ただいまの掲載件数は タイトル57861件 口コミ 1131025件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > オリエント急行殺人事件 > ニュース > アガサ・クリスティ社CEOが語る映画『オリエント急行殺人事件』の魅力

アガサ・クリスティ社CEOが語る映画『オリエント急行殺人事件』の魅力

(2017/10/18更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


“ミステリーの女王”とも称される作家アガサ・クリスティの名作『オリエント急行殺人事件』がこの冬、映画化される。クリスティ作品はこれまでに繰り返し映像化・舞台化されてきたが、本作は名匠ケネス・ブラナーが監督と主演を務め、全編を70ミリフィルムで撮影した超大作だ。彼女の小説はなぜ、長きに渡って愛され続けるのか? アガサのひ孫で、アガサ・クリスティ社の会長兼CEOを務めるジェームズ・プリチャードに話を聞いた。


『オリエント急行殺人事件』の原作者アガサ・クリスティ

フォトギャラリー

アガサ・クリスティ社CEOが語る映画『オリエント急行殺人事件』の魅力
アガサ・クリスティ社CEOが語る映画『オリエント急行殺人事件』の魅力

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

アガサ・クリスティは85年の生涯で、長編小説を66作、短編小説を156作、戯曲を15作残したが、それらは1955年に設立されたアガサ・クリスティ社が管理しており、世界中の映像・舞台製作者や作家と連携しながら彼女の作品を現代の観客に届ける業務を行っている。今回の映画化ではエグゼクティブ・プロデューサーを務めたプリチャードは「私たちが最も重視しているのは“柔軟性”です」と語る。「もちろん、ストーリーのエッセンスは守らなければならないと思いますが、私たちは常に新しいアイデアに対してオープンな姿勢でいたいと考えています。現在、アガサ・クリスティ原作のTVシリーズは世界中で放映されていて、フランスでは長寿シリーズになっていますし、日本でも成功した作品がありました。彼女の作品を愛し、忠誠を誓うファンは世界中にいて、中でも日本のファンの方は本当に熱心で、私よりも作品に詳しい人が多くて驚かされた記憶があります(笑)。映像制作者はみな、彼女の作品に敬意をもって映像化してくれています」

中でも1934年に発表された『オリエント急行殺人事件』は彼女の代表作のひとつで、イスタンブールを出てフランスに向かうオリエント急行に乗り込んだ名探偵ポアロが殺人事件に遭遇し、経歴や身分の違う様々な容疑者に囲まれ、事件解決に向けて奔走する様が描かれる。作品の最大のポイントは個性豊かな乗客=容疑者たち。映画ではミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチら主役クラスの名優が演じているが、プリチャードは「アガサ・クリスティはトリックよりも人間というものに興味を抱き続けていた」と語る。「彼女は犯罪を描く上で、なによりも“犯罪の動機”にこだわりました。おそらく彼女は、殺人というのものが私たちの日常からそれほど遠くない場所にあるもの、つまり私たちの身にも起こりえるものだと捉えていたのでしょう」

その一方で、アガサ・クリスティは「殺人はどんな事情があったとしても許されるものではない」と考えていたようだ。「彼女はとても正義感の強い人で、誰でも殺人をしてしまう可能性があると言いながら、同時に殺人がどれだけ悪いことなのかを描き続けてきたのだと私は考えています。時に彼女の小説を、読んでいて居心地の良さを感じる“Cozy crime”だと称する人がいますが、決してそうではなくて、彼女は犯罪というものをシリアスに捉えていましたし、どんなにイヤな人間が殺されたとしても、殺人は社会的に容認されるべきものではないと考えていました」

ここまでにプリチャードが語った3つのポイント、原作への敬意、人間を深く見つめる姿勢、そして社会正義、それらすべてが今冬公開の映画にはしっかりと盛り込まれているそうだ。「この3つの要素はすべて盛り込まれています。私は映画の冒頭5分間を観た段階で“これは大丈夫だ。非常に面白い映画になる”と確信しました。ポアロというキャラクターは少し横柄だけどユーモアがあって、思わず好きになってしまう不思議な人物なのですが、映画の冒頭5分だけでポアロがどんな人間なのかわかるんですよ! もちろん映画のために脚色している部分もありますが、脚本家のマイケル・グリーンさんはアガサ・クリスティのことを深く理解した上で脚本を執筆してくれました」

さらにプリチャードはこの作品は「映画館の大きなスクリーンで観たくなる作品」だという。「現代はコンパクトに映画を作れる時代になりましたが、20世紀フォックス社は大きな予算を投じて、豪華なキャストを起用して映画化したいと当初から言っていましたし、ケネス・ブラナー監督はこの映画は絶対に70ミリのフィルムで撮影したいと強く主張しました。大規模でスケール感のある作品になったので、人は家から出て映画館に行きたくなるでしょうね。ケネスは列車という密室を物語の舞台の中心に置きながら、同時にカメラを列車の外に置いて雄大な空間も描いていますよ」

『オリエント急行殺人事件』
12月8日(金)より全国ロードショー

【関連リンク】
『オリエント急行殺人事件』作品情報
全員名優! 『オリエント急行殺人事件』予告編&ポスタービジュアル到着
『オリエント急行殺人事件』ポスタービジュアル公開 ケネス・ブラナーのコメントも
ジョニー・デップが刺殺される被害者に 『オリエント急行殺人事件』予告編
ケネス・ブラナー、ジョニー・デップら“豪華過ぎる”『オリエント急行殺人事件』12月日本公開決定!

DVD情報


オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

定価:1543 円(税込)
価格:927 円(税込)
OFF:616円(39%)
監督シドニー・ルメット
出演アルバート・フィニー,ローレン・バコール,イングリッド・バーグマン,ジャクリーン・ビセット,ショーン・コネリー
発売日2013年08月23日

 


【注目のニュース】
庵野秀明&黒沢清が特別出演!?
長澤まさみ、共演の高橋一生は「頼りになる兄貴」
TOHOシネマズ 熊本オープンへ
J・チャステイン×O・スペンサーが共演
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#17
『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミア
BB-8に密着取材! SW特別映像
『曇天に笑う』場面写真到着
『ライオンは今夜死ぬ』監督が語る
キャストが語る『パディントン2』

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation/The Christie Archive Trust

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

立川  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  豊島園  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  錦糸町  新宿三丁目  日比谷  日本橋  二子玉川  お台場  調布 

他の地域

 

この映画のファン

  • hikarururu
  • マリナハート
  • 黒蜜わらびもち
  • zakkey
  • santana
  • 白桃-hakutoh-
  • ☆HIRO☆
  • ぱおう
  • Stella
  • リリーローズ908

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ&DVD発売記念! 小型飛行機弾丸ツアーでバリー気分を体感しよう!
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ