ただいまの掲載件数は タイトル56144件 口コミ 1109435件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 雨女 > ニュース > 4DXに初挑戦した清水崇監督が語る『雨女』のこだわりとは?

4DXに初挑戦した清水崇監督が語る『雨女』のこだわりとは?

(2016/06/01更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『呪怨』シリーズを生み出したホラーの名匠であり、ハリウッドでも活躍する清水崇監督が新作『雨女』を“4DX専用映画”として発表。椅子が動き、風が吹き、水が降ってくるなどさまざまな効果を駆使した4Dに初挑戦したこだわりを語った。


清水崇監督

フォトギャラリー

4DXに初挑戦した清水崇監督が語る『雨女』のこだわりとは?
4DXに初挑戦した清水崇監督が語る『雨女』のこだわりとは?
4DXに初挑戦した清水崇監督が語る『雨女』のこだわりとは?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

「本来はアナログ人間で、新技術、新システムに過敏なタイプではない」という清水監督。しかし、現在4DXで公開される映画のほとんどが「4DXありきで作られているわけではない」ことに新しい可能性を見出したという。

「4DXの作品をいくつか見ていると、場面とエフェクトのバランスが取れてなかったり、エフェクトの手数が多過ぎて逆に醒めることがあるんです。そもそも監督やプロデューサーも4DX用に作ってるわけじゃない。今回は僕が脚本の段階から4DXの効果を書き込んでいました」。

『雨女』のもとになったのは監督デビューをした18年ほど前に清水監督が温めていたホラー企画。4DXでは椅子が揺れるというのはすでに広く認知されているので、“客席に雨が降る”というインパクトを活かせるからと昔の企画を掘り起こした。「映画はやっぱり視聴ではなく、劇場で体験して欲しいし、もっと気軽に入っていただきたい。ぶらりと映画館に入って、短時間で4DXで体感してもらって、『怖かった、濡れたね!』という思い出だけでも持ち帰ってもらいたい」と抱負を語る。

4DX未体験の人にも気軽に楽しんでもらうために、上映時間はコンパクトに35分、入場料は4DX料金込みで1500円とリーズナブル。今後ソフト化される予定もないという。「4DXに対してテーマパークのアトラクション的な印象を持たれている方が多いとは思いますが、『雨女』ではじっとりと湿った日本の感覚的な映画の質感を追求しています。ただエフェクトの大きさ、椅子の揺れ幅なんかは『ジュラシック・ワールド』みたいな派手な大作と一緒なんです。4DXでもここまで印象が変わる、違うことができることも知って欲しいですね」。

『ガールズ&パンツァー劇場版』の4DXバージョンが連日大盛況となるなど、知名度も上がり人気も定着してきた4DX。日進月歩で進化していく映画の新たな可能性として、清水監督が目指した未体験の“恐怖”と“没入感”を体感してみてはいかがだろうか。

取材・文:村山章

『雨女』
6月4日(土)全国のユナイテッド・シネマ他にて4DX限定公開

【関連リンク】
『雨女』特集
『雨女』作品情報
『雨女』主演の清野菜名、4DX初体験でびしょ濡れ「雨が降りまくりですね」
“恐怖の新領域”徹底解析! 4DX限定公開作品『雨女』WEB限定特番映像が到着
“気配”も体感できる!? 清水崇監督の4D映画『雨女』予告編が公開!
五感で味わう恐怖。清水崇監督の4DX専用ホラー『雨女』が公開決定
清水崇監督最新作『ラビット・ホラー3D』の映像がヴェネチア映画祭で上映決定

【注目のニュース】
ディーン・フジオカ、結婚詐欺師を演じる
『ハクソー・リッジ』本編映像
ハン・ソロ映画の新監督が決定
宮崎駿『メアリと魔女の花』観ない?
『ピノキオ』MovieNEXボーナス映像
『東京喰種』大泉洋場面写真
『キングスマン…』予告映像
“スパイダージェット”記念イベント
『エグゼイド』に復活、小野塚勇人の心境は?
ハン・ソロ映画を引き継ぐ監督は?

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
雨女

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝