ただいまの掲載件数は タイトル63147件 口コミ 1167879件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > リリーのすべて > ニュース > 自分は一体、何者なのか? エディ・レッドメインが語る『リリーのすべて』

自分は一体、何者なのか? エディ・レッドメインが語る『リリーのすべて』

(2016/03/17更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


エディ・レッドメインが主演を務め、『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパーが監督した映画『リリーのすべて』が18日(金)から公開になる。本作は、世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人のリリー・エルベと妻ゲルダの物語を実話を基に描いた作品だが、レッドメインはこの物語は、主人公が“自分が何者かを見つけようとする物語”だと語る。


エディ・レッドメイン

フォトギャラリー

自分は一体、何者なのか? エディ・レッドメインが語る『リリーのすべて』
自分は一体、何者なのか? エディ・レッドメインが語る『リリーのすべて』
自分は一体、何者なのか? エディ・レッドメインが語る『リリーのすべて』
自分は一体、何者なのか? エディ・レッドメインが語る『リリーのすべて』
自分は一体、何者なのか? エディ・レッドメインが語る『リリーのすべて』

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

本作でレッドメインが演じた人物は冒頭では“アイナー・ヴェイナー”と呼ばれている。風景画家として高い評価を得ているアイナーは、肖像画家の妻ゲルダを愛し、カンヴァスにむかう日々をおくっていたが、ある日、妻が手がける作品のモデルの代役を務めるためにバレリーナのチュチュを手にした瞬間から自身の中でこれまでにない感情が芽生えはじめる。

やがてアイナーは女性用の下着や洋服を手に鏡に向かう中で、自身の中に潜んでいた“本当の自分の姿”を発見する。「アイナーが鏡に向かい合うシーンは、脚本を読んだ段階からとてもデリケートに表現された美しいシーンだと感じていました。あの場面でアイナーは初めて“リリー”の笑顔を発見します」。アイナーは妻のすすめで、化粧をし、女性向けの服を着て自らを“リリー”と名乗るようになる。最初、それはゲームのつもりだったが、ある段階でリリーはもう“アイナー”には戻れないと気づく。「演じる上で、鏡に向き合う場面は非常に興味深いものでした。撮影前に多くのトランスジェンダーの方にお会いしたのですが、ひとりの方が『最初の頃は出かける前に自分がどんな姿をしているのか何度も鏡を覗き込んでいた』と言っていました。自分の姿が暴力や差別を生んでしまうのではないかという恐怖を抱いていた、と。だからこそ、鏡に向き合うシーンは非常に重要でした」

リリーだけでなく、私たちも日常的に鏡を覗きこむ。なぜか? 人間は絶対に自分の眼で“自分の姿”を見ることができないからだ。本作は、鏡や絵画、水面など様々なモチーフを積み重ねて“何かに自分の姿を映す”イメージを描き出していく。「この映画は、主人公が“自分が何者かを見つけようとする物語”です。誰しもが自分が何者かを見つけ出すまでに壁やブロックがあると思います。僕は俳優なので、写真や映画や時にCG用の3Dスキャンのデータで自分の姿を何度も目にしますが、それでも『自分の思っている姿とは違うな』と思うことがあります。誰しもが、他人から見えている姿と、自分自身が考えている姿に違いがある。その中でも“性別違和”ほど高く深い壁はないと思います」

リリーは“自分の真の姿”を求めて、もがき、苦悩する。興味深いのは、この映画ではそれをゲルダの視点から描いていることだ。彼女は、リリーの“妻”だが、リリーに揺るぎない愛をそそぎ続ける。「ロスでお会いしたトランスジェンダーの方が『私は男の姿でいる時に、自分の何をかけても“ありのまま”の姿で人生をまっとうしたいと思った』とおっしゃっていました。これは“個人”の想いです。しかし、その方は同時に『パートナーに対してどのぐらい想いを持ち続けられるのかをいつも考えていた』と言ったんです。これは“ふたり”の想いです。僕はこの言葉に深い感銘を受けたので、自分の脚本の上にいつも彼らの言葉を書きとめておきました。このふたつの感情こそが、この物語の核だと思うのです」

『リリーのすべて』
3月18日(金)全国公開

【関連リンク】
『リリーのすべて』作品情報
監督&キャストが“愛の深さ”を語る『リリーのすべて』特別映像
『リリーのすべて』引っさげ来日中のエディ・レッドメイン、日本のファンと初対面し「コンニチワ!」
究極の愛の形を描く感動作『リリーのすべて』予告映像が公開
オスカー監督&俳優が描くラブ・ストーリー『リリーのすべて』が来春公開決定

【注目のニュース】
満足度第1位は『PSYCHO-PASS』Case.2
『フォルトゥナの瞳』動員ランキング首位
北米ボックスオフィス、首位は『アリータ:バトル・エンジェル』
『きみと、波にのれたら』追加キャスト
星野源主演『引っ越し大名!』追加キャスト発表
有村架純、DAI語を駆使して神木隆之介を絶賛
リブート『パイレーツ』の脚本家が降板
稲垣吾郎、『半世界』に感謝
『アリータ』製作者が語る
中川大志、新人俳優賞に喜び

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
リリーのすべて

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • まりもっち
  • リリーローズ908
  • おハナさんといっしょ。
  • ちい106
  • 小波
  • 佳辰
  • ayt0
  • Erika Tani
  • gale
  • すずらん
  • Right_C
  • クリス・トフォルー
  • marikokohore111
  • 119Saki119
  • ちとせあめ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】