ただいまの掲載件数は タイトル61275件 口コミ 1165597件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アベンジャーズ/エンドゲーム > ニュース > 壮大なシリーズはいよいよ“大詰め”! 『アベンジャーズ』最新作の邦題が決定

壮大なシリーズはいよいよ“大詰め”! 『アベンジャーズ』最新作の邦題が決定

(2018/12/17更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


来年4月に公開になるマーベルの超大作映画の邦題が、原題と同じ『アベンジャーズ/エンドゲーム』になることが正式に発表された。タイトルの“エンドゲーム”とは英語の慣用句で“大詰め”や“終盤戦”を意味するが、本作で描かれるのは、アベンジャーズと最強の敵サノスの戦いの結末だけでなく、マーベル映画が10年以上をかけて描いてきた壮大なストーリーの“終盤戦”。世界の観客を熱狂させてきたドラマは、どんなかたちで決着するのだろうか?


『アベンジャーズ/エンドゲーム』

アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルク、スパイダーマンなど人気キャラクターを多数擁するマーベルは、自前の映画部門を設立した段階から壮大なプランを立てて製作にあたってきた。それは、個別のキャラクターを主人公にした映画をリリースしながら、彼らが集結する“アベンジャーズ”映画を定期的に公開し、複数の映画をフェーズ(期)に分けて描くというもの。このプランにより、ひとりひとりのキャラクターやドラマを複数の映画で描けるようになり、より豊かで壮大なドラマが描くことが可能になった。その一方で、彼らは“フェーズ3(第3期)”をシリーズの区切りになることを決めていたようで、10余年かけて3つのフェーズを描き、“結末”に向かって周到に準備を進めてきた。その結末こそが『アベンジャーズ/エンドゲーム』だ。

先ごろ全世界で解禁され、24時間の再生回数が2億8900万回を記録した予告編で登場人物たちは、これまで以上に過酷な状況に置かれている。強大な敵サノスは自らの計画を完遂させ、全宇宙の生命の半分は消滅してしまった。その結果、アベンジャーズのメンバーは仲間を、友を、愛する人を失い、現在は散り散りになって、その消息がわからないメンバーもいる。予告編の結末でキャプテン・アメリカは再び戦うことを宣言するが、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でアベンジャーズはサノスに対して“成す術”のない状態で、完結編になったから急に勝てるとも思えない。

それに、サノスとの戦いがあまりにも熾烈なため忘れがちだが、アベンジャーズのメンバーは現在、意見の対立から分裂状態にあり、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ではチームが二手に分かれてドイツの空港で拳を交える事態にまで発展。彼らの絆は完全には修復されていない。

マーベル映画の10年の歴史は“なぜ?”を描き続けてきた。なぜ、ヒーローとして戦うのか? なぜ、チームを結成するのか? なぜ、代償を払っても正義を貫こうとするのか? しかし、現在のアベンジャーズは自身の想いを完全に打ち砕かれるほどに叩きつけられ、すべてを失っている。最新作で彼らは再び自身に問いかけるのだろうか? なぜ、戦う? なぜ、集結する? どうすればサノスに勝てる? そして、勝って何が得られる?

予告編でトニー・スタークは語っている。「旅は必ず終わる」。彼の最初の物語『アイアンマン』から始まったマーベル映画の壮大な旅は、来年4月『アベンジャーズ/エンドゲーム』でついに終わりを迎える。



『アベンジャーズ/エンドゲーム』
2019年4月26日(金) 全国公開

【関連リンク】
監督が激白。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の“最重要テーマ”とは?
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が全シーンIMAXカメラで撮影された理由とは?
いよいよ今週末公開! トム・ホランドが語る『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
“すべて”はこの映画のために! マーベル映画トップが語る『アベンジャーズ』最新作
『ドクター・ストレンジ』からマーベル映画は“新次元”へ! スタジオのトップが語る

DVD情報


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

定価:4320 円(税込)
価格:3041 円(税込)
OFF:1279円(29%)
監督アンソニー AND ジョー・ルッソ
出演クリス・エヴァンス,ロバート・ダウニーJr.,スカーレット・ヨハンソン,セバスチャン・スタン,アンソニー・マッキー
発売日2018年04月04日

 


アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

定価:4536 円(税込)
価格:3500 円(税込)
OFF:1036円(22%)
監督アンソニー・ルッソ, ジョー・ルッソ
出演ロバート・ダウニー Jr.,クリス・ヘムズワース,マーク・ラファロ,クリス・エヴァンス,スカーレット・ヨハンソン
発売日2018年09月05日

 


【注目のニュース】
ラジー賞ノミネーションが発表に
『グリーンブック』予告公開
満足度第1位は『映画刀剣乱舞』
『人間失格』宮沢×沢尻×二階堂が競演
『マスカレード・ホテル』動員第1位!
『ダンボ』日本版ポスター公開
PGAに『グリーンブック』
SSFF&ASIA inハリウッド レポート
『COLD WAR あの歌、2つの心』日本公開
『マスカレード・ホテル』興収30億円超狙えるスタート!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2018 MARVEL

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • キャプテンコナミン
  • Yousuke  Takuma
  • こねこさま

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”