ただいまの掲載件数は タイトル55768件 口コミ 1103905件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > キングコング:髑髏島の巨神 > ニュース > 最強怪物総進撃! 『キングコング:髑髏島の巨神』新予告編

最強怪物総進撃! 『キングコング:髑髏島の巨神』新予告編

(2017/01/11更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


映画史上最強のモンスターたちが大暴れする大作映画『キングコング:髑髏島の巨神』の新予告編が公開になった。島の王コングだけでなく、様々な怪物が大暴れする映像で、島を訪れた人間に勝ち目はなさそうだ。


『キングコング:髑髏島の巨神』

フォトギャラリー

最強怪物総進撃! 『キングコング:髑髏島の巨神』新予告編
最強怪物総進撃! 『キングコング:髑髏島の巨神』新予告編

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

このほど公開された映像にまず登場するのは、神話の中にだけ存在するとされてきた髑髏島(どくろとう)。南太平洋のどこかに位置するといわれてきたこの島は神秘に満ちており、人間たちは探検を開始するが、この島には伝説の巨神キングコングが守る禁断の場所だった。映像の前半にはコングがその力を発揮し、人間たちを次々になぎ倒すシーンが登場。巨大ヘリを掴んで投げ落とすコングの力は強大で、人間たちは逃げることしかできない。

映像の中盤に登場する男が、30年に渡って研究した結果わかったことは、この島の王はコングで、島にはコング以外の恐ろしい怪物が多数生息しているらしい。人間たちは、島からの脱出を試みるが、そこへ様々な怪物が襲来。地面から飛び出してくるもの、鋭い脚で攻撃してくるもの、あまりにも動きが速く、その全貌が把握できないものまで出現し、人間は島を焼き払って逃げ延びようとするが、島の王コングがそれを許すはずがない。

これまで作られてきた『キングコング』では、策を練ってコングを捕獲するなど人間が“一枚うわて”だったが、本作では人間の力ではどうにもできないほど大きく、強く、危険な怪物が揃って登場するようだ。



『キングコング:髑髏島の巨神』
3月25日(土)全国ロードショー

【関連リンク】
『キングコング:髑髏島の巨神』作品情報
巨大モンスターが続々出現! 『キングコング:髑髏島の巨神』新映像
ついにコングが登場! 『キングコング:髑髏島の巨神』新映像が公開

【注目のニュース】
『HiGH&LOW 2』特報
『大混乱』がリメイク
伊勢谷友介と大友啓史監督が語る
『ローグ・ワン』トリビア映像集
『銀魂』ムビチケ発売へ
吹替えキャストが語る『美女と野獣』
『ユリゴコロ』特報映像公開!
『坂道のアポロン』公開決定
『彼女が…』特報&ポスター
『ローグ・ワン』発売イベント

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS. LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

錦糸町  池袋  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  豊島園  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  日の出町  有楽町  新宿三丁目  立川  二子玉川 

他の地域

 

この映画のファン

  • マリナハート
  • 猫ぴょん
  • たむら
  • HIROCOSTON
  • オフェリア
  • moa_tiroruchoco
  • ラッキーココア

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


タツノコプロ55周年記念作品『破裏拳ポリマー』のココに注目!
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
2大巨匠が初タッグを組んだ傑作サスペンス・スリラー!『11.22.63』特集&イッキ見試写会レポート
90年代の名作が20年ぶりに帰ってきた! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 『T2 トレインスポッティング2』ほか感動作『LION/ライオン』『ハードコア』『グレートウォール』等続々更新中
PFF福岡開催記念!“3つ”のお得なクーポン&割引キャンペーン!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝