ただいまの掲載件数は タイトル59759件 口コミ 1155126件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > スター・ウォーズ/最後のジェダイ > ニュース > どんな衝撃が待つ? 監督が語る『スター・ウォーズ』最新作の“新しい展開”

どんな衝撃が待つ? 監督が語る『スター・ウォーズ』最新作の“新しい展開”

(2017/10/18更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


全世界のファンが待ちわびている『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開まで2か月をきった。本作は『…フォースの覚醒』に続く作品で、これまで通り公開までその内容は秘密のままだが、新作ではこれまでのサーガにはなかった新たな展開や、観客の予想外の衝撃が描かれるという。過去7作では描かれなかった“新しい展開”とは何を指すのか? 脚本と監督を務めるライアン・ジョンソンが何度も「公開されてないから言いにくいんだけど……」と前置きしながら、いま話せるギリギリまで語ってくれた。


ライアン・ジョンソン監督

フォトギャラリー

どんな衝撃が待つ? 監督が語る『スター・ウォーズ』最新作の“新しい展開”
どんな衝撃が待つ? 監督が語る『スター・ウォーズ』最新作の“新しい展開”
どんな衝撃が待つ? 監督が語る『スター・ウォーズ』最新作の“新しい展開”
どんな衝撃が待つ? 監督が語る『スター・ウォーズ』最新作の“新しい展開”

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

新たに『スター・ウォーズ』を再開させるにあたり、ルーカス・フィルムはまず、J.J.エイブラムスを監督に選び、シリーズ7作目『…フォースの覚醒』の製作を開始。その後、彼らがエピソード8の監督と脚本家に抜擢したのは、『LOOPER/ルーパー』で注目を集めたライアン・ジョンソンだった。7作目はエイブラムス監督と2人の脚本家が共同でシナリオを執筆したが、『…最後のジェダイ』はジョンソン監督が単独で脚本を手がけた。「脚本の作業をスタートしたのは、まだJJが『…フォースの覚醒』を撮影している段階だったから、毎週、デイリー(撮影したばかりの編集前の映像)を見せてもらうことができた。俳優たちがどんな風にキャラクターに命を吹き込んでいくのかを観るところから、僕の作業は始まったんだ」

本作は3部作の“真ん中”にあたるため、JJたちが生み出した物語やキャラクターを引き継ぎ、ジョンソン監督が発展させ、エピソード9で再び監督を務めるJJに渡す必要がある。ジョンソン監督は「僕が最初に反応したのは、JJが作り上げたキャラクターと彼らの関係性だった。このふたつをフックに物語にすんなり入っていくことができたよ。彼から物語を引き継ぐだけでも大変だったから、わざわざ複雑にしてバトンを戻そうなんて考えてないよ!」と笑顔を見せるが、作業の初期の段階から『…最後のジェダイ』の“あるべき姿”はハッキリと見えていたという。「細かい部分は時間をかけて練ったけど、この映画の“あるべき姿”は脚本を書いている段階でハッキリ見えたんだ。まず最初に、この映画に登場する主要なキャラクターの名前を書き出して、それぞれのキャラクターの“はじまり”と“ゴール”を書いたリストを作成したんだ。本作では、観客がすでに知っていることを引き継いで、この映画で新たにわかることがあるけど、すべてが明らかになるわけではない。だから、次の監督が自分の理にかなった方法で描けるだけの余地を残したつもりだよ」

思い返せば、前作『…フォースの覚醒』では新しいキャラクターが登場し、新たなサーガが幕をあけたが、3部作の“ゴール”がどこにあるのかは明かされないままだった。この物語はどこを目指して進んでいくのか? 主人公は最終的に何を目的にしているのか? 新サーガの目的地は、新作で明かされるのだろうか? ジョンソン監督は少し言いにくそうに沈黙した後「ある意味では……イエスかな」と回答した。「今回の映画では、それぞれのキャラクターが何と対峙していて、試練は何なのかを掘り下げて描きたいと思った。だから、新作を観終わる段階では、それぞれの登場人物の道のりがハッキリして、何を目的にしていて、そのためにどんな試練が待っているのかが明らかになっていればいいと思ったんだ。だから、最終的にどんな結末になるか予想できるかどうかはともかく(笑)、このシリーズがどの方向に向かっているのかわかる映画になっていると思うよ」

その上で、ジョンソン監督は新作で“これまでのスター・ウォーズでは行われたことのない展開”にチャレンジしたという。「次の映画では新旧のキャラクターや世界観が不思議なシンメトリー(左右対称)を形づくっているんだ。たとえば、ルーク・スカイウォーカーは我々が来た道を描く“過去”を象徴し、レイが我々がどこへ行くのかを描く“未来”を象徴している。新旧のキャラクターや世界観のバランスは、映画づくりのスタイルにも及んでいるし、実は作品全体を貫くテーマでもあるんです。だから、今回の映画では新しい惑星に行くといった物理的なことだけではない“新しい展開”も描かれるよ。それは、これまでの『スター・ウォーズ』では行われていなかったチャレンジで、僕自身はワクワクしたけど、観てくださる方がどう思うか……いまは少し緊張している状況ですね(笑)」

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金)全国公開

【関連リンク】
衝撃の連続! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新予告編がついに登場!
『スター・ウォーズ』新キャラクター“ポーグ”が公開前から人気上昇中!
ライアン・ジョンソン監督、京都宇治・平等院で『最後のジェダイ』成功祈願
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督が緊急来日! 次回作もメガホンとる?
人気キャラクターも会場に! 博多に巨大“スター・ウォーズ山笠”が登場
全世界待望! 新作の邦題は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に!
『スター・ウォーズ/エピソード8』が撮影開始! 現場映像が公開

【注目のニュース】
満足度第1位は『パパはわるものチャンピオン』
松岡茉優、第31回東京国際映画祭アンバサダーに
『プーと大人になった僕』動員ランキングV2!
K・ホームズの新たな主演作
『キングスマン3』制作開始
『居眠り磐音』映画化決定
『東京喰種』続編製作決定
『シュガー・ラッシュ:オンライン』予告編
ライムスター宇多丸、森田芳光監督作品を語る
『京都・醍醐寺ー真言密教の宇宙ー』展開幕

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • リサガス
  • みかずき
  • cinerama
  • ☆HIRO☆
  • Jny5
  • Hosiimo
  • ekinakaehon
  • Fのん
  • ライトsw
  • 出木杉のびた
  • Shuji Takayama
  • decolin3
  • 七尾
  • ごま12
  • Stella

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!