ただいまの掲載件数は タイトル58812件 口コミ 1144343件 劇場 591件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 美女と野獣 > ニュース > 巨匠アラン・メンケンが『美女と野獣』と作曲の極意を語る

巨匠アラン・メンケンが『美女と野獣』と作曲の極意を語る

(2017/04/13更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1991年に公開されたディズニーの傑作アニメーションを実写化した映画『美女と野獣』が21日(金)から公開になる。ディズニーが手がけた『美女と野獣』は魅力的なキャラクターや世界観も人気だが、美しい楽曲が圧倒的な人気を集めており、実写版でも巨匠アラン・メンケンが追加で新曲を書き下ろした。「音楽は、全員で分かち合うべき」と語るメンケンに楽曲創作の極意を聞いた。


『美女と野獣』の作曲を手がけたアラン・メンケン

フォトギャラリー

巨匠アラン・メンケンが『美女と野獣』と作曲の極意を語る
巨匠アラン・メンケンが『美女と野獣』と作曲の極意を語る
巨匠アラン・メンケンが『美女と野獣』と作曲の極意を語る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

アラン・メンケンは、1949年生まれの米国の作曲家で、ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』で注目を集め、1989年にディズニー・アニメーション『リトル・マーメイド』の楽曲を手がけてオスカーを受賞。続いて手がけたのが、1991年の『美女と野獣』だ。「今から振り返ると『リトルマーメイド』『美女と野獣』『アラジン』を手がけていた時期は、自分の人生が大きく変わった時期でした。アーティストとしても成長できましたし、賞をたくさんもらい、経済的にも恩恵を受けることができました。同時に“これだけのものをいただいたのだから、恩返しをしなければいけない”と強く感じた時期でもあります。それまでずっとタッグを組んできた作詞家のハワード・アッシュマンを失って(アッシュマンは『美女と野獣』の完成前に病気でこの世を去った)、ティム・ライスやスティーブン・シュワルツなど素晴らしい作詞家たちと仕事をさせてもらえたことで、成長した面もあります」

本作には、主人公ベルが歌う『朝の風景』や、勇ましいテーマと巧みな構成で観客を魅了する『強いぞ、ガストン』など名曲が次々に登場するが、ベルと野獣がダンスを踊る場面でポット夫人が歌う『美女と野獣』は、映画やミュージカルの枠をこえた“スタンダート”として多くの人に愛され続けている。「楽曲がスタンダードになる条件は難しいのですが、おそらく……エモーショナルな曲であること、シンプルであること、様式的に特有な楽曲であること、人々に記憶に残る曲であること、そして曲を多くの人々のもとに届けてくれる、楽曲を支えてくださる人がいる幸運を持っていること、でしょうか」

メンケンは上記の条件を「楽曲を書く際には自然と心がけていることなので、取り立てて意識はしていない」というが、つねに「楽曲に自分の“しるし”を残さないこと」を意識しているという。「例えばですが、スタンダードと呼ばれている楽曲を聴いて“お!ヘンリー・マンシーニだ!”とか言わないですよね? 良い楽曲は、作曲者が誰であるかに関係なく、それ自体が独立していて、命を持っていると私は思っています。ですから、作曲する際には自分の“しるし”を残さないようにする、まるでストーリーやキャラクターが自分の身体を通り抜けた結果として音楽ができているようにしたい。楽曲から私のエゴをなくせばなくすほど、みなさんは楽曲を“自分のもの”だと感じてくれると思っているのです」

彼の信条は、楽曲を演奏し、歌唱する人にも当てはまるようだ。「楽曲の持っている感情を、自分の身体を通して爆発させることができる歌い手は、音楽をテクニックで捉えている人や、自分の感情だけで表現する人よりも、素晴らしい響きを生み出すことができます」。本作では、ベル役のエマ・ワトソンや、ルミエール役のユアン・マクレガー、ポット夫人役のエマ・トンプソンらが数々の名曲を歌い、感情を爆発させている。「一流の歌い手は、圧倒的な感情を歌で表現することができますし、歌の経験があまりない俳優が歌手よりも素晴らしいパフォーマンスをすることもあります。私は音楽というものは、世界中の人々に届くべきだし、全員で分かち合うべきものだと思っています」

『美女と野獣』
4月21日(金) 全国ロードショー

【関連リンク】
『美女と野獣』作品情報
「エマ・ワトソンの印象にぴったり」『美女と野獣』歌姫・昆夏美が歌う名曲『朝の風景』吹替版映像公開
ディズニー最新作『美女と野獣』日本版ミュージック・ビデオが公開
『美女と野獣』北米で1億7,400万ドルの記録的デビュー
アリアナ・グランデとジョン・レジェンドの歌声が! 『美女と野獣』ミュージック・ビデオ公開
実写版『美女と野獣』にゲイであることを隠さないキャラクターが登場

【注目のニュース】
『スパイダーマン』続編にJ・ギレンホール
『プーと大人になった僕』日本版ポスター
『かぞくいろ』特報&ティザーポスタービジュアル
『ラプラスの魔女』大ヒット御礼舞台挨拶
『ピーターラビット』が満足度第1位!
“ショーグン・ワールド”の全貌が明らかに
『名探偵コナン』動員ランキングV6!
「青花」の名作復刻品が集結する『宮廷のコバルトブルー』展開催
R・ベンソン監督にレイプ疑惑
長澤まさみ、岡田将生『銀魂』続投

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
美女と野獣

(C)2017 Disney Enterprises. Inc. All Rights Reserved.

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • マリナハート
  • ちとせあめ
  • ポム12
  • Panono
  • リュウ、
  • Wreath7
  • ネオネオニャー
  • ぱすかる
  • さゃちゃん
  • ぶんず
  • mayuravv
  • 赤鼻
  • ぽむぽむくるぽん
  • sghurn
  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画


未来の映画監督たちよ、ここに集え!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
アカデミー脚色賞ほか映画賞多数受賞の話題作、誰もが心揺り動かされる青春ラブストーリー『君の名前で僕を呼んで』や毒のあるユーモアが散りばめられた『ザ・スクエア…』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ