ただいまの掲載件数は タイトル60333件 口コミ 1160056件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 花に嵐 > ニュース > 『花に嵐』の岩切一空監督 第58回日本映画監督協会新人賞受賞!

『花に嵐』の岩切一空監督 第58回日本映画監督協会新人賞受賞!

(2018/04/05更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PFFアワード2016準グランプリ作品『花に嵐』の岩切一空監督が、第58回日本映画監督協会新人賞を受賞した。


『花に嵐』

フォトギャラリー

『花に嵐』の岩切一空監督 第58回日本映画監督協会新人賞受賞!
『花に嵐』の岩切一空監督 第58回日本映画監督協会新人賞受賞!
『花に嵐』の岩切一空監督 第58回日本映画監督協会新人賞受賞!

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

日本映画監督協会は1936年(昭和11年)に、小津安二郎監督、成瀬巳喜男監督、溝口健二監督らが発起人となり設立後、映画映像分野の発展と監督の地位向上のために活動を続け、新人賞は、1960年に設けられた。第1回の受賞者が大島渚監督であることが象徴するように、時代を切り開く新鋭監督に贈られてきた賞だ。つまり作品賞ではなく、その年度内に公開(放映)された作品の監督の中で、最も相応しいと思われた“新人監督”に贈呈される。

PFFではこれまでに、古厩智之監督が第8回PFFスカラシップ作品『この窓は君のもの』で、また、高橋泉監督がPFFアワード2004グランプリ作品『ある朝スウプは』で同賞を受賞している。本年度の選考委員は映画監督の大森一樹氏(委員長)、三枝健起氏、鈴木元氏、中村義洋氏、福岡芳穂氏の5名。5月15日に授賞式が行われることになっている。

そして岩切監督本人の、喜びのコメントが公開された。

「今から3年前に作った学生映画があの頃の僕らには想像もできないようなところにやってきたことを大変嬉しく思います。新人という冠が外れたとき、かつて頂いたこの賞の名に恥じぬような、そして映画そのものに負けないような監督に、なれてたらいいな〜」

また本作は、池袋の新文芸坐の春の恒例企画『気になる日本映画達“アイツラ”2017』にて、今週7日(土)に上映され、監督らのトークショーも予定されている。さらに、最新作のMOOSIC LAB 2017グランプリ作品『聖なるもの』は、ポレポレ東中野にて4月14日(土)より劇場公開される。

『花に嵐』
4月7日(土)新文芸坐にて公開

『聖なるもの』
4月14日(土)よりポレポレ東中野ほか順次公開

【関連リンク】
『花に嵐』作品情報
『聖なるもの』作品情報

【注目のニュース】
武正晴監督と村上虹郎が語る『銃』
『渋谷ミニシアター手帖』無料配布
エヴァ・ロンゴリアが監督デビュー
『プーと大人になった僕』特別映像
『アリー/ スター誕生』本予告
舞台『少年たち』初映画化決定
オードリー・ヘプバーンを特集
『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』メイキング
P・サースガード、L・シュライバーが共演
『来る』特別コラボ映像公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
花に嵐

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”