ただいまの掲載件数は タイトル59028件 口コミ 1146730件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 3月のライオン 後編 > ニュース > 伊勢谷友介と大友啓史監督が語る『3月のライオン』の“核心”

伊勢谷友介と大友啓史監督が語る『3月のライオン』の“核心”

(2017/04/28更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


羽海野チカの人気コミックを実写映画化した『3月のライオン』の前後編が公開され、伊勢谷友介が主人公・桐山が交流する3姉妹の父・誠二郎役を演じている。誠二郎は家族を捨てて家を出た男で、ファンの間では“妻子捨男”とも呼ばれているが、伊勢谷と大友啓史監督は彼を単純な“悪役”として描かなかった。その理由を追うと、この2部作が描く重厚なテーマが浮かび上がってきた。


大友啓史監督、伊勢谷友介

フォトギャラリー

伊勢谷友介と大友啓史監督が語る『3月のライオン』の“核心”
伊勢谷友介と大友啓史監督が語る『3月のライオン』の“核心”

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作の主人公・桐山零は、幼い頃に両親を亡くし、父の友人の棋士の下で内弟子として暮らしながら成長し、プロ棋士になった。将棋で勝たなければ生きてはいけない。17歳で桐山は大きな孤独を抱えているが、ライバルたちと切磋琢磨して成長し、偶然に知り合った川本家の3姉妹と交流しながら安らぎを感じるようになる。少しずつ自分の居場所を見つけつつある桐山の前に立ちはだかる男、それが誠二郎だ。

「個人的には、誠二郎は本当にイヤな男なんですよ!」と笑う伊勢谷は、自身が演じた人物を「自分勝手で“俺の幸せは、お前の幸せでもある”と思って生きている人間」と分析する。そのため「映画全体のバランスやキャラクターの役目を考えて、悪い役を演じようと思っていた」というが「最初に監督から“この男は悪気があるわけではない”と話があって、演じる前の段階でちゃんと修正していただいたのが大きかった」と振り返る。

大友監督は「脚本をつくりながら、伊勢谷くんにこういう役を演じてもらうのが面白いかなって、パッと浮かんじゃったんですよ」と笑みを見せるが、「この男が3姉妹の父親であるという事実は動かせないわけだし、嫌われている感じがしないということも、味付けとして実は大事だと思っていた」と語る。「桐山零もそうだけど、この作品では“生きていくためには、そうせざるをえなかった”というのが非常に大事で、誠二郎も奥さんが死んで、子供たちと頑張っていこうとしたけど上手くいかなくて、自分の居場所をなくしてしまったと思うんです。その後母親代わり、父親代わりの一人二役を背負い、苦労を続けてきた長女あかりさんの風当たりは強いかもしれないけど、残りのふたりは、普通に考えるとまだ父親を必要とする年頃ですからね。だから、親子の絆がどこかでうっすらと感じられるという事はとても大切なことだと思っていたんですね。俳優は色々な役を見事に演じつつ、不思議と当人の根っこにあるものが、その役に自然に反映されたりもするも。誠二郎という人に対しての距離感を考えると、この役を伊勢谷くんに演じてもらうことで、誠二郎が不必要にトリッキーだったりしないというか、姑息なイヤな感じに見えないと思ったんです」

ふたりが語る通り、桐山も誠二郎もある場面では悪かったり、勝手な人間に見えることもあるが、本作では、それぞれのキャラクターがみな自分の居場所や気持ちの行き場を求めて必死に戦っている。

大友監督は「誰かと比較したり、相手を叩き潰すのではなく、自分の足元を見つめなおすことで、遠くまで見えてくることもある、そういうドラマを描きたかった」と語る。「この作品でやりたかったのは、ガラパゴスな生き方の面白さというか、ひとつのことに集中しているからこそ気づく美しさや豊かさだったんです。見る範囲を広めていくんじゃなくて、将棋という世界を深めていく中で、相手を許容する。そんな世界を描きたいと思って、引き受けた作品でもあるんです」

一方、伊勢谷は完成した作品を観て「この社会には勧善懲悪なんてものはないんだと気づけたら、この映画を観て自分と向き合うのもいいんじゃないでしょうか」と提案する。「この映画では登場人物全員が苦しんでいる姿が丁寧に描かれているから、観客も反芻しながら自分を許す気になるだろうし、相手を許す気になれると思うんです。いま、必要なのは、自由を許容して、相手を許容することだったりするので、こういう映画は現代に必要だと思いますね」

『3月のライオン』
前編・後編 公開中

【関連リンク】
“勝ち/負けが通用しない物語”を描く。大友啓史監督が語る『3月のライオン』
『3月のライオン』上海国際映画祭に正式出品!史上初となる前後編2夜連続上映
『3月のライオン』試写会 神木隆之介が観客にサプライズ
愛を知り、強くなった神木隆之介の姿も 『3月のライオン』予告編公開!
佐々木蔵之介、伊藤英明らが白熱の対局に挑む 『3月のライオン』プロ棋士たちの新画像公開!
神木隆之介、主演作『3月のライオン』完成に誇らしげ 「自信をもってお届けできる」

【注目のニュース】
ミケランジェロの傑作2点が初来日!
サム・メンデスが『1917』を監督
『ウタモノガタリ』コメント公開
『DTC-湯けむり純情篇-』予告編公開
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#22
『フジコ・ヘミングの時間』満足度第1位!
『オンリー・ザ・ブレイブ』TAKAHIROインタビュー
『万引き家族』動員ランキングV2!
『インクレディブル…』新記録達成
鈴木福、スター・ウォーズの魅力を語る

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • hiryuden24
  • ぶんず
  • bobby
  • 森宮野原

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

3月のライオン【後編】 Blu-ray 豪華版(本編Blu-ray1枚+特典DVD1枚)

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5454円(税込)
  • OFF:1890円(25%)

3月のライオン【後編】 DVD 豪華版(本編DVD1枚+特典DVD1枚)

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4656円(税込)
  • OFF:1608円(25%)

3月のライオン【後編】 DVD 通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

 


興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
大人の胸を揺さぶる熱きドラマ 長瀬智也主演の本格社会派ドラマ『空飛ぶタイヤ』ほか、シリーズ完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ