ただいまの掲載件数は タイトル57861件 口コミ 1130888件 劇場 595件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 美女と野獣 > ニュース > 監督が解説。実写映画『美女と野獣』はいかにして生まれたのか?

監督が解説。実写映画『美女と野獣』はいかにして生まれたのか?

(2017/04/18更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


恐ろしい見た目の野獣と、心優しい美女が出会い、恋に落ちる物語『美女と野獣』はこれまでにも繰り返し映像化されてきたが、21日(金)から公開になる映画は、1991年公開のディズニー・アニメーションを基にしている。基になったアニメーションは、想像力豊かなキャラクターと親しみやすい音楽が多くの観客を魅了した傑作だが、本作の監督を務めたビル・コンドンは「アニメーションをそのままなぞっても、実写映画にはなりません」と断言する。すでに全世界で圧倒的な成功を収めている2017年の『美女と野獣』はいかにして誕生したのだろうか?


ビル・コンドン監督

フォトギャラリー

監督が解説。実写映画『美女と野獣』はいかにして生まれたのか?
監督が解説。実写映画『美女と野獣』はいかにして生まれたのか?

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

まず最初に『美女と野獣』の歴史を簡単におさらいしておく。この作品が最初に世に出たのは“小説”だった。18世紀にフランス人作家ガブリエル=スザンヌ・ド・ヴィルヌーヴが執筆したもので、現在、この版は『美女と野獣 オリジナル版』(白水社)で読むことができる。その数年後には、ジャンヌ=マリー・ルプランス・ド・ボーモンが短縮版を執筆。この“ボーモン版”が広く知られており、邦訳も多く出版されている。

映像化も多く、様々なキャストが野獣とベルを演じたが、最も有名な実写作品は、1946年に巨匠ジャン・コクトーが監督した作品で、コンドン監督もお気に入りのようだ。本作は、1991年製作のディズニー・アニメーション、ならびにアニメーションのためにリンダ・ウールヴァートンが執筆した脚本が基になっており、コンドン監督は「とにかく素晴らしいアニメーション映画で、劇中の音楽が特に優れていると思います」と表情を輝かせる。「あの音楽は観客の心の中に入り込みました。あの歌詞と音楽がなければ、1991年版はまったく違った作品になっていたでしょうね」

近年、ディズニーは『不思議の国のアリス』や『シンデレラ』『ジャングル・ブック』など名作アニメーションを実写化して大成功をおさめており、コンドン監督に『美女と野獣』の実写化が託された。しかし、監督は「基のアニメーションをそのままなぞっても、実写映画にはなりません」と語る。「何よりも、基になったアニメーションが完璧な作品です。それに、よく考えると『シンデレラ』も『ジャングル・ブック』も50年ほど前のアニメーションを実写化したものですから、制作する上で“このポイントは現代の観客には通用しないな”という部分があります。しかし、『美女と野獣』は、現代の観客の心にまだ残り続けていますし、現代にも通用する物語ですから、再考する余地がないんです」

そこで本作の製作陣は、基になった物語を“再考=考えなおす”のではなく“深化=より深める”方向で脚本づくりを進めた。「ある怠惰な批評家に“アニメをそのまま実写化した”と言われましたが(笑)、実は、今回の映画のセリフの90パーセントは、本作のために新たに書かれたものです。それは撮影する上でも同じで、アニメーション映画を実写でそのまま“模写”しても映画にはなりませんから、生身の俳優がどのように心理を表現するのか、細かなニュアンスまで追求しましたし、それぞれのキャラクターが抱えている背景や歴史も新たに描いていきました。もちろん、観てくださった方が“まるでアニメーション映画の『美女と野獣』を観た時と同じような体験だった”と言ってくださったのであれば、こんなに光栄なことはありません」

さらにコンドン監督は、映像化する上で、これまでに発表された様々なミュージカルや、クラシック映画を参考にしたという。「参考にした作品は本当に本当にたくさんあるんです(笑)。映画の中で、ベルが食卓に招かれて、ルミエールが『ひとりぼっちの晩餐会』を歌うシーンだけでも『シカゴ』『キャバレー』『レ・ミゼラブル』『雨に唄えば』『ウエストサイド物語』にバスビー・バークレーの映画、ボリウッド映画……まだまだあります(笑)」

本作には、多くの人に愛され続けるディズニー・アニメーションと、今も輝くクラシック映画の魅力が息づいているが、すでに公開されている国々では、この映画が現代の社会の様相や思考を反映した作品だという声が多く挙がっているという。「すごく興味深いことですよね。この物語は非常に秀逸ですから、作り手がことさらに意識しなくても、観客が現代的だと感じる部分があるのでしょう。もちろん、撮影しながら“現代的だな”と思った要素はあります。でも、1990年代に(アニメーション版の楽曲の作詞を手がけた)ハワード・アッシュマンの書いた言葉は耐久性がありますから、自然にしていても、観客は、この物語を現代的だと感じるのだと思います」

『美女と野獣』
4月21日(金) 全国ロードショー

【関連リンク】
『美女と野獣』作品情報
巨匠アラン・メンケンが『美女と野獣』と作曲の極意を語る
「エマ・ワトソンの印象にぴったり」『美女と野獣』歌姫・昆夏美が歌う名曲『朝の風景』吹替版映像公開
ディズニー最新作『美女と野獣』日本版ミュージック・ビデオが公開
『美女と野獣』北米で1億7,400万ドルの記録的デビュー
アリアナ・グランデとジョン・レジェンドの歌声が! 『美女と野獣』ミュージック・ビデオ公開
実写版『美女と野獣』にゲイであることを隠さないキャラクターが登場

【注目のニュース】
TOHOシネマズ 熊本オープンへ
J・チャステイン×O・スペンサーが共演
「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」#17
『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミア
BB-8に密着取材! SW特別映像
『曇天に笑う』場面写真到着
『ライオンは今夜死ぬ』監督が語る
キャストが語る『パディントン2』
『ワンダーストラック』予告編
仁和寺と御室派の秘仏・名宝を一挙公開!

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
美女と野獣

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • ポム12
  • しおたく
  • clairemma315
  • maokmari
  • ぽむぽむくるぽん
  • mikikar
  • ちとせあめ
  • ラッキーココア
  • shuzy
  • Stella
  • みりあ
  • Comet9
  • じぇろにも三世
  • ekinakaehon
  • Yousuke  Takuma

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


『星くず兄弟の新たな伝説』のココがロック!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.5『パディントン2』ツイッターキャンペーン
『バリー・シール/アメリカをはめた男』ブルーレイ&DVD発売記念! 小型飛行機弾丸ツアーでバリー気分を体感しよう!
あの英国紳士による過激アクションがかえってきた! 抜群のテンポとリズムを兼ね備えた『キングスマン…』ほかアカデミー賞有力候補『デトロイト』『ルイの9番目の人生』など1月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ