ただいまの掲載件数は タイトル57617件 口コミ 1126834件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 人生フルーツ > ニュース > 東海テレビのドキュメンタリー『人生フルーツ』が満足度1位! アニメ作品も上位に!

東海テレビのドキュメンタリー『人生フルーツ』が満足度1位! アニメ作品も上位に!

(2017/01/10更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「ぴあ」調査による2017年1月2日、6日、7日のぴあ映画初日満足度ランキングは、東海テレビによる劇場ドキュメンタリー第10弾『人生フルーツ』がトップに輝いた。2位には“ノイタミナ”枠で放送され話題を呼んだTVアニメの劇場版『甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命』、3位には西尾維新の原作小説を3部作でアニメ映画化した完結編『傷物語〈III冷血篇〉』が入った。


『人生フルーツ』

フォトギャラリー

東海テレビのドキュメンタリー『人生フルーツ』が満足度1位! アニメ作品も上位に!
東海テレビのドキュメンタリー『人生フルーツ』が満足度1位! アニメ作品も上位に!
東海テレビのドキュメンタリー『人生フルーツ』が満足度1位! アニメ作品も上位に!

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『人生フルーツ』は、愛知県で暮らす90歳の建築家・津端修一さんと、87歳の妻・英子さんが、野菜や果実を育てながら毎日を穏やかに、コツコツと生きる姿を通して、“真の豊かさとは何か”を描いた作品。劇場には20代から高齢者まで幅広い世代が来場しており、出口調査では「高齢者のこれからの生き方の参考になるような映画」(71歳・女性)、「ふたりのような暮らしを老後の選択肢のひとつにしたい」(56歳・男性)など声が聞かれ、年配の観客にとって“老後の人生”を見つめ直すきっかけになったようだ。一方で若い世代にとっては、「老夫婦を描いていて、コンセプトそのものが新鮮。周囲や家族、地域にも影響を与えるふたりの姿を観て、自分自身の人生の糧にしたいと思った。夫婦の理想像が描かれているので、若い人にもおすすめ」(29歳・男性)など“夫婦の在り方”について考えるきっかけにもなったようだ。

またふたりのスローライフは、年齢問わず、日々を慌しく過ごす現代人にとって新鮮に映ったようで、観客からは「物は無くても、夫婦の愛情の掛け合いで人生は豊かになると思った」(69歳・女性)、「縛られず自由に生きていて、人間が望む幸せとはこのような生き方なんだと感じた」(50歳・男性)などのコメントが寄せられた。

2位、3位にはアニメ作品がランクイン。いずれもTVアニメや小説が原作で、シリーズファンからは大きな期待が寄せられていたが、『甲鉄城のカバネリ…』は、「アクション、メイクアップシーンが大画面で観ると迫力がある。家のTVじゃもったいない!」「前編・後編でテーマが変化していてどちらも楽しめた」。『傷物語〈III冷血篇〉』は、「原作に忠実。(公開を)長く待っていたが期待を裏切らない」「大画面で観るからこそ、映像の美しさを感じた」などの感想があがり、ファンも納得の仕上がりになっていたようだ。

(本ランキングは、1/2(月)、6(金)、7(土)に公開された新作映画12本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

【関連リンク】
ぴあ映画生活「映画満足度ランキング」
『人生フルーツ』作品情報
『甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命』作品情報
『傷物語〈III冷血篇〉』作品情報

【注目のニュース】
SAGのノミネーションが発表
デイジー・リドリーが新作を語る!
『さよ朝』声優&主題歌決定
マーク・ハミルがSW新作を語る
『15時17分、パリ行き』日本公開決定
細田守監督最新作、来夏公開へ
『羊と鋼の森』ティザービジュアル
SW最新作がいよいよ公開!
『リメンバー・ミー』日本版予告編
阿部寛「最後にふさわしい作品になった」

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
人生フルーツ

(C)東海テレビ放送

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

東中野  渋谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • Okera

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン