ただいまの掲載件数は タイトル59959件 口コミ 1156882件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > レッド・スパロー > ニュース > 元CIA捜査官! 原作者が語る映画『レッド・スパロー』の注目ポイント

元CIA捜査官! 原作者が語る映画『レッド・スパロー』の注目ポイント

(2018/03/23更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェニファー・ローレンスが主演を務めるスパイ映画『レッド・スパロー』が30日(金)から公開になる。本作は、再起不能になったバレリーナがロシア諜報機関のスパイになり、国家の道具として働く中で、想像を絶する危機に立ち向かう姿を描いた作品だが、原作小説を執筆したジェイソン・マシューズは33年に渡ってCIAで工作活動に従事した人物で、映画でもコンサルタントを務めている。「人間同士が意思を疎通させることが本当の意味でのスパイ活動」と語るマシューズに、スパイの秘密や映画の注目ポイントをきいた。


『レッド・スパロー』

フォトギャラリー

元CIA捜査官! 原作者が語る映画『レッド・スパロー』の注目ポイント
元CIA捜査官! 原作者が語る映画『レッド・スパロー』の注目ポイント

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作の主人公ドミニカはロシアのボリショイ・バレエ団のバレリーナだったが、ステージで大怪我を負い、ロシア情報庁に勤務する叔父の手引きで、スパイの養成学校へ送られる。そこは標的を誘惑し、欲望を操り、自身のすべてを使ってターゲットを堕とすテクニックを学ぶ施設で、彼女たちは”スパロー”と呼ばれた。ドミニカは病気の母の治療費を工面するために、自分の意思に反してスパローの道を進み、ロシア情報部内に潜むアメリカとの内通者を探り出す任務を遂行することに。しかし、CIAの捜査官と惹かれあい、ロシアとアメリカの双方から狙われる窮地に追い込まれてしまう。

映画の中に登場するスパイはいつも華麗で、見事に変装し、秘密道具を駆使して悪党に立ち向かい、彼らの行く先々には美女とのロマンスが待っている。「しかし、現実のスパイは本当に大変な仕事なんですよ」とマシューズは語る。「とにかく苦労の多い仕事ですからね。でも、海外に住んで、現地の言葉を覚えて、ある意味では冒険をして、国のために任務にあたるわけですから、充実感のある仕事ではあります。他の国の言語の、他の文化の人をスカウトして、情報源としてリクルートする。それは大きなチャレンジですが、できた時の達成感は大きいです。同時にそれは国のためになることなので、愛国心も高められるわけです」

ところが、本作の主人公ドミニカは、愛国心があるわけでも、スパイの仕事に充実感を抱いているわけでもない。「そうですね。彼女はバレリーナだったのに、一夜にしてすべてを失って、結果として誘惑を学ぶ学校に送られてしまう。そこにあるのは彼女の生き延びようとする必死な姿や絶望感です。さらに彼女はCIAの捜査官と惹かれあったことでさらに危険な状況に陥ります。私は、ドミニカが何らかの危機に直面したときにどんなリアクションをするのかに重きを置いて小説を書いていきました」

ロシアの情報部からアメリカに機密を流しているのは誰なのか? ドミニカは愛するCIA捜査官のために祖国を裏切るのか? それとも彼を誘惑して得た情報を祖国ロシアにもたらそうとするための作戦なのか? 映画は様々なキャラクターの”本心”がわからないまま、誘惑や裏切り、心理操作、罠が仕掛けられていくスリリングな展開を見せる。観賞する上での注目ポイントは、マシューズ曰く「人間を動かす4つの動機」だ。「私はこの分野について研究を重ねてきました。人間にはいくつかの動機がありますが、主要なものは金、思想、良心、エゴの4つです。これらのいずれかを必要としている人に対して与えてあげることができれば、相手は興奮状態になり、時には中毒のような状態になって、裏切ることを楽しむこともあります。どんなスパイも技術や才能を駆使して、相手の動機を掌握して情報を入手しているわけです。そういう意味では、人間を理解し、相手に共感したり同情する気持ちがないと、スパイは相手と良い関係性を築けないとも言えます」

相手を単なる情報を得るための“道具”だと思ってしまったら関係性が築けず、情報は入手できない。しかし、相手に近づき過ぎてしまえば、逆に相手に利用されるか、こちらの正体に気づかれてしまう。映画『レッド・スパロー』はド派手なアクションや、荒唐無稽な秘密道具を排して、人と人とが対面して本心を探り合いながら、国家を揺るがす情報を入手し、危機を脱しようとする緊迫したドラマを描いていく。「今の世の中は、様々な衛星やSNS、顔認証システムなどがありますが、やはり人間同士が意思を疎通させることが本当の意味でのスパイ活動だと私は考えていますし、これからもスパイ活動には人間の存在が必要になるでしょう」

『レッド・スパロー』
3月30日(金) 全国ロードショー

【関連リンク】
『レッド・スパロー』作品情報
ジェニファー・ローレンス、“挑発的な”衣装で報道陣を魅了 『レッド・スパロー』ニューヨークプレミア
J・ローレンスがハニートラップを仕掛ける姿も 『レッド・スパロー』予告編&ポスター
『ハンガー・ゲーム』監督・主演コンビが再び! 『レッド・スパロー』公開決定&予告編

【チケット情報】
レッド・スパロー/全国券

【注目のニュース】
国内過去最大規模のルーベンス展が開幕!
アンジュルム・和田彩花のアート連載がスタート!
I・エルバが『キャッツ』出演か
『ザ・アウトロー』戦闘準備シーン公開
『ハン・ソロ』特別映像公開
監督が語る『音量を上げろタコ!』
ヴィゴ・モーテンセンが監督デビュー
満足度第1位は『日日是好日』
『宇宙の法』が動員ランキング初登場1位!
『コールドケース2』特別映像公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
レッド・スパロー

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • takappesan
  • da-
  • ぱおう

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

レッド・スパロー (2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 定価:6469円(税込)
  • 価格:4807円(税込)
  • OFF:1662円(25%)

レッド・スパロー 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3227円(税込)
  • OFF:1082円(25%)

 


世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集