ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106833件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バーニング・オーシャン > ニュース > マーク・ウォルバーグ主演『Deepwater Horizon』がトロントでワールドプレミア

マーク・ウォルバーグ主演『Deepwater Horizon』がトロントでワールドプレミア

(2016/09/20更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マーク・ウォルバーグ主演、ピーター・バーグ監督の『Deepwater Horizon』が、トロント映画祭でワールドプレミアを行った。


『Deepwater Horizon(原題)』

本作は、2010年のメキシコ湾原油流出事件を描く、実話物。原油が流出で起こった大爆発のため、海上で作業をしていた11人の従業員が命を失った。ウォルバーグが演じるマイク・ウィリアムズは、その悲劇を間近に体験した生存者。ウィリアムズ本人も、映画の製作に深くたずさわった。

「彼に脚本を彼に見せて、『これは本当に起こった。これは、むしろこんなふうだ』というように、いろいろ指摘してもらったんだ。そうすることで、映画は事実に正確になる。人命が失われた実話を語るのは、いつだって、とても難しいことだよ。一方で、大きな充実感も伴う。その人たちに、敬意を払うことができるんだから」(ウォルバーグ)

当時、事件は大きく報道されたが、主には環境汚染の側面が語られ、この11人の人々の話は、それほど聞かれなかった。「人が死んだのに、そこに一番の焦点が当たらなかったなんて、それもまた悲劇だよね」とウォルバーグ。だからこそ、この映画を作って彼らの話を伝えたかったのだと、バーグも認める。

「製作にあたって、僕は11人全員の遺族に会い、僕がこれをどんな映画にしようとしているのかを説明した。これはあなたが誇りに思えるような映画になる、『私の夫はこんな人だったのよ』『これが僕の父なんだ』と、孫たちに見せられる映画になると、彼らに言ったんだよ。撮影現場に来たいという人がいれば来てもらったし、プライベートの試写を組んで、誰よりも先に完成作を見てもらうこともした」(バーグ)

ウォルバーグとバーグは、やはり実話に基づく『ローン・サバイバー』でも組んでいる。今年末に北米公開されるボストンマラソン爆撃事件についての『Patriots Day』も、このコンビによるものだ。

「ピーターと僕は、お互いから最高のものを引き出す。お互いに対して、とても多くを期待するし、言いたいことは遠慮せずに言える関係だ。僕は彼のすべてが好きだよ。彼がニューヨーク・ジャイアンツのファンということを除けばだけどね(笑)」

日本公開は来年。

『Deepwater Horizon(原題)』
2017年公開

取材・文・写真:猿渡由紀

【関連リンク】
トロント映画祭2016まとめ
トロント映画祭2015まとめ
ダコタ・ファニング、2作品引っ提げトロントに参加。「暗い役にどっぷり浸かった」
ニコール・キッドマン出演の『ライオン(原題)』がトロント映画祭で高評価
注目のSF大作『メッセージ』がトロントで上映。会見にはエイミー・アダムスら
ネイト・パーカー監督『The Birth of a Nation』がトロントで公式上映
実在の人物を描く『Snowden』オリバー・ストーンがトロントで会見
トム・フォード新作、トロント映画祭でお披露目
“トロント映画祭2016”が開幕! オープニング作品は『マグニフィセント・セブン』
今年はどうなる? “トロント映画祭2016”期待の上映作品を一挙紹介!

【注目のニュース】
亀梨和也、俳優業に“覚醒”
福士蒼汰、こらえきれず涙
『スイス・アーミー・マン』9月公開
ブラッド・ピットが語る“映画の未来”とは?
『潮風のいたずら』新キャストは?
『ジョジョの奇妙な冒険…』場面写真公開!
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#09
“チーム・ソー”特別映像
『坂道のアポロン』第2弾キャスト発表!
『LOGAN/ローガン』来日記者会見

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

Courtesy of TIFF

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

新宿三丁目 

他の地域

 

この映画のファン

  • なつみかん。
  • KERO
  • よっchan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝