ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157224件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017》 > ニュース > SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017開催決定!コンペティション3部門作品の募集も開始

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017開催決定!コンペティション3部門作品の募集も開始

(2017/01/13更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


次代を担う映画界の才能を発掘している“SKIPシティ国際Dシネマ”が7月15日(土)から23日(日)の9日間かけ、今年も開催されることが発表された。


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016表彰式の様子

本映画祭は、デジタルシネマにフォーカスし、新たな映画作家の発掘と育成、映像産業の発展への寄与を目的に2004年より開催されているもので、今年で14回目を迎える。過去には『うつろいの季節』のヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督、『日本で一番悪い奴ら』『牝猫たち』の白石和彌監督、『シンプル・シモン』のアンドレアス・エーマン監督が受賞を果たしている。本映画祭にて2012年に『チチを撮りに』で日本人初の長編部門・監督賞を受賞した中野量太監督が『湯沸かすほどの熱い愛』で商業デビューを果たし数多くの賞に輝き、2013年に『神奈川芸術大学映像学科研究室』で長編部門・審査員特別賞を受賞した坂下雄一郎監督は商業映画デビュー作品『東京ウィンドオーケストラ』が今月21日(土)から公開されるなど、本映画祭の監督たちが目覚ましい活躍を見せている。

コンペティション部門は、長編・短編・アニメーションの3部門に分かれ、3月1日まで作品を募集している。各部門の概要は下記の通り。なお、ノミネート結果、賞構成、審査員は後日、記者会見および公式サイトにて発表される。

■長編部門(国際コンペティション)
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、長編映画制作本数が4本以下の監督による70分以上の作品を世界中から公募。主催者賞のほか、国内作品を対象に今後の活躍が期待される監督に対し、SKIPシティでの次回企画制作を支援する“SKIPシティアワード”が贈られる。

■短編部門(国内コンペティション)
日本の若手映像クリエイターを発掘し、世界に活躍の場を広げるための支援を目指して、国内作品に限定した部門。デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、15分以上30分以下の作品を公募。主催者賞のほか、最優秀作品賞には副賞として次回の企画制作を支援する“SKIPシティアワード”が贈られる。

■アニメーション部門(国内コンペティション)
日本のアニメーション作家の発掘と支援を目的に、国内作品に限定した部門。デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、30分以下のアニメーション作品を公募。主催者賞のほか、最優秀作品賞には副賞として次回の企画制作を支援する“SKIPシティアワード”が贈られる。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017
会期:7月15日(土)から23日(日)まで
会場:SKIPシティ 映像ホール/多目的ホール (埼玉県川口市) ほか
内容:長編部門(国際コンペティション)、短編部門(国内コンペティション)、アニメーション部門(国内コンペティション) ほか特別上映、関連企画、関連イベント等多数予定

【関連リンク】
“SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016”閉幕。最優秀作品賞はメキシコ映画に!
若手監督の登竜門“SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016”が今年も開幕
SKIPシティ国際Dシネマ公式サイト

【注目のニュース】
モダン・アートの名品が勢ぞろいする『フィリップス・コレクション展』
『オボの声』監督&出演者が語る
『春待つ僕ら』本予告公開
『A GHOST STORY』本予告公開
『マスカレード・ホテル』予告公開
マイケル・B・ジョーダン主演作
小野塚勇人、大杉漣との共演で得たもの
国内過去最大規模のルーベンス展が開幕!
アンジュルム・和田彩花のアート連載がスタート!
I・エルバが『キャッツ』出演か

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集