ただいまの掲載件数は タイトル60700件 口コミ 1162527件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル > ニュース > 観客をTVゲームの世界に誘う方法。監督が語る『ジュマンジ』最新作

観客をTVゲームの世界に誘う方法。監督が語る『ジュマンジ』最新作

(2018/04/03更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドウェイン・ジョンソンが主演を務めるアドベンチャー大作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が現在、MX4Dと4DXで先行公開されており、6日(金)から全国公開になる。本作は、冴えない高校生たちが“呪いのTVゲーム”に吸い込まれてジャングルで大冒険を繰り広げる作品だが、監督を務めたジェイク・カスダンは観客をゲームの世界に誘うために“コンピュータゲームの要素”を映画に盛り込むのではなく、“映画が本来的にもつ力”を総動員したと語る。その真意は?


ジェイク・カスダン監督

フォトギャラリー

観客をTVゲームの世界に誘う方法。監督が語る『ジュマンジ』最新作
観客をTVゲームの世界に誘う方法。監督が語る『ジュマンジ』最新作
観客をTVゲームの世界に誘う方法。監督が語る『ジュマンジ』最新作

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

不思議な力をもったボードゲームを手にした父子の大冒険を描いた1995年製作の映画『ジュマンジ』は、全世界で人気を博したが、カスダン監督もこの映画の大ファンだ。「オリジナリティにあふれているし、イマジネーション豊かな映画だよね。それに僕はコメディ映画をたくさん手がけてきたということもあって、ロビン・ウィリアムズが特別の存在なんだ。彼はアメリカのコメディ界において高い塔のように偉大な人だと思うし、『ジュマンジ』の演技もすごく印象に残っている。だから僕もスタッフも、オリジナル版の『ジュマンジ』に敬意をはらいながら、同じことを繰り返すのではなくて、ふたつの映画それぞれがちゃんと個性を持つようにしたかったんだ」

新作では“呪われたTVゲーム”に高校生たちが吸い込まれ、ゲーム・オタクの青年は屈強な博士に、オクテな少女は美女戦士に、自分大好きの美人生徒はオッサンの地図専門家に、アメフト部のスター選手は足が遅い動物学者に大変身。4人とも能力も体力もスキルも桁ハズレだが“中味”は残念な高校生のままで、ゲームの世界から脱出するため、危険なジャングルでゲームを開始する。

撮影が始まると、カスダン監督はキャストのチームワークを重視し、アドリブや即興演技をどんどん取り入れて、彼らの“ゲーム内の見た目”と“中味”のギャップから生まれる笑いを追及していった。鋼のような肉体と鋭い眼光でジャングルに立っているドウェイン・ジョンソンの中味は、未成年なので酒も飲めず、女子に声をかけることもできないヘナチョコ高校生なのだ。笑えないはずがない。「そうなんだよ(笑)。このキャストが揃った時点で、絶対に笑えるコメディになる確信はあったね」

その一方で、カスダン監督は「意地悪な笑いのコメディは好きじゃないから、そんな映画にはしたくなかった」という。確かに本作はギャップで笑える映画だが、ゲーム好きでオクテな“中味”の高校生をバカにするような描写はない。「その通りだ! 僕はコメディではそのキャラクターに笑えるところがあっても、どこか愛すべき存在でいてほしいと思っているんだ。短所があっても、それを補ってあまりある魅力があるようなね。今回のキャストはキャラクターの愛すべき部分をしっかりとわかって演じてくれた。それは俳優の力量の証だといえるし、キャストたちがこの映画に出てくるキャラクターを“いいやつ”だと思ってくれたから成立したことじゃないかな」

愛すべきキャラクターを観ると、観客はキャラクターを好きになり、感情移入し、彼らと行動を共にしているか、時には自分がそのキャラクターになった気分になる。これこそがカスダン監督が本作を描く上で最も重視したポイントだ。「もちろん、ゲーマーが映画を観て不自然に感じないように専門家にも参加してもらったりもした。でも、この映画で一番大切にしたのは、キャラクターを描くことだよ。映画が本来的にもつ力のひとつは、観客がスクリーンを観ながら“もし、自分だったら?”と思わせてくれることだと思う。全部の映画がそうじゃないけど、優れたアドベンチャー映画は観客にそんな空想を抱かせるものだし、この映画は“そんな感覚”についての映画だと思う」

観客をTVゲームの世界に誘うために、わざと画面を横スクロールにしたり、ゲーム的なデザインを持ち込む必要はない。「そうだね。むしろ、デジタルっぽい世界には絶対にしたくなくて、観客がリアルに感じられるような世界を描くことにこだわったよ。だから実際にジャングルでロケ撮影したし、汗だってかくし、泥まみれにもなる。そのおかげで、観客も実際には行ったことはないかもしれないけど、親近感があるし、リアルに感じられる。それこそが“TVゲームの世界に吸い込まれる”物語を描く上で大事な要素だったんだ」

ゲームの世界を感じるために、最先端のテクノロジーやデザインは不要だ。笑えるけど愛すべきキャラクターが登場して、観客が自然に感情移入できればいい。気がつくと観客はゲームの中に、危険がいっぱいのジャングルに立っている!

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
MX4D/4DXにて先行上映中
4月6日(金)より全国公開

【関連リンク】
キャストが分析! 『ジュマンジ』最新作が全世界でヒットした理由
カレン・ギランの妖艶な姿も 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』キャラ解説動画公開
米で公開中の『ジュマンジ』続編、ドウェイン・ジョンソン最大のヒット作となるか
今度はゲームの世界へ! ドウェイン・ジョンソン主演『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』予告編
ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハートが『ジュマンジ』に主演?

【チケット情報】
ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル/全国券

DVD情報


ジュマンジ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

定価:5122 円(税込)
価格:3806 円(税込)
OFF:1316円(25%)
監督ジョー・ジョンストン
出演ロビン・ウィリアムズ,ボニー・ハント,キルスティン・ダンスト,デビッド・アラン・グリア
発売日2018年03月07日

 


【注目のニュース】
木村拓哉、舞台挨拶に“驚きと感謝”
アンセル・エルゴート主演最新作
『アクアマン』日本版本予告公開
『ドラゴンボール』新作が高評価!
橘ケンチ「日本酒の魅力を伝える語り部になる」
『アベンジャーズ』新作の邦題決定
『ドラゴンボール』新作が初登場第1位!
ヨーロッパ映画賞に『Cold War』
ディズニーデザインの真髄に迫る!
山田涼介主演『記憶屋』映画化

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • shioshi819pi
  • y_touch_04
  • 栗夫
  • takappesan
  • マリナハート
  • 猫ぴょん
  • 黒蜜わらびもち
  • 高城剣
  • チキ
  • Yousuke  Takuma

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”