ただいまの掲載件数は タイトル55966件 口コミ 1106811件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 > ニュース > “共感”を集める“数奇”な人生。原作者が語る映画『LION/ライオン 25年目のただいま』

“共感”を集める“数奇”な人生。原作者が語る映画『LION/ライオン 25年目のただいま』

(2017/03/31更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本年度のアカデミー賞で作品賞など6部門で候補になった映画『LION/ライオン 25年目のただいま』が4月7日(金)から公開になる。本作は、オーストラリア在住のサルー・ブライアリーの実話を描いた作品で、彼の半生を描いた書籍はすでに多くの注目を集めている。


サルー・ブライアリー(写真上)と映画『LION/ライオン…』

フォトギャラリー

“共感”を集める“数奇”な人生。原作者が語る映画『LION/ライオン 25年目のただいま』
“共感”を集める“数奇”な人生。原作者が語る映画『LION/ライオン 25年目のただいま』

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

ブライアリーはオーストラリアのタスマニア州在住で、穏やかな口調と優しい表情が印象的な人物だ。しかし、彼の半生は孤独や葛藤、迷いの連続だった。ブライアリーはインドで生まれ、母親や兄妹たちと暮らしていたが、5歳のブライアリーはある夜、兄について駅まで行き、うっかり回送電車内で眠ってしまったことから、家から遠く離れたカルカッタに運ばれてしまう。自分の家のある場所がわからないブライアリーは、ひとりぼっちで街を彷徨い、やがて様々な経験を経て、オーストラリアで暮らす夫婦の養子になった。

兄について家を出たあの夜以来、帰宅することなく、自分の家がインドのどこにあるのかさえわからないまま、オーストラリアで成長したブライアリーは「自分がおぼえているインド時代の出来事を繰り返し、繰り返し思い出していました」と振り返る。「夜になって眠ると、インドにいた頃の夢を見ることがありましたし、映画を観たり、食べ物の匂いをかいだ瞬間に記憶がよみがえったり、街で小さな子どもと家族が歩いているのを目にして“自分もインドの家族と一緒にいたい”と思うこともありました。一度、故郷のことを考え出すとそのことで頭がいっぱいになり、次第にそのことが薄れてオーストラリアの日常に集中するようになって、また何かのきっかけで故郷のことを思い出し……その繰り返しでした」

それでもブライアリーは「そんな状況に怒りはなかった」と笑顔を見せる。「私はオーストラリアにいて、新しい家族がいて、それが自分の生活で、自分には故郷があっても、そこに帰ることができないんだとわかっていました。それに家族からはぐれて、カルカッタで危険にさらされているよりも、自分はずっと幸福だと思っていました」

そんなある日、ブライアリーは友人からGoogle Earthを使えば、地球上のどこであっても見ることができると知らされる。彼の頭に残る幼少期の不鮮明な記憶、オーストラリアの育ての両親への想い、心配する恋人との関係……様々な状況が複雑に絡み合う中でブライアリーは、“帰宅”への道を模索する。

彼の半生は時に“数奇なドラマ”と称されるが、すでにネットやテレビ番組で話題になった奇跡的な実話をただ映画化しただけでは、本作がここまで高評価を得ることはなかっただろう。ブライアリー本人は、自分の半生は「驚くべきことに、多くの人が共感できるところがあったようです」という。「もし、子を持つ方であれば自分の子どもにあんなことが起こったら? と思うでしょうし、家族のドラマは何かしら共感できる部分があるようですね。迷子になって苦労したカルカッタ時代や、オーストラリアで新しい親に愛されて育った時代、故郷に憧憬を抱く部分、通常であればあきらめてしまうような捜索をあきらめない部分……この物語の様々な部分に共感してくれる人がいることに私自身も驚いています」

ちなみに、彼にとって自著が多くの人に読まれたり、映画化されたりすることは「ごほうびのようなもの」と笑顔を見せる。「最大のごほうびは、インドにいる家族に会えたことです。でも、自分の出来事を本に書いたことで、こうして映画の宣伝をしたり、ありがたいことにスピーチを頼まれることもあります。私自身はこうした活動を通じて、世の中が少しでも良い方向に変化することになればいいと思っていますし、私自身は謙虚な気持ちでいます」

『LION/ライオン 25年目のただいま』
4月7日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー

【関連リンク】
Google Earthが起こした奇跡の実話!『LION/ライオン 25年目のただいま』予告編公開
ニコール・キッドマン出演の『ライオン(原題)』がトロント映画祭で高評価

【注目のニュース】
亀梨和也、俳優業に“覚醒”
福士蒼汰、こらえきれず涙
『スイス・アーミー・マン』9月公開
ブラッド・ピットが語る“映画の未来”とは?
『潮風のいたずら』新キャストは?
『ジョジョの奇妙な冒険…』場面写真公開!
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#09
“チーム・ソー”特別映像
『坂道のアポロン』第2弾キャスト発表!
『LOGAN/ローガン』来日記者会見

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

日比谷  新宿三丁目  渋谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • ラッキーココア
  • みりあ
  • DDDDD
  • 81rock
  • のんべののん太
  • ぶんず
  • クリス・トフォルー
  • もなぴ〜
  • エテ吉
  • Wreath7

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日本が誇る“侍”の本当の姿とは?『たたら侍』特集
タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。絶妙なストーリーテリングと映像美に胸打たれるSF『メッセージ』をはじめ『たたら侍』『美しい星』等話題作続々更新中
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝