ただいまの掲載件数は タイトル60603件 口コミ 1162013件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ブラックパンサー > ニュース > ブラックパンサーが車を吹き飛ばす! 『ブラックパンサー』特報映像公開

ブラックパンサーが車を吹き飛ばす! 『ブラックパンサー』特報映像公開

(2017/09/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マーベル・スタジオが手がける映画『ブラックパンサー』より、特報映像が公開された。本作は、来年4月27日(金)に公開される映画『アベンジャーズ/インフニティ・ウォー』へと繋がる物語であるアクション・エンターテイメント。ヒーローであるブラックパンサーが、国王として統治する超文明国ワカンダの秘密を守るために、世界中にスパイを放ち、国内外の敵と戦う模様を描く。


『ブラックパンサー』

ブラックパンサーとは、2016年に公開された映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でデビューしたマーベル・スタジオの新ヒーロー。アベンジャーズのメンバーであるキャプテン・アメリカが持つシールドと同じ材質(ヴィブラニウム)からできている漆黒のスーツを身に纏い、鋭い爪と優れた戦闘能力を持つ。

公開された特報映像では、冒頭の“MARVEL STUDIOS”ロゴがブラックに変身。闇夜に紛れたブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)が犯罪者たちの頭上に現れ、アクロバットな動きで敵を吹き飛ばしていくシーンから始まる。敵は銃で攻撃するが、特殊な材質ヴィブラニウムで出来た漆黒のスーツは、銃弾の衝撃を吸収し、すべて無効化に。ヒーローと国王というふたつの顔を持つブラックパンサーは、この国の秘密を狙う国内外の敵から世界を守るため仲間たちと戦う。

次々とシーンが切り替わる中、ルピタ・ニョンゴ演じるヒロインをはじめ、個性的なキャラクターたちが登場。また、発展したワカンダ王国の自然あふれる平原や滝、街中でのカーアクションの様子なども映し出されている。舞台が目まぐるしくシフトしていくのは、マーベル・スタジオ作品で初めてスパイ映画の要素を盛り込んだ本作ならではの特徴。映像の最後には、ブラックパンサーが車を吹き飛ばし、前方を走る車に飛び移る姿も。



『ブラックパンサー』
来年3月1日(木)全国ロードショー

【関連リンク】
『ブラックパンサー』作品情報
MCU新作3作品限定ムビチケカードセット発売へ 特典は“マーベルコミックカバー”ポストカード
『ブラックパンサー』来年3月に公開 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へつながる重要な物語に

【注目のニュース】
『シュガー・ラッシュ:オンライン』特別映像
『The Guilty』がハリウッドリメイク
『ひつじのショーン』第2弾公開決定
横浜流星、今年の漢字は“縁”
インド映画『パッドマン』が出口調査で高評価
『ファンタビ』動員ランキングV3!
『BYAKUYA』新写真公開
L.A. 映画批評家協会賞発表
大泉洋が声優を引き受ける理由とは?
『攻殻機動隊 SAC_2045』配信決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)Marvel Studios 2017

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • CA〜PO♪
  • 吐露曼湖
  • 猫ぴょん
  • ぱおちん
  • キャプテンコナミン
  • 高城剣
  • きゃらぷり
  • wolfmoon
  • うぃばぷりん
  • クリス・トフォルー
  • 黒蜜わらびもち
  • チキ
  • すね
  • Miran
  • 映画監督かい

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”