ただいまの掲載件数は タイトル61033件 口コミ 1165082件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー > ニュース > “すべて”はこの映画のために! マーベル映画トップが語る『アベンジャーズ』最新作

“すべて”はこの映画のために! マーベル映画トップが語る『アベンジャーズ』最新作

(2018/03/27更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マーベル・スタジオの新作映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がいよいよ4月27日(金)から公開になる。本作は単にマーベル映画の人気キャラクターが集結するだけでなく、2008年の『アイアンマン』からスタートした物語の”真のクライマックス”を描く重要な作品で、スタジオを率いるプロデューサーのケヴィン・ファイギは、数年間をかけて本作に備えてきたという。


ケヴィン・ファイギ

フォトギャラリー

“すべて”はこの映画のために! マーベル映画トップが語る『アベンジャーズ』最新作
“すべて”はこの映画のために! マーベル映画トップが語る『アベンジャーズ』最新作
“すべて”はこの映画のために! マーベル映画トップが語る『アベンジャーズ』最新作
“すべて”はこの映画のために! マーベル映画トップが語る『アベンジャーズ』最新作

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

マーベル映画はそれぞれの映画が単体で楽しめる内容でありながら、すべてが同じ世界観を共有しており、2012年の『アベンジャーズ』で初めて複数の主要キャラクターがひとつの作品に集結。夢のチーム結成は、全世界のファンを熱狂させたが、ファイギと仲間たちの壮大なプロジェクトはこの段階からすでに始まっていたようだ。「あの映画では、ロキ(神の子ソーの弟)が悪役として登場しましたが、映画の最後にロキの背後にもっと強大な悪がいることがわかり、そこでほんの少しだけ登場したのがサノスでした。私たちはその段階から、サノスをどのようにして描くのか、どの映画に登場させるのかプランを立てていったわけです。私は映画でもコミックでもシリーズの中で長い時間をかけて少しずつ下地が作られていく展開が好きなので、サノスも6年から7年をかけてアイデアを積み重ねていきました」

また、この数年間でマーベル・スタジオは、ドクター・ストレンジ、アントマン、ブラック・パンサーなど新しいキャラクターを次々に映画デビューさせてきたが、これもファイギらの“計画”の一部だ。「最初にサノスを描いた時に問題だったのは、アベンジャーズがまだ6人(キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、ホーク・アイ)しかいなかったことです。これではサノスと戦うにもメンバーが足りません。今回の映画の原案になっているコミック『インフィニティ・ガントレット』では、すべてのヒーローがサノスと戦うわけですから、映画の中でもアベンジャーズのメンバーを増やすべく時間をかけて計画を進めていきました」

なぜ、ファイギと仲間たちはここまでの時間と手間をかけて『インフィニティ・ウォー』を描こうとするのか? その理由は「まだ誰も描いていない“結末”を描きたいから」だ。「シリーズ小説ですと、『ハリー・ポッター』などでもちゃんと結末を迎えますよね? ところがコミックというのは、新しいバージョンはいくつもありますけど、結末というのは描かれないわけです。だから私たちは、様々なコミックの物語を集結させて、ドラマの“はじまり”と“真ん中”と“結末”を描きたかったのです。ですから、間もなく公開になる『インフィニティ・ウォー』と来年公開になるまだタイトルが決まっていないアベンジャーズ映画で、ひとつの物語が完結します。その後に続くシリーズは、これまでとはまったく違う非常にユニークで、新しいものになるでしょう」

『インフィニティ・ウォー』は単に新しいマーベル映画ではなく、10年をかけて描いてきた壮大なドラマのクライマックスになる。マーベル映画が圧倒的な成功を記録し続けているシリーズを“終わらせる”ことに迷いがないのは、ファイギたちが「いつだって、まだ誰も観たことがない映画を作り続けるスタジオでありたい」と考えているからだ。「私たちは様々なジャンルの映画が作りたいと考えています。私たちはコミックを映画化するのではなく、コメディだったり、スリラーだったり、SFだったり自分たちのやりたいジャンルの映画がまずあって、それに合うコミックを見つけ出してくる方法で10年スタジオを続けてきました。この先にも新しいアイデアがたくさんあるんですよ。私たちが知っているアベンジャーズのキャラクターは、すでにアイコン的な存在です。ジェームズ・ボンドと同じように新作を観たいと思ってくれるファンはいるでしょうから、今後も新しい映画を作り続けます。その一方で、『ブラック・パンサー』のような、これまでにはなかった新しいタイプの映画も作っていきたいと考えています」

ちなみに『ブラック・パンサー』は、すでにアメリカだけで6億ドルを超える興行収入を記録し、全世界で喝采をもって受け入れられた。彼らはこの10年、新しいチャレンジを次々に成功させ、一方で長い時間をかけ、最終決戦に向けた準備を進めてきた。そして、ついに“サノスとの戦いの日”が来た! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、マーベル映画を愛するすべてのファンに向けられた特別な作品になりそうだ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
4月27日(金)全国公開

【関連リンク】
シリーズ開始から10年! 2018年のマーベル映画はどうなる?
巨匠スタン・リーが解説! マーベル映画が成功し続ける理由
マーベルのトップが明言! 『マイティ・ソー』新作の結末はアベンジャーズ新作のオープニングに!
お茶目なスパイダーマンの姿も 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』本予告&US版ポスター公開
最強最悪の敵・サノスの姿が 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』場面写真公開
ついにスパイダーマンが参戦! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』新画像
“最強”を超える敵が出現! 『アベンジャーズ』新作予告編が公開
MCUのヒーローが集結!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編公開
国王とヒーロー、ふたつの顔を持つ男『ブラックパンサー』日本版予告編公開
『ドクター・ストレンジ』からマーベル映画は“新次元”へ! スタジオのトップが語る
ヒーローが集結するマーベル×Netflixドラマ『ディフェンダーズ』がスタート!

DVD情報


アベンジャーズ & アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン ブルーレイセット(期間限定) [Blu-ray]

定価:6480 円(税込)
価格:5140 円(税込)
OFF:1340円(20%)
監督ジョス・ウェドン
出演ロバート・ダウニーJr.,クリス・エヴァンス,マーク・ラファロ,クリス・ヘムズワース,スカーレット・ヨハンソン
発売日2018年04月04日

 


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

定価:4320 円(税込)
価格:3041 円(税込)
OFF:1279円(29%)
監督アンソニー AND ジョー・ルッソ
出演クリス・エヴァンス,ロバート・ダウニーJr.,スカーレット・ヨハンソン,セバスチャン・スタン,アンソニー・マッキー
発売日2018年04月04日

 


【注目のニュース】
西銘駿、桜田通のアドリブに苦戦
実写『ノートルダムの鐘』企画に進展
『凜-りん-』応援団に、“よしもと住みます芸人”
『マイル22』主演インタビュー動画
横浜流星、主演作『愛唄』をきっかけに
『スパイダーマン』最新作特報公開 
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ポスター公開
『少女邂逅』の枝優花監督に訊く
宅間孝行、挑戦的な監督作を語る
Netflixトップ「2019年はアジアに注力」

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • こねこさま
  • ☆HIRO☆
  • 高城剣
  • 豆苗
  • otafuku1
  • クリス・トフォルー
  • Miran
  • minami3228
  • マリナハート
  • のんべののん太
  • 出木杉のびた
  • DDDDD
  • Stardust101
  • da-
  • とくとく

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”