮影が始まるまで彼の体内にはずっとニュートがいて、外に出たくてウズウズしているような状態です。さらに作品と作品の間は1年ほど空きますから、例えばエディに子供が生まれたりだとか俳優それぞれの状況の変化があり、人間としても変わっていきますし、俳優同士の関係もダイナミックに変化していくわけです」

小さな子供が成長するのと同じぐらい、大人も時間を経て変化し、成長していく。そこで重要なのは“ゆとり=時間”だ。「作品と作品の間に時間がありますから、役に対する考え方などが醸成されていく。そういったゆとりがあるんですよね。キャストもスタッフもそれぞれが、前作の芝居を思い返したり、次はこうやろうかなって考えたりするんです。エディも2作目ではあれこれやってみたいと考えているんだろうな、というのが伺えました。それがシリーズでやっていくことの利点ですね。自分のキャラクターと長い時間付き合っていくわけですから、キャラクターの新しい一面を発見するなど、多面的にとらえることのできる余裕があるんです」

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、本作から飛び込むことのできる間口の広さを備えながら、キャラクター描写やドラマは時間をかけたからこそ実現できた“深み”がある。単にド派手なだけでも、単にダークなわけでもない、ワクワクと予測不可能な展開が同居する新たな物語が明日、幕を開ける。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
11月23日(金・祝)より全国公開

【関連リンク】
“新しい物語”に挑む! 監督が語る『ファンタスティック・ビースト』
ハリポタ&ファンタビ製作者が語るJ・K・ローリングの“進化”
エディ・レッドメイン、ジュード・ロウのコメントも 『ファンタビ』最新作、特別映像公開
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』初映像公開 ダンブルドアはジュード・ロウ
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン特別映像の上映が決定
『ファンタスティック・ビースト』最新作、来年冬に日本公開へ! ファーストルックが一斉公開

DVD情報


ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 [Blu-ray]

定価:2571 円(税込)
価格:2200 円(税込)
OFF:371円(14%)
監督デイビッド・イェーツ
出演エディ・レッドメイン,キャサリン・ウォーターストン,アリソン・スドル,ダン・フォグラー,コリン・ファレル
発売日2017年10月18日

 


【注目のニュース】
横浜流星、今年の漢字は“縁”
インド映画『パッドマン』が出口調査で高評価
『ファンタビ』動員ランキングV3!
『BYAKUYA』新写真公開
L.A. 映画批評家協会賞発表
大泉洋が声優を引き受ける理由とは?
『攻殻機動隊 SAC_2045』配信決定
ゴールデン・グローブ、ノミネーションが発表に
『シュガー・ラッシュ』菜々緒初歌唱
『スパイダーバース』日本語吹替版キャスト決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(c)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c)J.K.R.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  立川  渋谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  有楽町  錦糸町  新宿三丁目  日本橋  新宿  二子玉川  お台場  調布  上野  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • ニナ426
  • アクシオ!
  • Stella
  • 猫ぴょん
  • sio.co
  • is0120si
  • れかちん
  • ラッキーココア
  • マリナハート
  • __teneten
  • マキノ
  • のりりの
  • kobakobakoba
  • cocoshi
  • Yousuke  Takuma

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”