ただいまの掲載件数は タイトル60603件 口コミ 1162066件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー > ニュース > スーパーバイザーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開

スーパーバイザーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開

(2018/09/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


10月3日(水)に先行デジタル配信が開始され、10月17日(水)にMovieNEXが発売される『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。この度、本作でデジタル・ペイントとロトスコープ・スーパーバイザーを務めたベス・ダマトと、共同プロデューサーとビジュアル・エフェクト・スーパーバイザーを務めたロブ・ブレドウのインタビューが公開された。


『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

フォトギャラリー

スーパーバイザーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開
スーパーバイザーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開
スーパーバイザーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

ダマト、ブレドウそれぞれに、本作でどのような取り組みをしたのか聞くと、「私たちの役割は、シーンから何かをペイントで消して、何かをそこにペイントするの。それを完全にフォト・リアルのまま、すべて2Dの世界でやるわ。そしてまたロトスコープでは、私たちの役目は基本的に実写のフッテージの中のものを切り抜くことなの。そしてそれらは、(ショットの中に)インサートしないといけないCGでアニメートされたキャラクターやCGの要素の上に合成されることになるわ。また私たちは、そのキャラクターの前にこないといけない何かのマットを作ったり、それが(ショット内で)一体となっているように見えるようにするの」とダマト。

共同プロデューサーでもあるブレドウは、「(監督の)ロン・ハワードのために働いて、ビジュアルをちゃんと彼の期待に応えるものにし、作品の中のすべての仕事を僕らがちゃんとやれるようにするんだ」と答える。

時代設定が『エピソード4』と『エピソード3』の間である本作について、ルックや質感などで注意したことを聞くと、ブレドウは「僕らは、自分たちが撮影している時代に合ったカメラのレンスを選んだ撮影監督のブラッドフォード・ヤングと密接にコラボレートした。それらは昔のレンズで、30年、40年、50年経ったレンズを彼は使ったんだ。そして、僕らが自分たちのデジタル・ショットを加えるとき、それらのレンズにマッチするようにした。そういったレンズのボケ具合や、ヴィネット(歪み、ぼけ)、色合いにね。僕らはそういったことが自分たちのデジタル環境でマッチすることにとても注意を払った。そうすれば、それらはすべて、ひとつの一貫したスタイルで撮影されたように感じられる。そして、そのスタイルは、現実的でちょっと昔のものに感じられるようにデザインされていた。あたかも1970年や1971年に撮影されたかのように。『エピソード4』が公開される数年前にね」と語る。

そして、「私たちの部門、ペイント・チームの多くは、もし彼らがシーンから何かを取り除くとしたら、彼らは基本的に、まったく新しいクリーンなプレートに入れたがるわ。シーンのすべてを入れ替えてね。もしワイヤーがフレームの半分まで入っていたら、彼らは、フレームのそのサイド全体を入れ替えるかもしれない。(でも)私たちのチームはそれはやらない。私たちは背景を出来るだけいじらないようにした。そしてこの場合、それはとても有益だった。本物っぽいルックを維持するのに、セットには多くの労力が注がれていたの。それはコスチュームを着た人だったりするけど、私たちは間違いなくそういったことを維持したかった。だから何度も、背景の人がいて、最終的に彼らをペイントし、フレームごとに再現することになった。なぜなら、彼らはシーンを通して動いているの。ただ彼らを取り除くのではなくね。そこにあった煙や空気感とかも同じね。私たちはそういったことを維持しようとしたわ」とダマトが続ける。

視聴者に何度も観てもらいたいシーンを問われると、「僕らは列車強盗のシークエンスに多くの仕事を注いだ。僕は、その仕上がりをとても楽しんだよ。そのシーンの中では、実際かなり多くのことが起きている。そして、観客はリオと会う時間がかなりあって、いくつかスペクタクルの大きな瞬間がある。でもまた、そのシーンの間で起きるとても重要なキャラクターの瞬間がある。僕らが失うキャラクターや、僕らが紹介するキャラクターと一緒に、それがその後の作品をセットアップするんだ。だから僕にとっては、それは作品の中でナイスで重要なシーンのひとつだ。ビジュアル・エフェクトの豪華な見せ場であるのに加えてね」とブレドウは答え、ダマトは「私は、そのシークエンスをプリビズで見ていて、“これをどうやってやるのだろう?”となっていたわ。そして、作品を初めて見たとき、“これはゴージャスだ”と思った。私たちは当然だけど、ケッセル・ランについてかなり話している。でも、列車のシークエンスは、この作品の中で、本当に見事に仕上げられたシークエンスなの」と続けた。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
10月3日(水)先行デジタル配信開始
MovieNEX/4,200円+税、4K UHD MovieNEX/8,000円+税、4K UHD MovieNEXスチールブック(数量限定)/9,000円+税
10月17日(水)発売

【関連リンク】
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』作品情報
プロダクション・デザイナーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開
オールデン・エアエンライクとロン・ハワード監督からのメッセージ 『ハン・ソロ』インタビュー映像公開
『ハン・ソロ』動員ランキングV2!『虹色デイズ』は3位
『ハン・ソロ』動員ランキング初登場1位!『万引き家族』も好調!

【注目のニュース】
『プーと大人になった僕』メイキング公開
『40万分の1』は、異色の就活青春エンタメ
AAFCA、作品賞は『ブラックパンサー』
『ONE PIECE』最新作特報
『シュガー・ラッシュ:オンライン』特別映像
『The Guilty』がハリウッドリメイク
『ひつじのショーン』第2弾公開決定
横浜流星、今年の漢字は“縁”
インド映画『パッドマン』が出口調査で高評価
『ファンタビ』動員ランキングV3!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(c)2018 & TM Lucasfilm Ltd.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • YKA
  • チキ
  • Yousuke  Takuma
  • みかずき
  • KERO
  • FOXHEADS
  • ラッキーココア
  • 高城剣
  • のんべののん太
  • mikikar

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”