ただいまの掲載件数は タイトル55726件 口コミ 1103510件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 > ニュース > Google Earthが起こした奇跡の実話!『LION/ライオン 25年目のただいま』予告編公開

Google Earthが起こした奇跡の実話!『LION/ライオン 25年目のただいま』予告編公開

(2017/02/07更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『英国王のスピーチ』製作陣とデヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華俳優陣が描く感動の実話『LION/ライオン 25年目のただいま』の予告映像が解禁された。


『LION/ライオン 25年目のただいま』

本作は、主人公のサルー(デヴ・パテル)が、25年前に迷子になった記憶とGoogle Earthを頼りに自分のルーツを求める、実話をもとにした感動ストーリー。インドのスラム街で、兄と遊んでいるうちに停車中の電車で、眠り込んでしまった5歳のサルー。そのまま迷子となり、オーストラリアで養父母と共に幸せに暮らしながらも、実の家族のことを忘れられずにいた。成長したサルーは、未だ言えずにいる“ただいま”を伝えるために、生まれ育った家をGoogle Earthで見つけ出すことを決意する。頼りになるのは、おぼろげな記憶のカケラ。人生の穴を埋めようと模索を続ける中で、少しずつ見えなかった真実が浮かび上がっていく。彼が最後に見つけたものとは――。

製作は『英国王のスピーチ』を手がけたイアン・カニング。見る人の心を揺さぶる本作は、本年度アカデミー賞作品賞をはじめ6部門にノミネートされている注目作。助演男優賞、女優賞にノミネートされているデヴ・パテルとニコール・キッドマンの演技はもちろん、撮影賞、作曲賞にもノミネートされた躍動感のあるスタイリッシュな映像と、ダスティン・オハローラン、ハウシュカの楽曲も作品に彩りを添える。インドとオーストラリアの1万キロの距離、25年という年月をも超える、家族への想い。交差するそれぞれの感情が伝わってくる予告映像に、公開が一層待ち遠しくなる。



『LION/ライオン 25年目のただいま』
4月7日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー

【関連リンク】
監督組合賞は『ラ・ラ・ランド』、撮影監督協会賞は『LION/ライオン…』
ニコール・キッドマン出演の『ライオン(原題)』がトロント映画祭で高評価
『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』作品情報

【注目のニュース】
『ラストコップ THE MOVIE』イベント
『美女と野獣』満足度第1位!
『美女と野獣』初登場第1位!
『アバター』続編、公開日決定?
『3月のライオン』上海国際映画祭に正式出品!
『銀魂』WEB版予告&ポスター公開
『たたら侍』台湾プレミア
ウィル・スミスがディズニー実写化に参加
『バーニング…』本編映像
『フェリシーと夢のトウシューズ』公開へ

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

錦糸町  立川  東武練馬  南大沢  品川  豊島園  昭島  武蔵村山  新宿三丁目  西新井  池袋  渋谷  日比谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • DDDDD
  • クリス・トフォルー
  • のんべののん太
  • エテ吉
  • ラッキーココア
  • 81rock
  • Wreath7
  • みりあ
  • ぶんず

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝