ただいまの掲載件数は タイトル60333件 口コミ 1160013件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > パシフィック・リム:アップライジング > ニュース > 団結して“KAIJU”に立ち向かえ! 監督&主演が語る『パシフィック・リム』最新作

団結して“KAIJU”に立ち向かえ! 監督&主演が語る『パシフィック・リム』最新作

(2018/04/10更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2013年にギレルモ・デル・トロが手がけた名作の続編『パシフィック・リム:アップライジング』がついに13日(金)から公開になる。デル・トロからバトンを受け取ったスティーヴン・S・デナイト監督と新キャストのジョン・ボイエガは、シリーズに新たな要素を盛り込み、“パシフィック・リムの真髄”を描くべく力を合わせたようだ。


ジョン・ボイエガ、スティーヴン・S・デナイト監督

フォトギャラリー

団結して“KAIJU”に立ち向かえ! 監督&主演が語る『パシフィック・リム』最新作
団結して“KAIJU”に立ち向かえ! 監督&主演が語る『パシフィック・リム』最新作
団結して“KAIJU”に立ち向かえ! 監督&主演が語る『パシフィック・リム』最新作

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

太平洋の深海の裂け目から凶暴な巨大生物“KAIJU”が出現したため、人類は英知を結集して巨人兵器イェーガーを開発。人々は、数々の困難に打ち勝って、KAIJUを退治し、人類に再び平和が訪れた。最新作『…アップライジング』は、あの日から10年の時が流れた世界が舞台だ。KAIJUと闘って散った英雄スタッカー・ペントコストの息子ジェイク(ジョン・ボイエガ)は、パイロットの素質がありながら組織を去り、現在は違法なビジネスで日銭を稼いでいる。そんなある日、彼は孤児の少女アマーラと行動を共にすることになり、ふたりとも逮捕されてイェーガーのパイロット養成学校へ送られる。自身の出自と運命に背を向けるジェイクと、ある理由からイェーガーに乗り込むことを強く願うアマーラは戸惑いながらも訓練を開始するが、そんな折、正体不明の黒いイェーガーが出現。再び深海の“裂け目”が開く。

デル・トロ監督が手がけた前作は、彼の怪獣への愛が炸裂した傑作になり、全世界に熱狂的なファンが出現したが、バトンを受け取ったデナイト監督は新作でKAIJUではなく“イェーガー”を物語の中心に据えている。「イェーガーは単なる巨大ロボや大きなメカではなくて、ふたりのパイロットが乗り込み、彼らが心を身体をひとつにしなければ動かない。この設定はこのシリーズにしかない独特なものだから、新作をつくる上ではまず、この設定にフォーカスをあてたものにしたかったんだ。もちろん、前作がKAIJUがメインに描かれていたから差別化したかったという気持ちもあるけど、僕にとって大事だったのは“人間が力を合わせなければ、敵に勝つことができない”という部分だね」

そこで監督は前作から10年後の次世代イェーガーとパイロットを登場させるべくデザインや設定をリニューアル。新しい武器や動き、バトルシーンが次々に登場するが、ボイエガは「この映画で最も大事なのはパイロット=人間のキャラクターだ」と力説する。「イェーガーはロボットというよりも、人間が中に入っている“巨大な殻”のようなものだと思う。人間の行動のスケールを拡大して描いているのがイェーガーなんだよ。そして、それはふたりのパイロットが息を合わせたものでなければならない。これこそが、『パワー・レンジャー』に出てくる巨大ロボとか『トランスフォーマー』と違うポイントなんだ。だからこの映画ではとにかくキャラクター表現を大事にしたし、彼らの内面を重視して演じるようにしたよ」

興味深いのは、ジェイクが日本の多くのロボットアニメの主人公同様、物語の冒頭では巨大ロボに乗りたいとは思っていないことだ。彼もまた、父と関係に何らかのわだかまりを感じており、巨大ロボットに乗り込むことから遠ざかろうとするが、未曾有の危機が訪れたことで、ロボットに乗らざるをえなくなる。さらに本作で彼は自身の葛藤と戦いながら、まだ若いアマーラの指導もしなければならない。「確かにこれまでにない設定だよね。ジェイクは自分が成長を求められている立場なのに、若い女の子の指導者でもあるんだ。ジェイクが彼女にとって正しい指導者かどうかはわからないし、ジェイクにはその準備も出来ていない。でも、彼は先生的なポジションに置かれてしまうんだよ。僕が思ったのは、ジェイクとアマーラはお互いに“学びあう”存在だってことだ。言い争ったり、関係がこじれたりするけど、ふたりのやりとりは本当に面白いんだよ!」(ボイエガ)

責任感のある大人になる準備ができていなくても、危機は突然に、KAIJUは予告なくやってくる! しかし、デナイト監督は「だからこそ、人間は協力しあって団結しなければならない。それこそが『パシフィック・リム』シリーズの“真髄”なんだ!」と高らかに宣言する。「様々な人々が違いや立場を超えて団結して共に戦う。これはSFの中では最もクラシカルな設定だし、この映画のDNAだと思う。新作では前作のような“国別代表”のイェーガーをやめて、PPDC(パン・パシフィック・ディフェンス・コープ)のイェーガーが戦うようにした。人類は、あらゆる垣根を越えて、みんなで力を合わせて戦わなければならない。それこそがこの映画で最も伝えたかったことだ。英国やアメリカだけでなく、日本や中国など様々な国から国際色豊かなキャストに集まってもらったのもそのためなんだよ!」

巨大なイェーガー、巨大なKAIJU、そして、それよりも巨大な人間の団結力! 様々な場所から集まったスタッフ・キャストが力を合わせて作り上げた『…アップライジング』は、前作以上に世界の観客をわかせることになりそうだ。

『パシフィック・リム:アップライジング』
4月13日(金)より全国公開

【関連リンク】
『パシフィック・リム』続編はどうなる? “怪獣愛”炸裂の監督に直撃取材!
東京の高層ビル群をも武器に! 『パシフィック・リム:アップライジング』本編映像公開
新田真剣佑がバトルスーツを纏った姿も  『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告公開
世界で唯一のデザイン! 『パシフィック・リム:アップライジング』日本オリジナルポスター

DVD情報


パシフィック・リム [Blu-ray]

定価:2571 円(税込)
価格:1547 円(税込)
OFF:1024円(39%)
監督ギレルモ・デル・トロ
出演チャーリー・ハナム,イドリス・エルバ,菊地凛子,チャーリー・デイ,ロブ・カジンスキー
発売日2014年07月09日

 


【注目のニュース】
武正晴監督と村上虹郎が語る『銃』
『渋谷ミニシアター手帖』無料配布
エヴァ・ロンゴリアが監督デビュー
『プーと大人になった僕』特別映像
『アリー/ スター誕生』本予告
舞台『少年たち』初映画化決定
オードリー・ヘプバーンを特集
『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』メイキング
P・サースガード、L・シュライバーが共演
『来る』特別コラボ映像公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • Hoshimi
  • 高城剣
  • ビューティ★佐口

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”