ただいまの掲載件数は タイトル58823件 口コミ 1144363件 劇場 591件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち > ニュース > 日本人アーティスト・田島光二が語るティム・バートンの魅力

日本人アーティスト・田島光二が語るティム・バートンの魅力

(2017/02/08更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


公開中のティム・バートン監督の最新作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』で、英国の制作会社“Double Negative Visual Effects”に所属する田島光二さんがコンセプトアートを担当している。画家の顔も持ち、ビジュアルに独自の美学を貫くバートン監督と田島さんはどのような過程を経てキャラクターを生み出したのだろうか?


『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

フォトギャラリー

日本人アーティスト・田島光二が語るティム・バートンの魅力
日本人アーティスト・田島光二が語るティム・バートンの魅力
日本人アーティスト・田島光二が語るティム・バートンの魅力

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作は、孤独な日々を送っていた少年ジェイクが、美しいミス・ペレグリンと少しだけ奇妙な子どもたちに出会い、自身の幸福を見つけ出していく物語で、劇中にはタイトル通り、奇妙なキャラクターが次々に登場するが、田島さんはスケルトン(ガイコツ)軍団と、悪の異能者ホローガストのコンセプトデザインを担当した。

映画の制作当初はビジュアルに関するものは何もないため、田島さんは「オファーはまず、箇条書きの文章が来ることが多いです」と説明する。「そのキャラクターの成り立ちや性格が書いてあるだけで、今回は具体的にどういう形にしてくださいということはなかったです。なので、いろんな方向のデザインを最初に提出して、その中で気に入ってもらったものをだんだん詰めていく感じになります。だから最初は、どういうものを描こうかなぁ。2足歩行なのか、4足歩行なのか……そこから考えていくんです」

初期の段階で様々なパターンを提出し、監督と話し合う中でデザインの方向性が定まっていくが、イメージに合うまで様々な変更が行われるという。「この映画は、わりとリアル路線なので、ガイコツ軍団も最初は身体のプロポーションがバラバラでコミカルだったのですが、作業していく中でどんどんリアル路線になりました。ホローガストは監督から“少しかわいそうに感じられるようなデザインに”と言われていたので当初は痩せこけていたんですけど、あまりにも弱々しいとコワく見えないので、最終的には筋肉などを追加して凶暴な見た目に変化していきました」

「自分の色をつけようとは思っていなくて、映画にとって何がふさわしいかを考える」という田島さんは、監督の意図を探る能力がデザイナーに求められる能力の半分以上を占めるという。「絵を描けるのは大前提なので、相手の欲しがっているものを汲み取って絵に反映させていくのが仕事です。ティム・バートン監督は、ゴールがすごく明確なんです。最初にいろんなデザインのパターンを見せたんですけど、それぞれに“これは違う”とか“これは良い”って短いコメントがパッと来て、作業の最後の段階には気に入ったものは『では、これで(This is it!)』ってなりましたね。ティム・バートン監督が『子どもの頃に観た悪夢のような世界観とキャラクターにしたい』って言っていて、それを聞いて方向がクリアになりました。デザインはストーリーを伝えるのがゴールです。スケルトン軍団も、ひとりひとりの設定がちゃんとあって、キャプテンもいれば、船で働いている人、シェフ、乗客のマダムとか細かな設定があるので、そこも注目してみてもらえると面白いかなと思います」

ちなみに、自分の色を努めて出すことはしないが「個性は絶対に出てしまうもの」という田島さんは、幼少期に好きだった“あるもの”が自身の土台になっているという。「僕はガッツリと“ポケモン世代”なんですよ(笑)。いま、僕がモンスターばっかり作ってるのも、そこに影響されてるんだろうなって(笑)。でも映るのはスクリーンですから“ポケット”じゃないですね(笑)。それにポケットに入れたらコワいデザインばっかりです(笑)」



『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』
公開中

【関連リンク】
『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』が初登場第1位!映画動員ランキング
ティム・バートン監督が語る、新作映画と愛する日本への想い
ティム・バートン新作『ミス・ペレグリン…』ヒロインの魅力に迫る特別映像
テーマは“ホリデー”と“ラブ”。ティム・バートンの特製カードBOXが本日リリース!
宮野真守がティム・バートン最新作『ミス・ぺレグリン…』日本語版キャストに
日本公開日も決定! ティム・バートン最新作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』特別映像

【注目のニュース】
C・セロンが「#MeToo」テーマの映画に
ミシェル・ウィリアムズが新作を語る
『告白小説、その結末』WEB限定予告
『デッドプール2』MVメイキング映像公開
絵本作家の創作の秘密に迫る『かこさとしのひみつ展』
『メイズ・ランナー:最期の迷宮』本編映像
『スパイダーマン』続編にJ・ギレンホール
『プーと大人になった僕』日本版ポスター
『かぞくいろ』特報&ティザーポスタービジュアル
『ラプラスの魔女』大ヒット御礼舞台挨拶

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • リリーローズ908
  • mamarin
  • da-
  • b_k5z
  • Gaku
  • ぱおう
  • ウータン麺
  • ママデューク
  • 猫ぴょん
  • ぶりんじ
  • てぃーたん
  • ラッキーココア
  • hikarururu
  • クリス・トフォルー
  • wywykiki

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


未来の映画監督たちよ、ここに集え!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
アカデミー脚色賞ほか映画賞多数受賞の話題作、誰もが心揺り動かされる青春ラブストーリー『君の名前で僕を呼んで』や毒のあるユーモアが散りばめられた『ザ・スクエア…』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ