ただいまの掲載件数は タイトル58104件 口コミ 1134912件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ライオンは今夜死ぬ > ニュース > 主演は名優ジャン=ピエール・レオー。『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦監督に訊く

主演は名優ジャン=ピエール・レオー。『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦監督に訊く

(2018/01/19更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ベアトリス・ダル、ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ、ジュリエット・ビノシュなど、世界の名だたる俳優と手を組んできた諏訪敦彦監督。イポジット・ジラルドと共同監督をした『ユキとニナ』以来、実に8年ぶりの新作となった『ライオンは今夜死ぬ』では、なんと『大人は判ってくれない』のアントワーヌ・ドワネル役で世界中の映画ファンにはよく知られるヌーヴェルヴァーグの名優、ジャン=ピエール・レオーを主演に迎えた。そこに至った経緯、レオーとのコラボなど話を訊く。


諏訪敦彦監督

フォトギャラリー

主演は名優ジャン=ピエール・レオー。『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦監督に訊く
主演は名優ジャン=ピエール・レオー。『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦監督に訊く
主演は名優ジャン=ピエール・レオー。『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦監督に訊く

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

まず、今回の作品は、ジャン=ピエール・レオーとの出会いが“すべての始まり”と明言する諏訪監督。彼とは2012年のラ・ロシュ・シュル・ヨン映画祭で出会ったという。「彼の特集と私のレトロスペクティブの上映が偶然あって。そこで私の作品を観て気に入ってくれたようで、彼の方から“会いましょう”と。もちろん僕にとって彼は学生時代から見てきた特別な存在。喜んでお会いしたんですけど、実際の彼を目の当たりにした瞬間、思いました。“この人を撮りたい”と。うまく表現できないんですけど、並みの俳優ではない。不思議な存在感がいまだにある。それがすべての始まりでした」

その後、レオーと何度か話を重ねる中で、その想いはさらに高まっていった。その一方で、こうした欲望も出てきたという。「ここ数年、小中学生の子ともたちへ映画制作を教えるワークショップの講師を何度か務めました。その経験をする中で、こんな構想を抱くようになったんです。“自分の作品で、子どもたちをスタッフにして彼らに脚本を書かせ、撮影をして一緒に映画を作れたら面白いんじゃないか”と」

ジャン=ピエール・レオーという名優の存在と「こども映画教室」。このふたつが融合して誕生したのが今回の『ライオンは今夜死ぬ』になる。作品は、レオー演じる年老いた俳優が突如、死を演じられなくなり苦悩。かつて愛した女性の住んでいた屋敷へ足を運び、そこで映画制作に取り組む地元の子どもたちと出会う。子どもたちの誘いで映画に参加することになって新たな命の輝きを得た老俳優の心の変化が映し出されていく。70歳を超えたレオーが子どもたちとごく自然に戯れるシーンがとりわけ印象深い。「あまりレオーが子どもと共演しているところを見た記憶がない。なので正直、最初はどうなるものかと不安でした。いざやってみたらとても不思議で。普通の大人が子どもに接する感じじゃない。彼にとっては、カメラの前では大人だろうと子どもだろうとひとりの共演者で対等。完成上映会のとき、共演した7歳の女の子がレオーについてこんなことを言ってました。“すごく変な人。大人なのに子どもみたいなんだもん”て(苦笑)。このひと言に集約されていると思います」

この名優と子どもたちの交流は予想外の化学反応を生むことになる。「劇中で、子どもたちが映画制作をしていますけど、これは彼らにお任せして1本の映画を自分たちの力で完成させるようお願いしました。なので、子どもたちがジャンにいろいろと説明するのに彼が指示通り動かなくてテイクを重ねるシーンがありますけど、あれも僕らは外側から子どもたちの実際の撮影を撮らせてもらっているだけなんですが、あんなスリリングな場面になるとは思いませんでした。自由な子どもたちとのやりとりを通して今までにないレオーが現れている瞬間がいくつもある。たとえば、子どもと一緒にスープを食べているシーンがあるんですけど、レオーがああいう笑顔を見せた映画はこれまでない気がする。フランスのスタッフも随所で言ってました。“こんなレオーを観るのは初めてだ”と。これは子どもたちが起こした奇跡だと思っています」

その子どもたちの制作した映画は7分の短編として完成したという。「なんとレオー演じる主人公が犬だったというお話。果たしてレオーがそんな設定を受け入れてくれるのかこっちとしては気を遣いながら恐る恐る話したんですけど、本人は気にすることなく“そうなんだ”と。“ワンワン”とか言っておどけて喜んでましたね」

作品が完成した今、レオーとのコラボをこう振り返る。「実は、この作品の前に彼を起用しようと思う役はあった。ただ、プロデューサーから、“彼の映画的な記憶を利用しての安易なキャスティングには反対だ”と。あまりに彼をいいように使うオファーが多くて、それにレオーは傷ついているときいたとき、やるんだったら、この人をきちっと主人公に据えてやろうと腹を決めた。これがまず実現できてほっとしている。また、私の映画史の中でもひじょうに特別な人物。過去の彼の作品に対する思いはいろいろあったけども、最終的にはそういうことよりひとりの俳優として彼と向き合えた。これは私にとってかけがえのない経験になったことは間違いない。同時に、レオーにとっても演じることの喜びをもう一度味わう機会になったのではと思っています」

海外の役者と組み、海外で撮影した作品が続く。もう日本で撮ることはないのか?最後に訊いた。「ここまでくると自分のホームグラウンドはフランスと言わざるを得ないですね。ひと言でいうと、フランスのスタッフや俳優と組む方が楽というか。共通の映画言語を共有している感覚があって、たとえば台本が3ページでもOKとなる。でも、日本ではまず理解されない。いま日本で撮れといわれたら、おそらくすごく緊張するでしょう(苦笑)」

『ライオンは今夜死ぬ』
1月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー

取材・文:水上賢治

【関連リンク】
『ライオンは今夜死ぬ』作品情報

【注目のニュース】
史上初! 縄文時代の国宝6件全てが集結
歌川広重、晩年の名品全120図を展観
『ザ・シークレットマン』監督が語る
ルピタ・ニョンゴの新作
『リメンバー・ミー』監督来日イベント
『レディ・バード』特報映像
竹内涼真、新人俳優賞受賞の喜びを語る
あの名作が生演奏付きで上映!
日本ブルーレイ大賞、グランプリが決定
『IT/イット “それ“が見えたら、終わり。』続編に

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
ライオンは今夜死ぬ

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

恵比寿 

他の地域

 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ・DVD発売記念で驚きの弾丸ツアー企画を敢行!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
『リメンバー・ミー』日本版無料特別上映会ご招待!
本年度オスカー最有力作品! キャストの熱演と緻密な脚本が生み出した濃密な人間ドラマ『スリー・ビルボード』ほかチリの俊英が放つ『ナチュラルウーマン』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ