ただいまの掲載件数は タイトル60303件 口コミ 1159867件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) > ニュース > 日本でも公開がスタート。『猿の惑星』監督が語る特別映像

日本でも公開がスタート。『猿の惑星』監督が語る特別映像

(2017/10/19更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本でも公開をスタートした大作映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』を手がけたマット・リーヴス監督のインタビュー映像が公開になった。本作はある偶然から進化した猿と、地球を支配してきた人間が争った結果、“人間の惑星”だった地球が、タイトル通り“猿の惑星”になるまでドラマを描いた作品だが、リーヴス監督は猿を率いる主人公シーザーは「人間でも、猿でもない存在」だと説明する。


『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』を手がけたマット・リーヴス監督

フォトギャラリー

日本でも公開がスタート。『猿の惑星』監督が語る特別映像
日本でも公開がスタート。『猿の惑星』監督が語る特別映像
日本でも公開がスタート。『猿の惑星』監督が語る特別映像
日本でも公開がスタート。『猿の惑星』監督が語る特別映像
日本でも公開がスタート。『猿の惑星』監督が語る特別映像

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作は、新薬開発の意図せぬ副作用によって進化を遂げた猿たちが人間に反旗を翻すまでを描いた『猿の惑星:創世記』、人間と猿の覇権争いの中で戦いを回避しようと奔走し、苦悩する指導者シーザーのドラマを描いた『…新世紀』に続く作品で、ついに地球が“猿の惑星”になるまでのドラマが描かれる。

前作『…新世紀』に続いて監督を務めるリーヴスは、最新作でも激しいアクションを織り交ぜながらシーザーの葛藤や苦悩を丁寧に描いており、シーザーを「人間でも猿でもないが同時にどちらでもある。アウトサイダーだからこそ、どちらの気持ちも痛いほどわかる」と分析する。監督の語る通り、シーザーは幼い頃に人間に愛情をもって育てられ、猿と人間が争うようになった後も無益な争いをやめようとする人間に出会ってきた。

しかし、3作目でリーヴス監督はシーザーを「敵である人間に対して、共感を失い始めるよう追い込んだ」という。新作の冒頭でシーザーは人間の前から姿を消し、深い森の中で仲間を率いていたが、ある事件をきっかけに愛する者を失い、抑えきれないほどの復讐心が芽生えてしまう。指導者として仲間を守らなければならないが、同時に自分の命にかえてでも人間に復讐したい。ふたつの想いに引き裂かれたシーザーは群れを出て、孤独な旅に出る。「戦争の物語は普通、両者の対立が中心になる。一方の視点から他方を違うものとして描くが、シーザーにはあてはまらない。だから新作では彼を極限まで追い込んだ」

そんなシーザーを演じたのは名優アンディ・サーキスだ。リーヴス監督は「アンディは俳優として優れている。どこまでも自分を追い込んで、シーンの情緒に入り込める」と彼の演技を評価し「アンディには前2作も自分を追い込んでもらったが、本作ではさらに追いたてた。アンディは極限まで頑張ってくれたよ」とコメント。壮大なスケールで描かれるアクションだけでなく、猿と人間の狭間で“極限状態”を迎えるシーザーのドラマも作品の大きな見どころになっているようだ。



『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
公開中

【関連リンク】
スタッフが解説。『猿の惑星』を描くことは私たち“人間”を見つめること
指導者シーザーが立ち向かう“最大の敵”とは? 『猿の惑星』本編映像が公開
“猿の惑星”はいかにして誕生したのか? シリーズを振り返る特別映像が公開
復讐の念に囚われて我を見失うシーザーの姿も 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編
猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦”が始まる 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編
猿の惑星となった経緯が明らかに! 『猿の惑星』シリーズ最新作10月公開&ポスタービジュアル到着
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』作品情報

DVD情報


猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Blu-ray]

定価:2057 円(税込)
価格:927 円(税込)
OFF:1130円(54%)
監督ルパート・ワイアット
出演ジェームズ・フランコ,フリーダ・ピント,ジョン・リスゴー,アンディ・サーキス
発売日2014年09月03日

 


猿の惑星:新世紀(ライジング) 3枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]

定価:6161 円(税込)
価格:2950 円(税込)
OFF:3211円(52%)
監督マット・リーヴス
出演アンディ・サーキス,ジェイソン・クラーク,ゲイリー・オールドマン,ケリー・ラッセル
発売日2015年02月04日

 


【注目のニュース】
『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章』世界同時放送
レッドカーペットが次々中止に
『トイ・ストーリー4』特報公開
橘ケンチ(EXILE)主宰の読書会
話題のオムニバス映画の舞台裏
『春待つ僕ら』特別映像が公開
登坂×中条『雪の華』本予告&ポスター
満足度第1位は『ボヘミアン・ラプソディ』
『ファースト・マン』本予告&ポスタービジュアル公開
『ボヘミアン・ラプソディ』が初登場1位!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ゼーン
  • CA〜PO♪
  • のんべののん太
  • KERO
  • 猫ぴょん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

 


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”