ただいまの掲載件数は タイトル63147件 口コミ 1167852件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 映画「聲の形」 > ニュース > 人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』

人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』

(2016/09/12更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大今良時の人気コミックを京都アニメーションが映画化した『聲の形』が間もなく公開になる。監督を務めたのは『映画 けいおん!』『たまこラブストーリー』を手がけた山田尚子監督で、本作の制作過程は「人間の本質や普遍的な部分を、まっすぐに見ていく作業」と振り返る。


『聲の形』

フォトギャラリー

人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』
人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』
人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』
人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』
人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』
人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』
人間の“本質”を描き出す。山田尚子監督が語る映画『聲の形』

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

『聲の形』は、退屈を嫌うガキ大将の小学生・石田将也と、転校生の少女・西宮硝子の出会いから始まり、ふたりの高校時代にドラマが移りながら、ある出来事をきっかけに孤立してしまった将也が、迷ったり、つまずいたりしながら、周囲の人々や自分自身を受け入れようとする物語が描かれる。

原作コミックは全7冊が刊行されており、山田監督は『たまこ…』や『けいおん!』でもタッグを組んだ脚本家・吉田玲子と試行錯誤を繰り返しながら脚本づくりにあたった。「原作のエピソードはすべてが魅力的なんですけど、それらをそのまま並べてしまうと、ただの“ダイジェスト”になってしまう。だから原作の本質を注意深く探って、エピソードを練りこんで映画としてひとつの筋を通していく作業でした」

多くの魅力的なエピソードとキャラクターを前に、山田監督は絵コンテの完成まで「ずっと自問自答しながら、『聲の形』とは一体、どういう作品なんだろうと考え続けた」という。その過程で監督は「この作品は、表面的な部分ではなく、人間の“根っこ”の心を描く」という想いを貫いた。「コミックと違って、映画は強制的に時間が流れていってしまうので、時間のコントロールが本当に大事になるんですね。だから、行ったり来たりしながら何度もコンテを書いて、物語が立体的に見えるようにしていきましたし、人間の本質や普遍的な部分を、まっすぐに見ていく作業でした」

さらに山田監督はストーリーテリングだけでなく、映像表現でも徹底的に『聲の形』の本質を伝えるために心を砕いている。これまでも山田作品は繊細な人物描写が高く評価されてきたが、映像の画角や、フォーカス、カメラワークなど“映像の語り”も緻密に計算されており、本作ではアニメーション的な省略や記号的な表現を封印して「真摯にキャラクターを動かす」ことを基本に演出がなされている。「自分では何が“アニメっぽい”のかよくわかっていなくて、いつも映画に敬意があって、その一心でやっています。だから、どの場所に登場人物を立たせて、何ミリのレンズで、どの構図で撮れば、登場人物が魅力的に描けるのか? その積み重ねなんですね。アニメーションであれば、観る人の感情に的確に訴えるためのレイアウトや、色や空気感をしっかりとコントロールできます。“まばたき”のタイミングひとつ違っても、観客が受ける印象は違います。だから、今回もスタッフの方には本当に尽力してもらいました。“忍耐の作画”だったと思いますが、そのおかげでキャラクターがちゃんと“生きている”気がするんです。そこだけはいつも絶対にハズしたくないところですね」

山田監督は本作でも、センセーショナルな展開や定型の演出を慎重に退け、スクリーンの中で“生きている”人物を描きだしており、キャラクターの心情が観る者にしっかりと伝わってくる。「『聲の形』は、普通の日常や人の心の機微を、ファンタジーを介入させなくても当たり前に描くことができる作品だと思います。だから、すごく難しかったんですけど、とてもリラックスしてつくることができました」

映画『聲の形』
9月17日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

【関連リンク】
『聲の形』作品情報
入野自由と早見沙織が映画『聲の形』メインキャストに!
京都アニメーション制作の『映画 聲の形』の特報映像が公開!

【注目のニュース】
満足度第1位は『PSYCHO-PASS』Case.2
『フォルトゥナの瞳』動員ランキング首位
北米ボックスオフィス、首位は『アリータ:バトル・エンジェル』
『きみと、波にのれたら』追加キャスト
星野源主演『引っ越し大名!』追加キャスト発表
有村架純、DAI語を駆使して神木隆之介を絶賛
リブート『パイレーツ』の脚本家が降板
稲垣吾郎、『半世界』に感謝
『アリータ』製作者が語る
中川大志、新人俳優賞に喜び

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
映画「聲の形」

(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • みらくる
  • cinerama
  • 葉秋らん☆
  • KI-ki
  • 高城剣
  • 別計算
  • なつみかん。
  • ニコルソン
  • クリス・トフォルー
  • ラッパの音がする
  • ジャサ
  • mikikar
  • らぴゅたん
  • エージ
  • 鶯谷畳一畳

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】