ただいまの掲載件数は タイトル59063件 口コミ 1146983件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > キングコング:髑髏島の巨神 > ニュース > 監督が解説。『キングコング:髑髏島の巨神』の“ここ”に注目!

監督が解説。『キングコング:髑髏島の巨神』の“ここ”に注目!

(2017/02/22更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


映画史にその名を轟かせている最強モンスター“キングコング”が来月、再びスクリーンに登場する。タイトルは『キングコング:髑髏島の巨神』で、監督を務めた新鋭ジョーダン・ヴォート=ロバーツは、コングの描写だけでなく、人間の描き方や、物語の背景にまでこだわり、これまでにない映画をつくろうとしたようだ。


ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督

フォトギャラリー

監督が解説。『キングコング:髑髏島の巨神』の“ここ”に注目!
監督が解説。『キングコング:髑髏島の巨神』の“ここ”に注目!
監督が解説。『キングコング:髑髏島の巨神』の“ここ”に注目!
監督が解説。『キングコング:髑髏島の巨神』の“ここ”に注目!

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

1933年に公開された映画『キングコング』は全世界の観客に衝撃を与えた。南の島から連れてこられた巨大なコングがエンパイア・ステート・ビルにのぼる場面は、映画史に残るクライマックス・シーンで、コングはその後も様々な形で映画化され、進化を遂げてきた。しかし、ロバーツ監督は本作では「1933年のオリジナルの映画に立ち返って、映画的なモンスターを描きたかった」と説明する。

そこで監督が物語の舞台に選んだのは、何と1970年代だ。人間たちは、神話の中にだけ存在するとされてきた髑髏島(どくろとう)を発見して探検を開始するが、島を守る伝説の巨神キングコングに出会う。時代はアメリカがベトナムで戦争をしていた頃。劇中には70年代の音楽が鳴り響き、現実の米国史の出来事と、誰も目にしたことのない光景・生物が混ざり合う。「最初から、本作は“戦争映画”にしたい、さらに言うならば“反戦映画”にしたいと思っていました。ベトナム戦争を背景に選んだ理由は、観客の中にしっかりとしたイメージが定着しているからです。そこにモンスターが登場すれば、リアリティを保ちながら、まだ誰も観たことがないものを見せられると考えたわけです」

ベトナム戦争時のアメリカ、兵士たち、連なって飛ぶヘリコプター、出口のないジャングル……ロバーツ監督は『地獄の黙示録』のような光景を描きながら、そこに圧倒的な大きさの“巨神”を登場させる。「この映画のコングは、巨大なゴリラではなく、孤独な神として描きました。と同時に人間的な面もあります。そのバランスをとるのに時間がかかりました。彼は島の王ですから、高潔さやプライド、そして孤独や悲しさがあります。中でも、悲しさについては『ワンダと巨像』というゲームからヒントを得ています。大きな生き物がノソノソと動く姿は、少し物悲しく感じるんです」。しかしコングは、神は神でも最強の神だ。島の平和をおびやかす存在がいれば、凶暴性を発揮して全力で敵を叩きのめす。「現代の観客は、巨体同士がただ戦うだけのシーンは見飽きてるでしょうから、コングに共感できる要素がないといけないと考えました。だから、コングには思考や戦略があって、キャラクターがわかるようにしましたし、戦い方も“大きな猿”ではなく、エヴァンゲリオンのように俊敏でスタイリッシュなものになっています。だから、コングはILMのアニメーターたちがアニメーションで描きました。というのも、(人間の動きを取り込む)モーションキャプチャーでは、エヴァンゲリオンのような動きは表現できないからです」

一方で、ロバーツ監督は、撮影中にキャストとスタッフに「人間のふとした表情と、ド派手な対決シーンを同じ重要度で描きたい」と宣言したという。「人間がジャングルに入っていくときの表情と、コングがヘリをやっつけるシーンの重要度は同じなんです。人間の登場人物を通じて観客を作品世界に引き込むことができなければ、どれだけ爆発が起こっても、どれだけCGがすごくても、そんなものどうでもよくなってしまいますから」

そんな監督の想いが最も注ぎこまれたのが、クライマックスシーンだ。詳細は書けないが、コングをはじめとする巨大モンスターと人間たちのドラマが同時に描かれ、驚くべきことにサイズの違う両者が、カットを変えることなく同じフレームの中で描かれる。「昔からワイドスクリーンの映画が好きで、この映画でも巨大なコングと人間を同じフレームの中で描くダイナミズムがほしかったのです。しかし、このシーンを描くのは本当に大変でした。映像コンテも作って、ストーリーボードも作って、何度も考え直して、作り直して、撮影現場でも考えて、その場で見つけたものを取り入れたりもしました。お客さんはお金を払って観に来てくれるわけですから、一生懸命にやりましたし、クライマックスは自分でも誇りに思えるシーンになりました」

インタビュー中、ロバーツ監督は何度も“まだ誰も観たことがない”という主旨のフレーズを繰り返した。キングコングは誰もが知るアイコン的なキャラクターだ。だからこそ『…髑髏島の巨神』で描かれる“新たなコング”は、全世界の観客に大きな衝撃を与えることになりそうだ。

『キングコング:髑髏島の巨神』
3月25日(土)全国ロードショー

【関連リンク】
カオナシに使徒? 『キングコング:髑髏島の巨神』は日本文化の影響が色濃い“新機軸”
最強怪物総進撃! 『キングコング:髑髏島の巨神』新予告編
巨大モンスターが続々出現! 『キングコング:髑髏島の巨神』新映像
ついにコングが登場! 『キングコング:髑髏島の巨神』新映像が公開
『コング:スカル・アイランド』来年3月に公開! 緊迫の場面写真がお披露目
『キングコング:髑髏島の巨神』作品情報

【チケット情報】
キングコング:髑髏島の巨神/全国券

【注目のニュース】
『アントマン&ワスプ』本予告
浦沢直樹個展、埼玉県立近代美術館にて開催
『告白小説、その結末』インタビュー公開
J・クルーニーがSFスリラー監督
『インクレディブル・ファミリー』パ・リーグコラボ
西野カナ『3D彼女…』主題歌書き下ろし
町山智浩に聞く、映画の解き明かし方
『アメリカン・アサシン』特別映像
『ミッション:インポッシブル』最新作本予告
K・スペイシー新作の公開決定

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • moa_tiroruchoco
  • ラッキーココア
  • マリナハート
  • みかずき
  • 鶯谷畳一畳
  • 猫ぴょん
  • HIROCOSTON
  • オフェリア
  • たむら

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


「“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト」始動!一般選考員を大募集!!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ