ただいまの掲載件数は タイトル57860件 口コミ 1130819件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > パーティで女の子に話しかけるには > ニュース > エル・ファニングが“異星から来た女の子”に!? 注目の最新作を語る

エル・ファニングが“異星から来た女の子”に!? 注目の最新作を語る

(2017/11/22更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『マレフィセント』『ネオン・デーモン』など人気作・注目作に立て続けに出演しているエル・ファニングが、『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』『ラビット・ホール』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督の新作『パーティで女の子に話しかけるには』に出演している。ファニングは近年、愛らしい女性から過激な役どころまで変幻自在に演じているが、本作では“遠い惑星から地球にやってきた女の子”を演じている。


『パーティで女の子に話しかけるには』

フォトギャラリー

エル・ファニングが“異星から来た女の子”に!? 注目の最新作を語る
エル・ファニングが“異星から来た女の子”に!? 注目の最新作を語る
エル・ファニングが“異星から来た女の子”に!? 注目の最新作を語る
エル・ファニングが“異星から来た女の子”に!? 注目の最新作を語る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

映画の舞台は1977年のロンドン。ピストルズやラモーンズが若者たちの人気を集める一方、保守党の党首マーガレット・サッチャーが“鉄の女”と呼ばれながら英国初の女性首相になることを狙っていた時代。内気な少年エンはある日、偶然に迷い込んだパーティで圧倒的に可愛らしい女性ザン(エル・ファニング)に出会う。秒速で恋におちたエンはザンにアタックし、ふたりの距離は近づいていくが、彼女のリアクションはどこか不思議。なぜなら、彼女は遠い惑星から地球にやってきた女の子だから。彼女が地球にいられるのは48時間。そこでエンとザンは大人たちの目を盗んで、ふたりで街へと逃げ出す。

見た目は可愛らしい人間の女の子だけど、地球の文化や出来事を見るのはどれも初めての異星人。ファニングは、ザンを演じる上で“想像力と普遍性のバランス”を考えるところから始めたという。「ザンは異星人だけど、観客が観てどのぐらい共感できるようなものを表現したらいいのか、どのぐらいまでやっていいのかすごく悩みました。物語が進むにつれて、ザンは地球に関する知識を身につけて変化していくので、監督と入念に話し合って、リハーサルもしっかりして少しずつ作り上げていきました。ザンは無垢でありながら、色んなものに対してすごく好奇心旺盛なんですよね。常に“これは何なの?”という風に問いかけるキャラクターでもあったので、ザンのイノセンスはかなり意識しました」

彼女と時間をかけて話し合い、役をつくっていったミッチェル監督は、誰もが知る名優だ。ファニングは、作家であり、俳優であり、監督であり、パフォーマーでもある彼の「すべての面が優れている」と断言する。「彼は俳優でもあるから、役者にどうアドバイスすればいいのかわかってくれていて、こちらが不安を感じていたり、怖いと思っている気持ちを瞬時に見抜いて、不要なセリフは言わないでいいようにしてくれたりするんです。俳優の思考をよく理解している人だし、俳優が一番演じやすい状況に導いてくれる。それに今回、私は初めて劇中で歌うシーンがあったのですが、その分野でも彼はエキスパートなので、彼との仕事で初めて歌うシーンをやれたことはすごくよかったと思います」

幼い頃から映画界で活躍し、アイドル的な人気を博すファニングは近年、強烈な個性をもつ映画作家たちとのコラボレーションを重ねて、グングン実力をつけている。ミッチェル監督のような才能あふれる作家との仕事もあれば、良い脚本・良い役で選ぶ仕事もあるが、ファニングは「“作家”と呼ばれるような監督が作りたい物語、描きたいキャラクターは、私にとっても魅力を感じるキャラクターであることがすごく多い」という。「同時にジョンやソフィア・コッポラが“新作をやるんだけど”と声をかけてくれたら、私は内容も聞かずにふたつ返事で”イエス!”と言います。それは彼らと一緒に仕事がしたいから。ソフィアの新作も内容も聞かずにやりたいと返事しました。彼女と一緒に仕事をしてまたいろいろ学びたいと思ったし、私にとっては“作家”と呼ばれる人たちと仕事ができるのは特別なことでもあるんです」

ファニングの出演作は今後も目白押しで、彼女のコメントにも登場したソフィア・コッポラの新作や、ウディ・アレンの最新作、サウジアラビア初の女性監督ハイファ・アル=マンスール、アンソニー・ミンゲラの息子マックス・ミンゲラとのコラボレーション作も待機中。ジョン・キャメロン・ミッチェル監督とタッグを組んだ本作も人気を集めそうだ。

『パーティで女の子に話しかけるには』
12月1日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

【関連リンク】
『パーティで女の子に話しかけるには』作品情報
ジョン・キャメロン・ミッチェル監督最新作! 『パーティで女の子に話しかけるには』ポスター&予告公開

【注目のニュース】
『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミア
仁和寺と御室派の秘仏・名宝を一挙公開!
アン・リー、新作キャスト決定
『サイモン&タダタカシ』メイキング写真
『さよなら、僕のマンハッタン』公開日決定
『ママレード・ボーイ』“両親S”決定
『ピーターラビット』特報
手塚眞が新作の誕生秘話を語る
アンセル・エルゴートの新作が決定
『15時17分、パリ行き』メイキング映像

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)COLONY FILMS LIMITED 2016

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

吉祥寺  新宿三丁目 

他の地域

 

この映画のファン

  • hikarururu

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ&DVD発売記念! 小型飛行機弾丸ツアーでバリー気分を体感しよう!
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ