ただいまの掲載件数は タイトル59231件 口コミ 1149000件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ムーンライト > ニュース > 【第89回アカデミー賞】絶妙MCで“反トランプ一色”を回避

【第89回アカデミー賞】絶妙MCで“反トランプ一色”を回避

(2017/02/27更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドラマチックというべきか、はたまた前代未聞のドタバタ劇か? 第89回アカデミー賞授賞式は史上まれに見るハプニングで幕を閉じた。作品賞に輝いたのは、バリー・ジェンキンス監督の『ムーンライト』。もちろん、作品賞に値する完成度だが、ライバルであり当初は歓喜に沸いた『ラ・ラ・ランド』の関係者ともども、後味の悪いエンディングだったはずだ。


『セールスマン』

フォトギャラリー

【第89回アカデミー賞】絶妙MCで“反トランプ一色”を回避
【第89回アカデミー賞】絶妙MCで“反トランプ一色”を回避
【第89回アカデミー賞】絶妙MCで“反トランプ一色”を回避

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

まさかの出来事で、すべては吹っ飛んでしまった感があるが、本年度の授賞式は当初「反トランプ一色になるのではないか?」と予想されていた。結果から言えば、「それほどではなかった」という印象。司会を務めた人気コメディアンのジミー・キンメルが、絶妙なさじ加減で“トランプいじり”を繰り広げたおかげで、政治色の強い雰囲気は回避された。

「今日は世界中の人たちが、この番組を観ています。今やアメリカのことを嫌っている国ばかりですけど」「今、アメリカは分断されている。意見の異なる者同士が思慮深く、ポジティブな対話することこそが“アメリカを偉大”にできる」とキンメル。女優賞の話題に触れ「アカデミー賞は出身国で差別しない。年齢と体重で差別するんです」と笑いを誘い、着飾った女性スターに「いいドレスだね、(トランプ大統領の娘で、実業家の)イヴァンカのドレスかい?」と声をかけていた。

もちろん、反トランプの声が皆無だったわけではない。アニメ賞のプレゼンターを務めたメキシコ出身のガエル・ガルシア・ベルナルは、「メキシコ人として、移民労働者として、人間として、壁には反対です」と反トランプの姿勢を明確に打ち出した。この発言は直後に発表された長編アニメ賞で、アメリカの繁栄を支える多様性を描いた『ズートピア』が栄冠に輝く“お膳立て”となり、同作の共同メガホンをとったリッチ・ムーア監督は、「寛容さは他者への恐怖より力強い」とスピーチした。

また、『セールスマン』で2度目の外国語映画賞を受賞したイラン人監督のアスガル・ファルハーディーは、トランプ政権が進める移民の入国制限に抗議し、主演女優のタラネ・アリシュスティとともに授賞式への参加を辞退した。

『セールスマン』
6月ル・シネマほか全国順次ロードショー

第89回アカデミー賞授賞式
WOWOWにて2月27日夜9:00から(字幕版)

文:内田 涼

【関連リンク】
WOWOWアカデミー賞特集
【第89回アカデミー賞】『ムーンライト』が逆転で作品賞! まさかのハプニングで会場は大混乱
『セールスマン』作品情報
『ムーンライト』作品情報
全世界が注目! 映画『ラ・ラ・ランド』の監督が追いかける“夢”とは?

【注目のニュース】
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#23
平手友梨奈主演『響 -HIBIKI-』予告映像
是枝裕和監督最新作、製作決定
GINZA SIX屋上庭園にチームラボ作品登場
『コールドケース2 』第2弾ゲスト俳優発表
上田慎一郎監督、VR映画に挑戦
今年のエミー賞ノミネーションは
仏の名優が主演する注目作が公開
『ジュラシック…』監督が語る
『グリンチ』日本版予告公開

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)MEMENTOFILMS PRODUCTION ASGHAR FARHADI PRODUCTION ARTE FRANCE CINEMA 2016

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • なつみかん。
  • エージ
  • 小波

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

ムーンライト コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4656円(税込)
  • OFF:1608円(25%)

 


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!