ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149258件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ピーターラビット > ニュース > 千葉雄大とピーターラビットの共通点は、パブリックイメージと違う面を持っていること!?

千葉雄大とピーターラビットの共通点は、パブリックイメージと違う面を持っていること!?

(2018/05/18更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界中から愛されているブルーのジャケットがトレードマークのウサギ、ピーターラビット。そんな彼の可愛らしさと勇敢さを描いた初の実写映画『ピーターラビット』が本日から公開されている。本作でピーターの日本語吹き替え声優を務めたのは、ピーターと同じく“可愛らしい”が、ただそれだけではない魅力を持つ俳優・千葉雄大だ。


千葉雄大

フォトギャラリー

千葉雄大とピーターラビットの共通点は、パブリックイメージと違う面を持っていること!?
千葉雄大とピーターラビットの共通点は、パブリックイメージと違う面を持っていること!?
千葉雄大とピーターラビットの共通点は、パブリックイメージと違う面を持っていること!?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

いまから100年以上も前にビアトリクス・ポターが描き出して以来、ピーターラビットは世代を超え世界中で愛されてきたが、多くの人は、とても愛らしいウサギというイメージを持っていることだろう。しかし本作では、可愛らしいルックスはもちろんだが、自然における人間と動物の共存という骨太なテーマのなか、ピーターの勇敢さや強さ、負けず嫌いさなども随所に描かれている。

千葉も「僕がピーターラビットに対して持っていたイメージを良い意味で裏切られる内容でしたね」と作品を観た感想を語ると「『可愛いけれど、やるときはやりますよ』という意志を感じました」と予想を裏切られる展開に舌を巻く。さらにこうしたパブリックイメージと違う面を持つということが千葉にも共通しているということが、彼がピーターの吹き替え、そして『ピーターラビット』アンバサダーに起用された理由のひとつと語られていた。

確かに千葉は、映画の舞台挨拶やバラエティ番組などで“可愛くて好青年”というファンからのイメージに、大げさに反応したり、突っ込みを入れたりして盛り上げるシーンがみられる。千葉は「適当なことばかりしてすみません」とはにかむと「“可愛い”が押しになるとアレルギーが出てしまうこともありますね」と楽しそうに語るが、こうした部分は、本作のピーターと重なる部分なのかもしれない。

これまでのアニメの声優や、外国映画の吹き替えの経験はあった千葉だが「やっぱり難しい」と苦戦したことを明かす。特に「一面的な感情はまだ表現しやすいのですが、寂しいけれど強がっているみたいな、二層、三層にも感情が入り混じっているところでの声の表現はすごく難しかった」と収録を振り返っていた。

劇中、ピーターたちは、ドーナル・グリーソン演じる隣人のマグレガーとライバル関係になり、激しいバトルを繰り広げる。千葉は「20代前半までは、同世代の俳優たちはみんな羨ましいという気持ちでみていたので、ライバル意識はありましたが、いまはまったくそういう気持ちはなくなりました」と心境の変化を語る。

変化の理由については「人を気にすることが疲れてしまったのでしょうね」と述べると「周囲を意識せず、自分のやるべきことをやろうとした方が、人と被らないことがわかったのかもしれません。舞台挨拶とかで楽しくやるようになったのも、こういう考えになってから。肩の力が抜けると、なにごともやりやすくなっていきました」と現在は充実していることを明かす。

千葉は来年30歳を迎えるが、「自分から手を伸ばさないと届かないものがあると思うので、そういうものは積極的に口に出していきたい。自分からやりたいと手をあげれば、その仕事に、より責任を持つことになる。もし失敗しても人のせいにはせず、自分で責任をとるという仕事の取り組み方をしていきたい」と今後の抱負を語る。

チャレンジという意味では、本作で千葉は歌を披露しているが「最初は『えっ、歌?』と思ったのですが、結果的にやらせていただいてよかった。別に歌手になりたいと思っていたわけではありませんが、ミュージカルなどは大好きなので、いつかそういう仕事に巡り合えたとき役立つのかなと思えました」と前向きに捉えると「この作品はミュージカルではありませんが、ミュージカル的な楽しみ方もできる、大人が楽しめる映画です」と力強くアピールしていた。

『ピーターラビット』
公開中

取材・文・撮影:磯部正和

【関連リンク】
『ピーターラビット』公開日決定 “ちょいワル”なピーターの姿捉えた予告も
ベストセラー絵本の映画化、『ピーターラビット』5月日本公開へ 特報映像も
『ピーターラビット』作品情報

【注目のニュース】
『未来のミライ』初日舞台挨拶
『東京コミコン2018』にセバスチャン・スタン
パリス・ジャクソン出演の新作は
『リメンバー・ミー』監督が語る
『ドラゴンボール超 ブロリー』予告公開
『ういらぶ。』主題歌がキンプリの新曲に決定
岡本太郎はじめとする『巨匠たちのクレパス画展』
東野圭吾作品『人魚の眠る家』特報
『ボヘミアン・ラプソディ』予告公開
『ジュラシック…』今後はどうなる?

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
ピーターラビット

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • 映画監督かい
  • まんとひひ
  • Stella
  • Yousuke  Takuma
  • amicoco
  • 高城剣
  • のんべののん太

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!