ただいまの掲載件数は タイトル60556件 口コミ 1161944件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー > ニュース > プロダクション・デザイナーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開

プロダクション・デザイナーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開

(2018/08/28更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


10月3日(水)に先行デジタル配信が開始され、10月17日(水)にMovieNEXが発売される、『スター・ウォーズ』シリーズ屈指の人気を誇るハン・ソロの若き日を描いたアクション・アドベンチャー超大作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。この度、本作のプロダクション・デザイナーであるニール・ラモントのインタビューが公開された。


『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

フォトギャラリー

プロダクション・デザイナーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開
プロダクション・デザイナーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開
プロダクション・デザイナーが語る『ハン・ソロ』 特別インタビュー公開

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で共同プロダクション・デザイナーを務めたラモントは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でスーパーバイジング・アート・ディレクターを務めたのち、本作のプロダクションデザイナーを務めた。

これまでに関わってきた『スター・ウォーズ』作品とは違う、本作での新たな挑戦について問われたラモントは、「新たな挑戦は常にあります。新たな環境(世界観、舞台設定)がありますからね。本作の新たな環境としてはコレリアがありました。有名な宇宙船造船所のある惑星で、ミレニアム・ファルコンが製造された場所。ハン・ソロもこの惑星の出身です。惑星ミンバンも登場します。私の責任は、そういった新たな環境のルックスや雰囲気を形作ることなんです。今回はそれが多かったです。惑星ヴァンドアもそうでした。ケッセルも。ここは“ケッセル・ラン”とともに(『スター・ウォーズ』の世界で)伝説となっている場所です。そして最後に登場した惑星サヴァリーン。ここは西部劇に出てくるような睨み合いが行われ、悪者、いい奴、そして悪者であるドライデン・ヴォスが対峙するお馴染みの場面です」と答える。

次に、今作でお気に入りの舞台やセット、創るのが楽しかったのはどれかと聞かれたラモントは、「1番面白かったのはロケで撮影した惑星サヴァリーンですね。私はそんなに多くの時間は現地にいられませんでしたが、隔週で現地に行き、セットがすべて予定通りに進行していたか、仕上げはうまくいっていたかをチェックしました。ロケの厳しい環境下で仕事をする難しさもありました。それと物語の中の立ち位置です。つまり、帝国に対する反乱軍が立ち上がるまでの苦悩が集約される場面でもあるわけです。だからあのセット自体が自分にとっては大きな部分を占めていました。あのセットを実現させる過程にはたくさんの不安や苦しみも詰まっています」と語り、さらに「撮影中、私が『バースデー』と口にすることがありまして。未完成のセットを見て、建築マネージャーとスーパーバイザーにわたしはこう言うんです。『今日は私のバースデーだ』と(誕生日だからお願いを聞いてくれという意味で)。彼らはその言葉が、セットに変更を加えてくれ、もっと何か足しくれ、と意味しているのがすぐに分かるんです。そういう変更点というのは、デザインしている時や、絵に描いている時には分からないんです。でもセットを実際に見ると、本能的に分かる。つまり、セットをもう半歩上のレベルに押し上げるための何かなんですね。そういうことはいつもチャレンジですよ」と語る。

そしてさらにラモントは、プロダクション・デザイナーならではのトリビアや隠れネタについてこう語る。「隠れネタのひとつは、ハン・ソロがレディ・プロキシマのアジトにいる時、石を投げて黒い遮光ガラスを割り、紫外線を室内に通してプロキシマを日焼けさせるというシーンがあります。当初は、ガラスが割れるとその向こうにうっすらとやや分解されたミレニアム・ファルコンが見える、という予定でした。その他にもセットデコレーション部や小道具部が結構隠れネタを入れています。特にドライデン・ヴォスの書斎には隠れネタが沢山ありますよ」

最後にラモントは、ブルーレイとデジタル配信のリリースを楽しみにしている日本のファンに向けて、「この映画は色々とドタバタがありました。しかし、まずは監督のフィル・ロード&クリス・ミラー、そして最終的にはロン・ハワード監督と仕事ができ、素晴らしい経験となりました。色々なロケ地に行けたのも良かったです。そして『スター・ウォーズ』の世界において新たな世界をたくさん創り上げることができたことも信じられないくらいうれしいです。そうすることが、美術部、クルー、撮影監督のブラッドフォード・ヤングなどすべての部門の人を限界まで押してくれたんです。素晴らしいことだと思います。それが映画にも反映されています。この映画に関わった人すべてが、この作品を愛し、情熱を注いだという証です」とメッセージを述べて締めくくった。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
10月03日(水)先行デジタル配信開始
MovieNEX/4,200円+税、4K UHD MovieNEX/8,000円+税、4K UHD MovieNEXスチールブック(数量限定)/9,000円+税
10月17日(水)発売

【関連リンク】
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』作品情報
オールデン・エアエンライクとロン・ハワード監督からのメッセージ 『ハン・ソロ』インタビュー映像公開
それは“運命”の出会い。ロン・ハワード監督が語る『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
メモリアルデー3連休、北米1位は『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
各キャラクターを関係者が語る! 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』日本版最新ポスター&キャラ情報公開
アクションシーンが満載! 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』US版予告編公開

【注目のニュース】
横浜流星、今年の漢字は“縁”
インド映画『パッドマン』が出口調査で高評価
『ファンタビ』動員ランキングV3!
『BYAKUYA』新写真公開
L.A. 映画批評家協会賞発表
大泉洋が声優を引き受ける理由とは?
『攻殻機動隊 SAC_2045』配信決定
ゴールデン・グローブ、ノミネーションが発表に
『シュガー・ラッシュ』菜々緒初歌唱
『スパイダーバース』日本語吹替版キャスト決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(c)2018 & TM Lucasfilm Ltd.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • のんべののん太
  • ラッキーココア
  • みかずき
  • Yousuke  Takuma
  • チキ
  • mikikar
  • 高城剣
  • YKA
  • KERO
  • FOXHEADS

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”