ただいまの掲載件数は タイトル56175件 口コミ 1109493件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 破裏拳ポリマー > ニュース > 溝端淳平と山田裕貴が語る『破裏拳ポリマー』最大の魅力とは?

溝端淳平と山田裕貴が語る『破裏拳ポリマー』最大の魅力とは?

(2017/05/11更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1970年代に放映され、人気を集めた伝説のヒーローアニメを実写化する『破裏拳ポリマー』が5月13日(土)から公開になる。本作は特殊装甲スーツを身に着けた主人公・鎧武士が活躍するアクション大作だが、キャストの溝端淳平と山田裕貴は「ドラマ部分がしっかりと描かれているのが、本作の最大の魅力」だと声を揃える。


溝端淳平、山田裕貴

フォトギャラリー

溝端淳平と山田裕貴が語る『破裏拳ポリマー』最大の魅力とは?
溝端淳平と山田裕貴が語る『破裏拳ポリマー』最大の魅力とは?
溝端淳平と山田裕貴が語る『破裏拳ポリマー』最大の魅力とは?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

映画は、警視庁と防衛省が秘密裏に開発するも何者かに奪われ、悪用されている特殊装甲スーツ“ポリマーシステム”を取り戻すため、国内外を彷徨う流浪の探偵・鎧武士(溝端)と、正義感が強くて心優しい刑事・来間譲一(山田)がコンビを組んで立ち向かう物語を描いている。基になっているのはアニメーションだが、現代の観客に“刺さる”内容にするべくキャラクターやデザインをアレンジし、肉弾アクションを盛り込んでいる。

溝端と山田は本作が初共演だが、撮影の初日から息が合ったという。「会う前は、悪役を演じていたときのイメージがあったからか、ツンとした人なのかなぁと思っていたんですけど、実際に会うと本当に育ちのいい人で! ご両親の育て方が本当に良かったんだろうなと思うぐらい(笑)。でも熱いところもあるし、演技に対しても真剣ですし、男も好きになる魅力のある人ですよね。僕はこの作品では、あえて“理性”ではなく“本能”で動くようにしていたんですけど、裕貴はちゃんと理性的に演技を組み立ててくれていて、コミカルなシーンでもリアクションも含めてちゃんと考えていてくれた。そこは助かった部分がすごく大きいです」(溝端)

「僕にとって溝端さんは、学生時代からずっとテレビで見てきた存在で、最初は『ああ! 溝端くんだ!』という憧れの人に会ったような感覚だったんです (笑)。撮影の初日からお芝居的に難しいシーンでも、溝端さんから『やりづらいところはない?』って聞いてきてくれて、その一瞬で緊張がほぐれて、対等に接していいんだなって思えました。以降は弟のようにかわいがっていただいています。台本を読んだ時点から、自分のリアクションが重要になることはわかっていたんですけど、すべては溝端さんが動いてくれるところから始まるんです。ふたりとも考え込んでしまったら、うまくいかない場合もありますが、今回は溝端さんが迷わずに動いてくれたので、僕は“そうであれば、この部分で反応しよう”と考えられました。なので、歯車がパチンと合った感じでしたね」(山田)

撮影現場でのふたりは良いコンビだったようだが、劇中に登場する鎧武士と来間譲一は、何もかもが正反対の凸凹コンビだ。一子相伝の奥義“破裏拳流”を習得している武士は、圧倒的な戦闘能力を誇るが事務所の家賃すら滞納している“パッと見は”ダメ人間。一方の譲一は、真面目な刑事で、不正や悪を許すことができないが、優しすぎるがゆえに敵に立ち向かう勇気を持てないでいる。映画では、そんなふたりがコンビを組み、やがて“バディ(相棒)”になっていくドラマが描かれる。

「男って“お前は俺の親友だから”って言わなくても、一緒にいることが多くて、周囲からみるとそれがバディに見える。趣味や好みが合うわけではないし、真逆の生き方をしているんだけど、芯の部分で似ている部分がある人間関係ってあると思うんです」(溝端)、「すごくベタな回答かもしれないですけど、相棒って“自分にないものを持っている人”ですよね。人って、自分が理想としている人間像とかけ離れている相手から学ぶこともありますし、その人の自分とは違う部分をカッコいいと思えることもあると思うんです」(山田)

映画は、ポリマーシステムによって驚異的なまでに能力が拡張された者たちの熾烈なバトルが描かれるが、武士と譲一がバディになっていく過程や、ポリマーシステム誕生に隠された秘話、そして観客の予想を裏切る事件の黒幕の存在など、気になるドラマもたっぷりと盛り込まれている。山田は「人間性やドラマ部分がしっかりと描かれている部分がこれまでのヒーローものとは一番違う部分だと思います」と言い、溝端は「台本を読んだ時から、成長ドラマや青春群像劇、親子愛の要素もあって、真ん中にしっかりと“芯”の通っている話だと思いました。だからこそ、観に来た人に“予想以上にいい映画だな”と思ってもらえたらうれしいです」とメッセージをおくった。

『破裏拳ポリマー』
5月13日(土)全国公開

【関連リンク】
『破裏拳ポリマー』作品情報
『破裏拳ポリマー』特集
『破裏拳ポリマー』公開記念映画祭“東京特撮&アクションフィルムフェスティバル”開催!
溝端淳平&山田裕貴が大はしゃぎ 『破裏拳ポリマー』完成披露舞台挨拶
『破裏拳ポリマー』דan超バイト”がコラボ  “破裏拳流奥義”を取得するチャンス?
伝説のヒーローが実写版で新生! 『破裏拳ポリマー』予告編が公開

【注目のニュース】
ディーン・フジオカ、結婚詐欺師を演じる
『ハクソー・リッジ』本編映像
ハン・ソロ映画の新監督が決定
宮崎駿『メアリと魔女の花』観ない?
『ピノキオ』MovieNEXボーナス映像
『東京喰種』大泉洋場面写真
『キングスマン…』予告映像
“スパイダージェット”記念イベント
『エグゼイド』に復活、小野塚勇人の心境は?
ハン・ソロ映画を引き継ぐ監督は?

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
破裏拳ポリマー

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝