ただいまの掲載件数は タイトル59937件 口コミ 1156819件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) > ニュース > “猿の惑星”はいかにして誕生したのか? シリーズを振り返る特別映像が公開

“猿の惑星”はいかにして誕生したのか? シリーズを振り返る特別映像が公開

(2017/09/14更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


10月13日(金)公開の映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の特別映像が公開された。これまでに発表された『…創世記』『…新世紀』の名場面を盛り込んだ内容で、いかにして猿が人類に匹敵する知能を獲得し、“人の惑星”だった地球が“猿の惑星”になっていくのかをコンパクトに描いている。


『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

フォトギャラリー

“猿の惑星”はいかにして誕生したのか? シリーズを振り返る特別映像が公開
“猿の惑星”はいかにして誕生したのか? シリーズを振り返る特別映像が公開
“猿の惑星”はいかにして誕生したのか? シリーズを振り返る特別映像が公開

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『…創世記』から続く本シリーズは、かつて全世界に衝撃を与えた『猿の惑星』シリーズの“はじまり”を描く物語としてスタートした。映像の冒頭に登場する愛らしい猿のシーザーは、人間がアルツハイマーの薬を開発する過程で脳を活性化させる治療を施され、驚異的なスピードで進化した。彼は人間にとって“希望”の象徴になるはずだったが、攻撃的で争いをやめることができない人間たちはシーザーたちを虐待し、猿たちはやむなく人類に反旗を翻す。

混乱は続く。当初は奇跡の治療薬だと思われた新薬は、人間に病気をもたらすことが発覚。猿は知能を向上させ、仲間を増やしていく一方で、人間は爆発的に拡散する“猿インフルエンザ”で次々に命を落としてしまう。時が流れ、シーザーは指導者として仲間の猿たちをまとめあげ、勢力を拡大するが、人類はその多くを失って都市は荒廃。人間は、自分の延命のために動物を虐待して新薬を開発したことがすべての原因であることから目を背けて、怒りの矛先を進化した猿に向けていた。

今では、進化した猿たちと、残り少なくなった人間たちが“この星の覇権をどちらが握るか?”で争っている。人間の中にはシーザーたちと心を通わせる者がいるが、多くは猿たちを全滅させて、再び自分たちがこの星の頂点に立とうとしている。一方のシーザーは、争うことを好まず、可能な限り戦いを避けようと奔走するが、ボタンの掛け違い、誤解、不可抗力が重なり、人間と猿の争いは激化していく。

そしてついに最新作『…聖戦記』で物語はクライマックスを迎える。人類は自らの存亡をかけ、仲間や家族を失った悲しみや怒りを燃料に、すべての猿を亡き者にしようと行動を開始する。一方のシーザーは、これまで“憎しみや闘争心につき動かされない”ことで仲間から信頼を獲得し、成長してきたが、ある事件をきっかけに自身に芽生えた“復讐心”を抑えられずにいることに気づいて苦悩する。

かつてこの惑星を支配していた人間と高度に進化した猿の戦いは、タイトルからわかる通り、地球が“猿の惑星”になることで終結する。ではなぜ、猿は人類を打倒することができたのだろうか? 両者の知能も、戦闘力も大きくは変わらない。しかし、最新作ではシーザーのドラマを通して、これまでの映画では描かれなかった“猿の惑星が誕生した真の理由”がついに描かれる。

映像は、シーザーの成長を主軸にこれまでのドラマをダイジェストで描いており、公開前の予習に最適な内容になっている。



『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
10月13日(金)全国ロードショー

【関連リンク】
復讐の念に囚われて我を見失うシーザーの姿も 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編
猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦”が始まる 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編
猿の惑星となった経緯が明らかに! 『猿の惑星』シリーズ最新作10月公開&ポスタービジュアル到着
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』作品情報

【チケット情報】
猿の惑星:聖戦記/全国券

DVD情報


猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Blu-ray]

定価:2057 円(税込)
価格:927 円(税込)
OFF:1130円(54%)
監督ルパート・ワイアット
出演ジェームズ・フランコ,フリーダ・ピント,ジョン・リスゴー,アンディ・サーキス
発売日2014年09月03日

 


猿の惑星:新世紀(ライジング) 3枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]

定価:6161 円(税込)
価格:2950 円(税込)
OFF:3211円(52%)
監督マット・リーヴス
出演アンディ・サーキス,ジェイソン・クラーク,ゲイリー・オールドマン,ケリー・ラッセル
発売日2015年02月04日

 


【注目のニュース】
満足度第1位は『日日是好日』
『宇宙の法』が動員ランキング初登場1位!
『コールドケース2』特別映像公開
阿部サダヲが新作映画を語る
松大航也がポール・ラッドにインタビュー
『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』完成披露上映会レポート
ブラックパンサー続編、監督は続投
脚本家、L・カスダンの監督作
刺激的なサスペンス映画が明日公開
森美術館『カタストロフと美術のちから展』開催中

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • のんべののん太
  • CA〜PO♪
  • KERO
  • 猫ぴょん
  • ゼーン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

 


世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集