ただいまの掲載件数は タイトル57053件 口コミ 1121413件 劇場 592件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ナラタージュ > ニュース > 曖昧で不確かな恋の記憶を描く。行定勲監督が語る映画『ナラタージュ』

曖昧で不確かな恋の記憶を描く。行定勲監督が語る映画『ナラタージュ』

(2017/10/05更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


行定勲監督が、松本潤、有村架純、坂口健太郎らをキャストに迎えた新作『ナラタージュ』を完成させた。本作は、島本理生の同名小説を基に、ひとりの女性の“一生に一度の恋”を描いた作品で、行定監督は「今まで自分がやってきた恋愛映画でやってきたことの集大成になった」と語る。


『ナラタージュ』撮影中の行定勲監督と有村架純

フォトギャラリー

曖昧で不確かな恋の記憶を描く。行定勲監督が語る映画『ナラタージュ』
曖昧で不確かな恋の記憶を描く。行定勲監督が語る映画『ナラタージュ』
曖昧で不確かな恋の記憶を描く。行定勲監督が語る映画『ナラタージュ』

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

多くの映画作家と同じく、行定監督も “いつかは実現させたい企画”をいくつか抱えており、『ナラタージュ』も長年に渡って実現を模索し続けてきた題材だった。「まだ着地していない企画がたくさんあって、中には15年間も着地していない企画もあったりするんですけど、この『ナラタージュ』も自分の中ではいつかはやらなきゃいけない映画だったんです」

本作は、現在は大学を卒業して会社員として日々を過ごしている女性・泉がオフィスで過去を振り返る場面から始まる。大学2年の春、彼女は高校時代の演劇部の顧問教師・葉山から後輩の卒業公演に参加してくれないかと頼まれる。

この設定であれば、小規模な映画化も検討できそうだ。しかし、行定監督は「仮にミニマムなかたちでつくれたとしても、やっぱりつくらなかったと思う」と語る。「この企画はそうしてはいけないと思える企画だったし、この題材にはそれだけの強度があるんですね。『ナラタージュ』は、若い女性が“恋愛のどうしようもなさ”に足をつっこむ話で、普通だと社会に出た男女が不倫する話だったりするんだろうけど、この話は、学校の先生と生徒というキラキラとした“お決まりの構図”なんだけどそれは実はフェイクで、内情はとてもドロドロとしている話。だから、キレイゴトだけでは恋愛はできないんだってことを描きたいと思ったし、そこを描くことができたら日本だけじゃなくて海外で僕の映画を観てくれている人にも刺さるだろうなと思ったんです。僕はいつも曖昧な関係に興味があるし、曖昧で、何げないものだから映画にする意味があると思っているんですけど、それをテレビや別のメディアで描いてしまったら“曖昧さ”で観客を引っ張っていけるのか自分の中に疑問が残る。でも、映画であれば曖昧な空気をつくりあげるほど、作品は強度をもつんですよね。何げないもの、意味がないものの中に、ちょっとした試練を与えると、ものすごく重いものになる。『ナラタージュ』はそういう作品だと思うんです」

卒業公演の練習を続けながら、泉はかつて自分が葉山先生と過ごした高校時代に想いをはせる。葉山は、孤独を感じていた泉の存在を見つけ、共に時間を過ごし、彼女に居場所を与えてくれた存在だった。あの日々の記憶と、久々に再会した葉山先生の存在が混ざり合い、泉は再び、葉山への想いを募らせていく。

本作はタイトルの通り、泉の“ナラタージュ=人物の回想”によって語られる。行定監督にとってこの設定が極めて重要だった。「この物語が非常に個人的で“ひとりよがり”であるという点に興味があったんです。脚本を書いた堀泉杏が最初に言ったのは『泉が誰に対してナラタージュしているのか見つからない』ってことで、小説だと語り手と読者が1対1の関係だから読者に向けて語ることができるけど、映画だとそこが問題になる。そこで思ったのは、やっぱり泉は自分に向けて語っているんだろうと」。人は誰でもふとしたきっかけで過去を振り返る。忘れられない過去もあれば、ずっと忘れていた出来事や感情もあるが、どの記憶もいつもどこか曖昧で不確かだ。「それに昔話って、他人に聞かせるときに勝手に編集されて良いものになっていたり、大変だったことは極端に大変になっていたりしますよね? 今回の脚本はそのことをすごく意識していて、ある時からナレーションが急に不在になったり、穏やかだった人物が前ぶれもなく急に怒りっぽくなったりする。この映画は“すべてが起こった後”に泉の主観で語られる話だから、葉山先生の内情も話を聞いてはいるんだろうけど、実際に見たわけではなくて想像した出来事でしかない。その“曖昧さ”が『ナラタージュ』の面白いところなんです」

高校時代と同じように葉山先生は泉に寄り添うが、ふたりの距離が縮まりかけたとき、彼は離婚が成立していない妻の存在を泉に打ち明ける。泉は何とか葉山の存在を忘れようともがくが……

繰り返すが、この映画ではすべてが有村架純演じる泉の回想で、葉山もまた、彼女の“記憶の中の葉山先生”でしかない。ひとりの女性の記憶の中にある曖昧で、しかし忘れることができない存在を誰が演じるのか? 行定監督は「先生役を見つけることが本当に大変で、自分たちが納得できる先生がまったく見つからなかった」という。「そんな時に、プロデューサーから松本潤の名前が挙がって。僕はもっとキャラクターに肉薄した役者をイメージしていたんだけど、プロデューサーは逆に、決定的に“真ん中”にいる人間が、あえて曖昧な人物を演じると面白いと思った。そこで松本くんに会ったら『僕はこの映画で、どう見えていればいいんですか?』って言うんですよ。どう演じればいいか?どんな感情でいればいいか?ではなく、泉からは俺のことがどんな風に見えてるんですか?って。松本くんは本当にすごい人だなと思って『泉から見たら、葉山先生はボンヤリとした輪郭のない人間で、かつてあった精彩な目力がなくなっていて、泉は自分が何とかすればかつての先生を取り戻せると過信するんだけど、結果的に彼女は翻弄されるし、いつまでも実態は掴めない』って話をしたら、松本くんが『なるほど! 要は俺じゃなくてもいいって話ですね』って。普通の役者はそこで断るんだろうけど、彼はその状況を面白がっている。彼は僕が想像していた以上にクリエイティブなことに興味があるし、確固たる自分はあるけど“この状況で俺はどんな風になるの?”ということに興味があるんですよね」

つねに曖昧で揺れ続ける世界の中で、葉山と泉は近づいたり遠ざかったりしながら、傷つき、みじめな姿をさらし、翻弄されては涙を流す。「“世の中にキレイゴトなんかねぇんだよ!”と言って映画の中で急にバイオレンスな場面が描かれたりするが、この映画ではあえてみんなが観たことがある構図の中で描いている。そこが原作の禁欲的な部分だし、観ている人に“恋愛の真ん中”に立っている気持ちにさせたいという気持ちが少しだけあるんです。だから、観る人の年齢だったり、経験値によって、まったく違う映画に見えると思います。僕的には、この整理されていない、曖昧で理由のない世界は “ど真ん中”ですから、今まで自分が様々な映画でやってきたことの集大成になっている気がします」

『ナラタージュ』
10月7日(土)全国ロードショー

【関連リンク】
主演作『ナラタージュ』公開直前の松本潤 「ドキドキしています」と心境告白
松本潤、禁断愛を描く最新作に「戸惑いも……」 4年ぶり単独主演『ナラタージュ』完成
坂口健太郎、『ナラタージュ』出演決定! 松本潤&有村架純と三角関係に

【注目のニュース】
新垣結衣&瑛太、“笑いに包まれる”
菅田将暉、『あゝ、荒野 後篇』封切りに感無量!
『アナベル 死霊人形の誕生』特別映像
フランソワ・オゾンが新作を語る
『ザ・リング/リバース』予告編
『空海−KU-KAI−』公開日決定
ゴッサム賞ノミネーションが発表に
『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』予告編
『アウトレイジ 最終章』怒号39連発
『ディセンダント2』の見どころは?

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
ナラタージュ

(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

立川  渋谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  池袋  錦糸町  新宿三丁目  日本橋  新宿  二子玉川  調布 

他の地域

 

この映画のファン

  • piromiii
  • akikoズ
  • レオシュトラッセ
  • hiryuden24
  • yume19991103
  • takappesan
  • 佳辰
  • かいごん
  • komafu
  • MJオリエ
  • la_familia
  • 天使ちゃん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
98%が「後篇が早く観たい」と回答!『あゝ、荒野 前篇』試写会レポート
早世した激情の女性作家ネリーの半生を描く『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
アウトレイジ(極悪非道)たちの狂宴遂に最終章!『アウトレイジ 最終章』ほか最恐ホラー『アナベル 死霊人形の誕生』『エルネスト』など10月公開作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ